【夏バテを予防・解消】暑さに負けない「夏バテ知らずの男」になる方法とは?

 

楽しいイベントがたくさんある、夏。暑いからと言って屋内に引きこもっていては、もったいない!

遊びに行きたいけれど、疲れが溜まっててだるい。なんとなくめんどくさい。そう感じたら、もしかしたら夏バテかもしれません

夏の暑さと冷やした室内の温度差で体がまいってしまう夏バテは、人から様々な意欲をなくしてしまいます。でも病気ではないから、特効薬もなく、お手上げ状態。そんな状態にならないために、夏バテをしないように対策することが必要です。今回は夏バテにならない対策方法と、なってしまったときに試したい対処法を紹介します。夏バテになって後悔してからじゃ、遅すぎる?!今から夏バテ対策をお忘れなく!

夏バテって何?

暑い日が続くと、食欲がない、疲れが抜けない、体がだるい、よく眠れないというような状態が続くことはありませんか?その症状、夏バテかもしれません!夏バテは日本特有の高温多湿の環境が、体の機能を正常に働かせなくなって起こる体調不良のこと。汗をかいて体内の水分やミネラルを多く排出したり、室内外の激しい温度差によって自律神経がうまく調整できなくなって、胃腸障害や睡眠障害を引き起こすことが原因と言われています。

夏バテが起きる原因。NG行動とは?

夏バテで何もやる気が起きない…。そんな人は、もしかしたら夏バテになりやすい原因を自ら作り出してしまっているかも?!

①設定温度の低いエアコンが効いた部屋に長時間いる

暑い外から屋内へ戻ってきたときは、とにかく体を冷やそうとエアコンの温度を下げていませんか?身に覚えのある人は、要注意。夏バテは室内外の温度差による自律神経の乱れが大きく関係しているのです。急激な温度差は体力を消耗して、夏バテの原因になります。またエアコンの効きすぎた部屋に長時間いると、そのストレスから自律神経がうまく働かなくなります。すると胃腸の不調や全身の倦怠感、さらには食欲不振を招き、夏バテを引き起こします。

②アイスや炭酸飲料が好き

暑い夏の日、冷たいアイスや炭酸飲料が欲しくなりますよね。でもこれは夏バテを引き起こす原因に。ビタミンB1が不足すると夏バテになりやすくなると言われています。砂糖を取りすぎるとビタミンB1を多く消耗するため、甘いものは注意したいところ。アイスや炭酸飲料などは冷たいので甘さをあまり感じない上に、砂糖が多くつかわれているため、必要以上に砂糖を摂取して、夏バテになりやすくなる結果に。

③寝る前の飲酒

心地よく眠れるからと、就寝前にお酒を飲む習慣はありませんか?確かにお酒を飲むと一時的には眠くなりますが、3時間後くらいには覚せい作用が働くため、寝酒習慣は睡眠の質を下げてしまいます。深く眠れなくなると睡眠不足に陥り、体の疲れがしっかりとれず、夏バテを促進。寝酒以外の方法で深く眠れる方法を、生活習慣として身につけましょう。

④シャワーで済ませる

暑い夏はシャワーで汗を流して終わり。そんな生活が続いていませんか?でも入浴する習慣がない人は、夏バテになりやすいと言われています。夏バテになる原因は自律神経の乱れによって胃腸障害や睡眠障害を引き起こすことが原因。良質な睡眠は、夏バテに負けない健康的な体をつくるために欠かせないものなのです。ぬるめのお湯につかると、副交感神経が活発になってリラックス効果が得られ、ぐっすり眠ることができます。一方でシャワーだけで済ませてしまう場合、眠りが浅かったり、寝つきが悪くなったりして、夏バテのしやすい状況を作り出してしまうのです。

⑤冷たい物を摂取する

かき氷、冷やし中華、ビール…夏になると冷たい物が美味しく感じますよね。だからといってそればかり食べていると、体が冷えてしまって夏バテになってしまいます。ただでさえ冷房で体が冷えているところに、冷たいものを摂取して内臓を冷やすと、胃腸が弱って食欲不振になり、自律神経も乱れてしまいます。そして体が冷えると血流が滞ります。血液は体に必要な栄養素を臓器へ運んだり、老廃物などを回収したりする役割があるので、血流が滞ると臓器すべてが不調になります。このような冷えによる夏バテが最近急増しています。暑いからと言って体を冷やしすぎるのはNGです!

夏バテしないための対策法

夏でもパワフルに活動したい!そんな男は暑さに負けず、しっかり対策していきましょう。

①運動編

夏バテ予防として軽い運動を生活の中に取り入れて。特に体力がないと自覚のある人は積極的に体を動かして、冷えた環境への対応力や健康を維持していく力を養いましょう。自律神経のバランスを整えて、副交感神経の働きを助けるためには、有酸素運動がおすすめ。早朝や夕方の涼しい時間帯にウォーキングやジョギングなどを行えば、心地のよい汗をかくことができます。運動をする習慣は、エネルギーを消費して食欲を増進させて体力がつくだけでなく、軽い疲労感が良質な睡眠へと導きます。

②食生活編

食欲がなくなる夏だからといって、適当に食事を済ませてしまうと、夏バテはさらに深刻に。夏こそ栄養のあるものをしっかり食べましょう!特に汗をかいて体内のミネラル分が減っているため、いつもよりもミネラル摂取に気を配って。

成分 理由 食材
タンパク質 夏はタンパク質を消耗しやすいため補給が必要。 鶏むね肉、ささみ、牛もも肉、いわし、卵、大豆製品など
ビタミンB1 糖質をエネルギーに変えて疲れにくくする。 豚肉、ウナギ、かつお、まぐろ、大豆製品など
アリシン ビタミンB1の吸収を高める。 たまねぎ、にんにく、ネギ、ニラ、らっきょうなど
ビタミンC 暑さによるストレスで消費される。不足すると疲れやすくなったり、風邪を引きやすくなる。 パプリカ、ゴーヤ、芽キャベツ、ピーマン、レモン、キウイフルーツなど
ミネラル 汗で排出されたミネラルを補給する。 味噌、牛乳、梅干し、海藻など

③生活習慣編

夏バテしないように、日常生活でもちょっとした工夫が必要です。

入浴する

夏でもしっかり入浴するようにしましょう。ぬるめのお湯につかるだけで、副交感神経が優位になって良質な睡眠時間を確保することができます。またエアコンで冷え切った体を温めることができるため、緊張をほぐして体の疲れが取れやすくなります。

体を冷やしすぎない

外気温との温度差や体の冷やし過ぎは自律神経が乱れてしまう原因に。室内外の温度差が5℃以上になると、自律神経が乱れやすくなるため、エアコンの設定温度は28℃程度が目安です。またエアコンの風が直接当たらないようにして、寒さを感じたら衣類で調節しましょう。

コーヒーを飲みすぎない

コーヒーに含まれるカフェインは体を冷やす効果があります。ホットコーヒーを飲んでいると、一見体を温めているような錯覚になりますが、実は体の冷えの原因。飲みすぎには注意しましょう。

喉が渇いたら水を飲む

「暑い!喉が渇いた!ビールだ!」となりがちな夏ですが、ビールはお酒です。ビールで喉を潤しても、体内の水分が増えるわけではありませんかえってアルコールを分解するときに水分が必要となるため、体はさらに脱水状態に。喉が渇いたと感じたら、水を飲みましょう。

もし夏バテしてしまったら?

夏バテはそのままにしておくと夏風邪をひきやすくなったり、食欲不振や不眠、疲れなどの影に隠れていた疾患が進行して、悪化する可能性があります。夏バテかも…と感じたときのセルフケアを紹介します。

①暑いときは湿度を下げる

暑いとついエアコンの設定温度を下げてしまいがちですが、それだと体を冷やしてしまい、夏バテが解消することはありません。暑いと感じた時は、温度ではなく湿度を下げるようにしましょう。じめっとした湿度が軽減されるだけで、暑さの不快感を軽減することができます

②足ツボで自律神経の働きを高める

体がだるい、食欲がない、疲れがとれないと感じたら、自律神経の働きを高める足ツボを刺激しましょう。足の裏の人差し指と中指の骨の間で、少し窪んだところにある湧泉(ゆうせん)というツボを押すと、自律神経の働きが高まり、疲れも早く取り除くことができます。

③内臓を温める

暑いと冷たくてあっさりしたものが欲しくなりますが、内臓が冷えてしまうと消化機能が低下して、消化不良を起こしたり内臓疲労を感じたりします夏だからこそ温かいものを意識して食べるようにしましょう。食欲がわかないときは、そうめんを温かいお出汁で食べるにゅう麺などが食べやすくておすすめです。ショウガのような体を温める薬味を入れると、さらに効果的です。

④漢方や生薬を取り入れる

夏バテがどうして起こるのか原因はわかっているものの、体内で何が起きているかに関しては科学的に解明されていない部分も、実は多いです。だから特効薬のような薬はありません。しかし漢方や生薬には「自律神経を整える」や「体を温める」というような、夏バテに有効な効能を持つものが多く存在しているため、体のだるさや食欲不振などを感じたら試してみるのもよいでしょう。

まとめ

夏バテは外の気温と室内の温度差が大きいときに、自律神経の調整がうまく働かなくなって起こる体調不良。病気ではないため、「治療する」ということができません。唯一できることは、夏バテにならない習慣を身につけること。夏は楽しいイベントが多い季節。思いっきり楽しむためにも、夏バテにならないように、今からしっかり対策していきましょう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。