誰でも「思いやりのある男」になれる簡単テクニック【自分チェンジ計画③】

 

「人間関係が難しい…そしてちょっとめんどくさい」

そんな風に思っている人は必見!今回は人間関係が円滑になるための会話のテクニックを紹介します。

円滑な人間関係には、相手に興味を持ったり、思いやりの気遣いをしたり、何かと大変と感じるかもしれません。たしかにこれらは一朝一夕で身につくものではありません。

でも今回紹介するテクニックは、いつもの会話に一言添えるだけ

それだけでコミュニケーションがスムーズに進むなら、儲けものですよね。相手を思いやるために「最低限これさえ覚えておけば大丈夫」という万能フレーズをピックアップ。今すぐチェックしてみましょう!

一言添えるだけ!人間関係が円滑になる「思いやりの一言」

ビジネスでもプライべートでも、人との関わり合いは切っても切り離せないもの。人との付き合い方で自分の人生が変わっていくといっても決して大袈裟ではありません。

もちろんそんなことは重々承知。わかってはいるけれど、仕事で追い詰められていたり、時間に余裕がないときに、ついぶっきらぼうな対応をしてしまいギクシャクしてしまった…そんな経験のある人は、相手を気遣う「思いやりの一言」を、会話に織り交ぜる習慣を身につけて!いつもの会話に一言添えるだけで、あなたは「どんなに忙しくても人への思いやりを忘れない紳士」というイメージを周囲に与えることができるかも。「思いやりの一言」を巧みに操り、自分のポジティブキャンペーンを始めましょう!

今から使いたい「思いやりの一言」8選

本当なら相手の状況を察して、労わる言葉をかけてあげるのが一番です。でもあなただって、常に人の心情を察せられる余裕があるわけではないと思います。そんな時には、万人に共通する「思いやりの一言」を上手に使いましょう。

「感謝を伝えるとき」に添えたい一言

(いつも)気を遣ってくれて、ありがとう

相手が自発的に何かをしてくれたときに添えたいのは、相手の配慮に対する感謝の一言です。頻度に応じて「いつも」気を遣ってくれて…とすると、ちゃんとわかってるよ感がより伝わります。相手があなたのことを思ってやってくれるなんて、中々あるものではありません。しっかり感謝を伝えて、引き続きよい関係でありたいものですね。

無理を聞いてくれて、ありがとう

何かを頼んだときに添えたい一言です。相手も暇ではありません。あなたがお願いしたことは「相手の大切な時間を割いて対応してくれたんだ」ということを忘れないようにしましょう。仮に相手が暇だったとしても、お礼を伝えるときは少し大袈裟なくらいで丁度いいのです。

「断りたいとき」に添えたい一言

俺としても何とかしたいんだけど…

相手からのお願いごとを断るときに添えたい一言です。頼まれごとは、何かと断りにくいもの。「俺もやりたい気持ちはあるんだけれど」ということを強調して、気持ちは相手と同じであるということを伝えましょう

物理的に難しい状況で…

何が何でも断りたい。そんなときのキラーワードとして覚えておきたいのが、「物理的に難しい状況で…」という言葉。ただお断りの言葉を伝えるよりも、相手に「それならしょうがないか」と納得してもらいやすいです。どんな人でも物理の法則を曲げることはできませんから、この一言を添えられたら諦めざるを得ないでしょう。

「気をつけてほしいとき」に添えたい一言

俺もよくやるから偉そうに言えないけど…

注意を促すときは、つい言葉が強くなってしまうもの。そんなつもりはないのに、相手を責めるような形になってしまうことも。そんな時には「俺もよくやるから偉そうには言えないけど…」とクッションを挟むと、相手を一方的に責めているようにはなりません

「やり直してほしいとき」に添えたい一言

〇〇さんなら、もう少しブラッシュアップできそうです

修正をしてほしいときに「これ、やり直してください」とストレートに伝えてしまうと、相手はいい気持ちはしませんし、下手したら炎上してしまう危険性も。そして気持ちを萎えさせてしまうと、クオリティが下がってしまう可能性も。相手を立てて、自ら「もっといいものに仕上げよう」という気持ちを奮い立たせる一言です。

どうすればよくなると思う?

相手に意見を求めることで、「相手の能力は評価している」という意思表示にもなります。また今ある課題点を本人に意識させることにも効果的です。

「依頼したいとき」に添えたい一言

ほんの少しでも、〇〇さんにやってほしいんだ

仕事で誰かの手伝いが必要。そんなときは相手のモチベーションを上げる一言を添えたいもの。「あれとこれもお願いね!」と言われると、「私だって忙しいんですけど」という気持ちになってしまいます。「ほんの少しでも」と譲歩した言葉を使いましょう。名指しをすることで、「僕はあなたの仕事を認めている」とも捉えられるので、依頼された人のモチベーションも上がるでしょう。

まとめ

思いやりのある人間は年齢や性別関係なく、人から厚い信頼を集めています。いつもの会話に一言添えるだけで、与える印象は大きく変わります。特にネガティブなことを伝えるときには、相手を気遣う一言は忘れないようにしましょう。円滑な人間関係を築くことができれば、順風満帆な人生を送れるかも!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。