【入浴効果を最大化する!】スッキリ、リラックス、快眠…目的別にみる入浴法

 

1日の疲れをじんわり癒してくれる「お風呂」。温かなお湯につかると、思わず「ふう~っ」と息が漏れ出てしまいます。

実は入浴は1日の汚れを落とし、体を清潔にすること以外にもさまざまな効果があります。今回は入浴の三大効果や目的に応じた入浴法など、入浴を効果的にする方法をご紹介しましょう。

入浴の効果

浴槽につかると緊張感がとけ、リラックスできるという人は多くいます。では具体的に入浴にはどんな効果があるのでしょう?入浴は3つの物理作用が働くといわれています。1つ1つ詳しく説明していきましょう。

①温熱作用

物理作用のひとつが「温熱作用」です。湯船につかると、体が温まってくるのが分かりますが、これが温熱作用です。

体が温まると皮膚の毛細血管は広がり、血流が良くなります。その結果新陳代謝が高まり、酸素や新鮮な血液が全身をかけめぐるので血液中にあった老廃物や二酸化炭素をスムーズに運びやすくなります。

②水圧作用

水圧作用」は水によって体に圧力がかかることです。入浴で体にかかる圧力はとても大きいといわれています。

湯船につかると皮膚の下の血管にまで圧力が加わり、手足にたまった血液が押し戻されます。すると心臓の働きが活発になり血液やリンパの流れが良くなります。水圧作用は全身への穏やかなマッサージ効果を生むのでむくみ解消にも効果的です。

③浮力作用

浴槽につかると、プールや海に入るときと同じように体が浮きます。これが「浮力作用」です。体が浮くのは浮力が働いているからです。

水中では体は普段の約10分の1ほどの重さになります。普段、一生懸命体重を支えている筋肉や関節は入浴すると緊張感から解放され、リラックスした状態になります。

目的別にみる効果的な入浴法

入浴には「気持ちを解放したいとき」「スッキリしたいとき」「気持ちよく眠りたいとき」など目的に応じた入浴法があります。ここからは目的別に効果的な入浴法についてお伝えしていきましょう。

①リラックスしたいとき

緊張から解放されて、のんびりしたいなら季節に応じて38~40℃前後のぬるめのお湯に10分以上つかるのが良いでしょう。ぬるめのお湯には心と体を解放する副交感神経を優位にさせる作用があります。

さらにリラックス効果を高めたいときには「香り」をとりいれるのもおすすめ。好きな香りでも良いですが、ラベンダーやカモミールは心身をリラックスさせる効果があるので迷ったときは活用しましょう。

②気分をシャキッとさせたいとき

入浴で気持ちをスッキリさせたいときは42℃程度の熱いお湯に短時間つかりましょう。熱めのお湯につかることで、交感神経が刺激されます。

交感神経を刺激すると心と体の緊張感が高まり、活動的な気分になります。

③ぐっすり眠りたいとき

今日はぐっすり眠りたい…。そんなときはリラックスしたいときと同様、季節に応じて38~40℃前後のぬるめのお湯にゆっくりつかりましょう。

ゆっくりと身を沈めることで体が緊張から解き放たれ、ほどよい疲れが表に出てきます。ぐっすり眠りたいなら入浴するタイミングも重要。ベッドに入る2時間前を目安に入ることで快眠につながります。

▼ぐっすり眠る方法も合わせてチェック▼

④足のむくみをとりたいとき

立ち仕事などで、むくみが気になる人は38~40℃前後のややぬるめの湯にたっぷりつかりましょう。

長く、深くつかることで水圧の原理を活かし、血液やリンパ液を押し戻すことができます。

⑤筋肉の疲れをとりたいとき

筋肉の疲れをとりたいときは42~43℃の熱めの湯につかりましょう。

血圧や心臓に問題がない人は湯につかったあと浴槽からいったん出て水をあび、再び湯につかるのも効果的です。あるいは強めのシャワーを当てるのも良いでしょう。こうすることで血行が良くなり、疲労物質を取り除きやすくなります。

⑥肩こりを解消したいとき

肩こりに悩んでいる人は38~40℃前後のぬるめのお湯に10分程度、肩までつかりましょう。湯船の中で両肩、交互にお湯をかけて温めます。

また42℃くらいの熱めのシャワーを首に当てながら首をゆっくり回してみるのも効果的。5~10回程度繰り返してみましょう。

▼肩こり解消ストレッチはこちら▼

⑦肌の乾燥が気になるとき

肌が乾燥しやすい人は入浴法に気を配る必要があります。まず熱いお湯を避けることです。熱いお湯は皮膚を乾燥させる恐れがあります。

またタオルなどで肌をこすりすぎないようにしましょう。ぬるめのお湯に保湿効果のある入浴剤を使うのがおすすめです。お風呂上がりには乾燥部分をクリームなどでケアすると、乾燥をやわらげることができます。

▼洗う順番やケア方法を知りたい方▼

⑧美肌を目指したいとき

入浴で美肌を目指したい人は40℃前後の、ややぬるめの湯につかりましょう。乾燥対策と同様、熱い湯は皮膚を乾燥させる恐れがあるので、うるおいのある美肌を目指したいなら熱いお湯は禁物です。また肌をふやけさせる原因となる長風呂は避けたほうが無難です。入浴後は保湿クリームでしっかりとうるおいを補給してあげましょう。

▼美肌のために▼

⑨冷えをやわらげたいとき

体が冷えやすい人は熱いお湯で温まりたい!と思う人もいるでしょう。ただ熱い湯は短時間しかつかれず、体の芯から温めることが難しいので40℃前後のぬるめの湯にじっくり長めにつかりましょう。全身浴なら10分以上、半身浴なら20分以上を目安にすることで体を芯から温めることができます。また無機塩系や炭酸ガス系の入浴剤は温浴効果を高め、温かさがキープできるので合わせて利用してみましょう。

▼入浴が楽しくなるバスグッズはこちら▼

おすすめ入浴中マッサージ

日ごろ感じている体のお悩みには、入浴中のマッサージなどもおすすめです。ここからはそれぞれのお悩みに応じた入浴中にできるマッサージ法をご紹介していきましょう。

■肩こり解消

湯船につかり、指先が下に向くように手を前方に押し出し、腕をのばします。片腕10秒おこなうことで腕の疲れ、肩こりの解消につながります。

また両手を胸の前で組んで前方に押し出し、背中を丸くすることで肩甲骨が広がります。これも肩こり解消につながる動きです。

■腰痛解消

前方にかがむと足の付け根に線ができるところ、押すと「気持ちいいな」と反応を感じるところを5秒間グッと親指で押します。その状態でひざを左右にゆらゆら動かしても効果的。

股関節がゆるんで腰痛の解消につながります。

■むくみ解消効果

5本の指で目の下を軽くたたいていきます。こうすることで血行が良くなり、クマ予防やむくみ解消につながります。

眼の下の皮膚はとても薄いので力を入れすぎないように注意しましょう。

■脚痩せマッサージ

湯船につかり片膝を立て、立てたほうの足首を両手でつかんで足首からふくらはぎの方向へ、タオルを絞るようにつかんでさすります。

そのあと両手でこぶしをつくり、足首からひざにむけて上下にさすります。最後にひざうらをもみほぐしましょう。

効果的な入浴時間帯とは?

効果的な入浴時間帯とはいつなのでしょう?夜、就寝前に入浴する場合は寝る2時間前がベストです。この時間帯に入浴することで上がった深部体温がじょじょに下がり、体のほてりが引いたところで快眠へと導いてくれます。

寝る直前に入浴すると体のほてりが抜けきれず、寝付きにくいこともあります。入浴効果を高めたいなら入浴時間を調整してみるのも良いでしょう。

まとめ

1日の疲れを癒し、すっきりとした気分やリラックス状態にさせてくれる「お風呂」。

シャワーで済ませているという人も、さまざまにある入浴の効果を実感することで毎日を快適に過ごせます。目的に応じた入浴法やマッサージで心と体をいたわり、明日への活力につなげていきましょう。

参考:
・花王 入浴の効果って?―すぐに役立つ健康入浴法(1)
・日本浴用剤工業会 入浴によって得られる作用

関連記事はこちら

▲おすすめメンズシャンプーを知りたい方▲

▲おすすめメンズトリートメントを知りたい方▲

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。