【黄ばんだ歯で魅力半減!?】白く輝く歯を手に入れる方法

 

白く輝く歯は、清潔感の象徴。人のイメージを格上げできる最終兵器のようなものです。芸能人はもちろんのこと、最近では一般人でも歯のホワイトニングケアで歯科医院やクリニックに通う人が増えてきているほど。

今や歯のホワイトニングケアは「やっていて当たり前」という時代になっているのです!

でも歯のホワイトニングケアってどんなことをするのか、よくわからない部分がありますよね。今回は歯を白くするためのホワイトニングケアについて詳しく解説していきます。白く輝く歯で、「清潔感のある男」という称号を手に入れましょう!

歯を白くする方法

白い歯はモテる男の必須条件!歯を白くするには、どのような方法があるのでしょうか?

■歯科院・クリニックで行うホワイトニングケア

歯を白くする方法は、クリーニングとホワイトニングがあります。クリーニングは歯医者や歯科衛生士による歯のお掃除のこと歯の表面に付着したステイン(コーヒー、お茶、ワイン、煙草などによる黄ばみ)や歯石を取り除いて、本来の白さを取り戻します。一方でホワイトニングは歯の色素を落とすだけでなく、もともと象牙色をしている歯を根本的に白くすることを指します。今回は歯そのものを白くさせるホワイトニングケアを詳しく紹介します。

①レーザー(オフィスホワイトニング)

専用の濃度の高い薬剤を歯に塗布し、レーザーを当てることで歯の黄ばみ色素や象牙質にある色素を分解して、歯を白くしていく方法です。短期間で白い歯を手に入れることができますが、中にはしみると感じる人も。これは日本人の歯の象牙質やエナメル質が薄く、レーザーが神経を刺激しやすいためです。この場合、事前に鎮痛剤を飲んでおくと痛みを和らげることができます。

②マニキュア(ホワイトコート)

歯の治療にも使われれているプラスチック材のペーストを、歯にコーティングすることで白く見せます。1回で処置が終わることや、元の色に戻すことができたり、自分好みの色に仕上げることができるなど、メリットは多くありますが、効果は持続しません。すぐに歯を白くしたいという場合や、試しに歯を白くしてみたいという場合におすすめです。

③ラミネートべニア

セラミックの薄い板を、歯に張り付けることで白く見せます。いくら薄いと言えども、セラミックの板をそのまま歯に張り付けてしまうと、歯が厚くなってしまいます。そのためラミネートべニアの処置では、歯の表面を薄く削る必要があります。削る量は、痛みを感じないほど、ごくわずか。付着するセラミックの板は自分の歯に合わせて作られ、強力な接着剤で付着するため、取れてしまうというトラブルは心配ありません。セラミックは強度があるため割れにくく、細菌も付着しにくいため白い歯を長期間維持することができます。歯の色素沈着が激しい人や歯の形が悪い人におすすめです。

④オールセラミッククラウン

歯を全体的に薄く削って、セラミック製(被せ物)のクラウンを被せる処置です。ラミネートべニアと似ていますが、ラミネートべニアはセラミックの板を張り付けるのに対し、オールセラミッククラウンは歯全体に被せ物をします。メリットはラミネートべニアとほぼ同じ。短い治療時間で美しい白い歯を手に入れることができます

⑤ウォーキングブリーチ

虫歯などで歯の神経が死んでしまうと、歯の色が茶褐色になってしまいます。この場合、レーザーなどのホワイトニングは効果がありません。そのため歯の内側に穴をあけて、薬剤を入れて漂白(ブリーチ)する方法が、ウォーキングブリーチです。歯を削らずに元の歯と違和感がないレベルまで歯を白くすることができます。

■自宅で行うホワイトニング方法

①ホームホワイトニング

歯科医院・クリニックで歯並びにフィットしたマウスピースを作成します。そこに低濃度のホワイトニング剤を注入し、口に装着するだけ。ただこのマウスピースは2時間~8時間程度装着をしておく必要があります。自宅でできるケアなので、自分の都合のよいタイミングでホワイトニングケアができます。

②美白歯磨き粉

「美白歯磨き粉」と記載されている歯磨き粉は、ステインを除去する効果が高く、歯を白い状態に保つことができます。ただ、歯科医院やクリニックで受けられるような歯そのものを白くさせる効果はありません。どちらかというとクリーニングによって得られる自然な歯の白さを取り戻す効果に近いです。毎日の歯磨きで歯の黄ばみの原因となるステインを除去していくことができれば、「歯を白くしたい…」という悩みもなくなるかもしれません!

③LEDライト

歯にジェルを塗布し、LEDライトを照射することで歯を白くします。これはジェルに含まれる酸化チタンが青色LEDの光と反応し、歯の汚れや細菌を分解して歯を白くするというメカニズムです。歯磨きをした後に20分前後照射するだけの、手軽なホワイトニング方法です。頻繁にコーヒーやお茶を飲む、赤ワインが好きだ、というような歯磨きでは落としきれないステインにお悩みの方におすすめです。

④ステイン除去グッズ

スティックやシートなど、様々なタイプのステイン除去グッズが販売されています。スティックやシートでステインが気になる場所を擦り落としていきます。一部分をケアするのには適していますが、歯全体の汚れを落として白さを取り戻すことは難しいでしょう。

歯を白くするための費用は?

①歯科医院・クリニックでケアをする場合

治療方法 金額
レーザー(オフィスホワイトニング) 10,000~20,000円前後
マニキュア(ホワイトコート) 1,000~10,000円前後
ラミネートべニア 40,000~100,000円前後
オールセラミッククラウン 100,000円~(本数による)
ウォーキングブリーチ 1,000円~5,000円前後

ほとんどのホワイトニングケアは保険適用外です。自費診療のため歯科医院やクリニックによってバラつきがありますし、歯の状態によっても価格は変動します。ここではあくまでも目安として、ホワイトニングにかかる費用を紹介します。正確な金額が知りたい人は、歯科医院・クリニックへ行って相談しましょう。

②自宅でホワイトニングケアをする場合

治療方法 金額
ホームホワイトニング マウスピース製作相場は15,000~40,000円前後

薬剤の料金は1週間分で5,000円前後

美白歯磨き粉 300円~
LEDライト 3,000円~7,000円前後
ステイン除去グッズ 300円~

歯科医院・クリニックと比較すると、気軽に始められる費用感です。日頃から自宅でもホワイトニングに取り組み、定期的に歯科医院やクリニックで専門的な処置を受けるようにすれば、白く美しい歯をキープすることができます

歯の着色原因

歯が黄ばんでしまうのはなぜ?原因を知って、白く輝く歯を維持しましょう!

①先天的なもの

胎児の頃のエナメル質形成不全、象牙質形成不全などで、生まれつき歯の色が全体的に着色している場合があります。この場合、レーザーを使ったホワイトニングは効果がありません。ラミネートべニアやオールセラミッククラウンで対処しましょう。

②喫煙

喫煙習慣のある人は、煙草に含まれるタール(ヤニ)によって歯が着色されてしまいます。歯の裏側や歯の根本、歯肉が黒ずんでしまうだけでなく、歯周病にもなりやすいリスクがあります。自宅でのケアはもちろん、歯科医院やクリニックで定期的にクリーニングを受けるようにしましょう。

③加齢

歯の表面は半透明のエナメル質で覆われていて、その下に象牙質という黄色い層があります。年を重ねて、エナメル質が少しずつ薄くなっていくにつれて、象牙質の色が徐々に濃くなってきます。その結果、エナメル質から下の象牙質の色が透けて、歯が着色したように見えるのです。

④食生活

コーヒーやお茶などは、カップに茶渋が付くように、歯にも色素汚れを残します。ほかには歯を着色させるものとして赤ワインがよく知られていますが、実は白ワインでもタンニンが含まれていると歯の着色やくすみの原因となります。あまり知られていませんが、炭酸飲料は砂糖の使用・不使用に関わらず歯の変色を助長させる働きがあるため、要注意です。食べ物ではベリー系、舌の色が変色するほどの強い着色料を使った食べ物、ターメリックやクミンがたっぷり使われたカレーなども、歯を着色させます。

⑤歯垢や歯石

歯磨きを毎日していても、どうしても磨き残してしまうもの。歯に残った歯垢はそのままにしておくと、たった2日で歯石へと変化します。歯石になってしまうと自分で落とすことは難しく、そのままにしておくと歯の黄ばみやくすみの原因にもなります。こまめなブラッシングと定期的なクリーニングは欠かさないようにしましょう。

⑥歯の神経が死んでいる

歯が1本だけ全体的に黒ずんでいる。その場合、歯の神経が死んでいる可能性があります。よく見られるケースが、神経に近いところまで虫歯が進行していたけれど、その時は歯の神経を取らずに保存して、詰め物などで穴を埋めてある場合。治療後に残った虫歯菌がゆっくり神経を蝕んでいくことで、歯の神経が知らずのうちに死んでいた、ということも。歯の神経が死んでしまうと、できるホワイトニングケアが限られてしまうので気をつけましょう。

歯を白く保つための予防法

歯の着色汚れの原因になりそうなものを食べたり飲んだりしない、というのも選択肢のひとつではありますが、あまり現実的ではありません。歯を白く保ちたいなら、日頃のケアを徹底するように心がけましょう。

①食後に歯磨き・うがいをする

歯の着色汚れの原因になりそうな色の濃い飲食物を口にしたら、歯の表面に色素が沈着する前に、しっかりと洗い流してしまいましょう。食後に歯を磨くことができればベストですが、もしできないようであればうがいでも十分です。それも難しいようであれば、食後に水を1杯飲むだけでも予防になります。

②気になったらガムを噛む

人間の唾液には歯の汚れを落とす「自浄作用」があります。仕事中や移動中にコーヒーや緑茶など、ステインが付着しやすいものを飲んだ時は、ガムを噛んで唾液の分泌を促進し、着色を防ぎましょう

③美白歯磨き粉を使う

歯を磨く時は、美白歯磨き粉を使うようにしましょう。歯そのものを白くさせる効果はありませんが、ステインを除去する効果が高く、歯の着色汚れを防ぐことができます。ただ研磨剤が多く配合されているタイプの物は避けた方がよいでしょう。必要以上にエナメル質を削っていしまうと、象牙質の色が濃く表れてしまうので注意してください。

④鼻呼吸を意識する

口で呼吸をすると歯の表面が乾燥して唾液が不足しがちになり、歯の汚れが落としにくくなります。唾液の自浄作用を活かすためにも、唾液が不足した状態を作らないようにしましょう。リラックスしている時や何かに集中している時、無意識に口呼吸をになってしまいがちなので、意識して口を閉じるようにしましょう。

⑤歯ブラシをこまめに交換する

歯垢や歯石も歯の黄ばみ・くすみの原因となるため、毎日の歯磨きでしっかり落とす必要があります。しかし古い歯ブラシを使っていると機能が弱まり、同じ時間ブラッシングをしていても歯垢をしっかり落とすことができません。歯ブラシは1ヶ月を目安に新しい物に交換するようにしましょう。

おすすめホームケアアイテム

白い歯をキープするためには、日々のケアが必要不可欠。歯のステイン汚れや歯垢をしっかり落とせるアイテムを選んでケアをしていきましょう!

①【アパガード】アパガード プレミオ

美白歯磨き粉のパイオニア、アパガード。最大の特徴は独自成分のナノ粒子「薬用ハイドロキシアパタイト(歯とほぼ同じ成分)」を配合している点。 「薬用ハイドロキシアパタイト」は歯垢を吸着除去、ナノレベルで歯の主成分ハイドロキシアパタイトを補給し、ミネラルが溶け出したエナメル質の欠損部を修復・再石灰化してむし歯を予防します。アパガードはエナメル質を健康にし、歯を白くします。

【APAGARD(アパガード)】アパガード プレミオ
内容量:100g
価格:¥1,480(税別)

公式サイト

②【ドクターオーラル】ホワイトニングパウダー

業界初「卵殻アパタイト」を、40%配合した粉歯磨き粉です。アパタイトは、歯のエナメル質とほぼ同じ成分で、歯の汚れを吸着し歯の黄ばみを落とします。粒子が細かいので、歯のすき間に入り込み、ダイレクトに汚れに絡みついて落とします。またポリリン酸、宇和島産天然パールなどの成分が、歯をなめらかにコーティングして白く輝く歯へと導きます。

【Dr.Oral(ドクターオーラル)】ホワイトニングパウダー
内容量:26g
価格:¥1,404(※amazon価格)

公式サイト

③【ルシェロ】歯みがきペースト ホワイト

ルシェロの歯みがきペースト ホワイトは、弱アルカリ性。歯の表面に付着したステインを落としやすくします。さらに歯質より軟らかくキメ細やかなLime粒子(清掃剤)を配合。高濃度に配合したLime粒子とブラッシングで、落としにくいステインを除去していきます。薬用成分「ポリエチレングリコール(PEG)400」が、タバコの「やに」を溶解除去していくので、煙草のヤニが気になる、という人にもおすすめです。

【ルシェロ】歯みがきペースト ホワイト
内容量:100g
価格:¥1,796(※amazon価格)

公式サイト

④【エビス】ステインイレイサー スリム

歯の着色汚れが気になる場所に、消しゴムのようにして使うステインイレイサー。局地的に汚れが目立つ場合に手軽に使えます。ブラッシングでは取れないコーヒー、紅茶、赤ワイン等のしつこい着色汚れを落とし、歯が持つ本来の白さを取り戻します。値段も手ごろなので、一本は持っておきたいアイテムです。

【エビス】ステインイレイサー スリム
内容量:100g
価格:¥343(※amazon価格)

販売サイト

⑤【Besline】ホワイトニングテープ

歯の汚れを落とし、白く美しい歯へ導くホワイトニングテープ。天然成分を使用し、強力な汚れ除去作用にも関わらず、歯や歯肉への刺激を抑えました。歯に貼り付けて使用するタイプなので、ながらケアが可能。フレッシュミントの風味が、口腔内を爽やかに保ち、口臭も防ぎます。

【Basline】ホワイトニングテープ
内容量:42枚入り
価格:¥3,025(※amazon価格)

購入サイト

⑥【スマートデント】ホワイトニング スマートデント

スマートデントは、USBにつないでお手軽に歯のホワイトニングケアができるアイテムです。本体のマウスピース部分にジェルを流し込み、歯に装着させてLEDライトを照射します。ジェルに含まれる酸化チタンが青色LEDの光と反応し、光触媒により歯の表面の汚れや細菌を分解、除去することで歯がもつ本来の白さに戻していきます。1回15分で済むので、忙しい人にもおすすめ。

【スマートデント】ホワイトニング スマートデント
内容量:ホワイトニングLEDライト本体・取り扱い説明書・チェックシート・ホワイトWスタージェルⅡ30g (約40回分)
価格:¥8,424(※amazon価格)

購入サイト

まとめ

歯のホワイトニングは様々なアプローチ方法があります。歯科医院やクリニックでは、歯そのものを白くするケアを受けられますが、白さだけを追求してしまうと歯だけ浮いてしまうので不自然な仕上がりになってしまいます。

自分の肌の色と違和感のない色味に合わせることが肝心です。またホワイトニングをした歯の白さを維持するためには、自宅でのケアは欠かせません。丁寧にケアを行って、白く清潔な歯をキープしていきましょう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。