自然なモテ顔を目指す!男をさらに磨くメンズアイメイクのやり方

 

「メイク」と聞くと女性がするもの、というイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。けれど今は女性だけでなく、男性がメイクをすることも多くなっています。

男の魅力を上げるメイクのポイントは「自然に印象付ける」こと。メイクを施すことで顔にメリハリがつき、自然にモテ顔を目指すことができます。

今回はメイクするパーツを目元に限定し、男を上げるアイメイクのやり方について紹介していきましょう。

メンズのアイメイクとは?

男性のアイメイクとはどのようなものなのでしょうか。実は男性のアイメイクは女性がおこなっているアイメイクとほとんど同じ。それほど大きな違いはありません。

①眉を描く

普段から長い眉毛を部分的にカットするなど、簡単なお手入れをしている人もいるかもしれません。ここでいう眉メイクとはお手入れ後の眉のラインで「ここはもう少し毛があったほうがいい」と感じる部分に色を足したり、眉毛全体のラインを修正したりすることです。メイクは落とすことができるので、その日の気分に合わせて眉毛を太くしたりラインをくっきり見せたりすることも可能となります。

②アイラインを引く

アイラインはメイク用語で「アイラインを引く」という言い方をします。何をするかというと、まつげの生え際に黒や茶色のメイク用ペンシルでラインを引きます。アイラインを引くことで目元がくっきりとし、より印象的に見せることができます。

③まつげを上向きにする

ビューラーはまつげの毛流れを上向きにするためのアイテムです。多くの人はまつげが床と並行か、下に向かって生えている人が多いですよね。そうしたまつげを挟み込み、下から上に向かってくるんとカールするようなクセをつけることで、目をぱっちりと大きく見せることができます。

④目元を二重にする

1日だけの「二重まぶた」は「アイプチ」というアイテムで人工的につくることができます。一重が気になる、まぶたがはれぼったい…という人でも簡単に二重をつくることができます。

▼アイメイク以外の男性メイクが知りたい人はこちら▼

【肌悩みを即解決】メンズファンデーションの使い方からおすすめ製品5選

アイメイクの効果

ではアイメイクをするのとしないのでは、どのような違いがあるのでしょうか?ここからはアイメイクをすることで得られる効果についてあげていきましょう。

①若々しく見える

人は年をとると顔の筋肉が落ち、顔全体がたるみ始めます。若いころと比べ、顔に締まりがなくなってきたなあ…と感じるのは老化によるところもあるでしょう。眉やアイライン、ビューラーなどでアイメイクを施すと、目元が強い印象になります。ぼやけた顔の中に強いパーツが加わることで顔にメリハリがつきます。顔にメリハリがあると生き生きと見えるので、自然と若々しい印象になるのです。

②目が大きく見える

ビューラーでまつげの毛流れを上向きにすると、目の横と縦が大きくなったように見えます。またアイラインを上手にいれることで目元の印象がくっきりと見えます。アイメイクを施すと本来よりも目が大きく見えるようになります。

③顔の印象がはっきりする

男性は眉毛を変えると印象まで大きく変わるといわれています。のばし放題の眉毛は顔全体までぼやけた印象にしてしまいますし、覇気がないように見えるといった意見もあります。そこで眉毛を整え眉メイクを施すことで、清潔感と意思を感じられる顔に変化させることができるのです。

メンズアイメイクに必要な道具

ではアイメイクをしたいと思ったら、どのような道具をそろえれば良いのでしょうか。ここからはメンズアイメイクに必要な道具について紹介します。

①アイブロウペンシル

眉のお手入れをしていると「ここだけ毛が薄いんだよな」とか「全体的にもっと濃い感じにしたいんだけどな」といったお悩みが出てくることもあるでしょう。そんなときはアイブロウペンシルというアイテムで足りない部分を描き足したり、全体に色をのせることで毛を濃く見せたりすることができます。

②アイライナー

アイラインを引くためのアイテムがアイライナーです。アイライナーにはペンシルタイプやリキッドタイプなどさまざまなタイプがありますが、初心者ならやわらかく描きやすいペンシルタイプがおすすめです。ペンシルタイプに慣れてきて、もっと目元の印象を強くしたい!となったら、くっきりとラインが出るリキッドタイプに挑戦するのも良いでしょう。

③ビューラー

ビューラーはまつげを上向きにカールさせるために必要なアイテムで、価格は400円~3000円程度です。基本的にはまつげを根元から挟み込んでギュッと持ち上げていくだけで簡単に上向きカールがつきます。詳しいやり方を後述しますので参考にしてみてください。

③アイプチ

二重まぶたをつくることのできるアイプチは糊状の液体がスティック状のケースに入っているものが多いようです。中の液体を二重にしたい部分に塗り、二重のひだができるように皮膚同士をはりあわせることで二重状態を維持します。アイプチはドラッグストアやドン・キホーテなどで簡単に手に入れることができます。

ナチュラルに見せるためのポイント

女性の施すメイクはいかに顔を華やかに、美しく見せるかが大切です。けれど男性のメイクはとにかく自然にナチュラルに見せることが重要!男性アイメイクをよりナチュラルに見せるためには、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?

①アイブロウペンシルは鉛筆タイプ

眉メイクに必要なアイブロウペンシルは芯を繰り出しながら使うもの、鉛筆のように使うものがありますが、初心者には鉛筆タイプがおすすめです。鉛筆タイプなら加減がつきやすく、失敗も簡単に修正できます。ペンシルの色は髪と同じ色がおすすめですが、ヘアカラーをしている人は髪の色よりワントーン暗い色を選ぶようにしましょう。

②アイライナーはブラウンカラー

アイライナーは目元の印象をはっきりとさせるため、肌になじみやすい色を選ぶほうがナチュラルに仕上がります。アイライナーはさまざまな色がありますが、定番のブラックではなくブラウンを選ぶようにしましょう。そうすることで目元が顔全体になじみやすくなり、浮いて見える心配もありません。

③ビューラーは1度使いのみ

ナチュラルに見せるためのビューラー使いのポイントは「強くカールさせすぎない」ことです。鏡で確認したとき「下を向いていたまつげが全体的にちょっと上向いたかな?」と感じるくらいがベストです。何度もクセづけるとお人形のように目元がぱっちりしてしまうので注意が必要です。

③アイプチはリキッドタイプ

目元を二重にするアイプチはテープタイプとリキッドタイプがありますが、自然に見せたいならリキッドライプを選びましょう。リキッドタイプは少しずつ調整しながら塗ることができるので、間違えた場所に塗ってしまっても修正が簡単!初心者の方はリキッドタイプから慣れていきましょう。

おすすめメンズアイメイクグッズ

■アイブロウ

【BOY DE CHANEL】アイブロウ ペンシル

シャネルが初めてメンズ向けにつくったメークアップライン「BOY DE CHANEL」のアイブロウペンシル。先を立て埋めたいところに色をのせ、サイドで眉の形を描くことができます。ペンシルで描く前と仕上げに付属のスクリューブラシで整えることで、より自然な眉に。

<参考>¥5,400(税込)

公式サイト

■アイライナー

【クリニーク】クリーム シェイパー フォー アイ

クリーミーなテクスチャーが描きやすいと評判のペンシルタイプのアイライナー。濃すぎず、薄すぎない自然なアイラインに仕上がります。ブラウンカラーはライトと一段暗いブラウンの2色あり。

<参考>¥2,376(税込)

公式サイト

■ビューラ

【資生堂】アイラッシュ カーラー213

適度に弾力性のあるシリコーンゴム使用。まぶたの丸みに負担なくフィットするので、まつげの根元からきれいにカールをクセづけることが可能。毛先に行くほど力を抜くと、よりきれいな仕上がりに。

<参考>¥864(税込)

公式サイト

■アイプチ

【コージー本舗】アイトーク ハイブリッドフィルム

重たいまぶたも違和感を感じさせずに、自然できれいな二重になれると人気のアイテム。無理にクセづけなくても極薄膜がまぶたを折り込むことで、物理的な二重が完成!仕上げたラインを長時間キープしてくれます。

<参考>¥1,620(税込)

公式サイト

自然に見えるアイメイク方法

ではここからは自然に見えるポイントを踏まえ、正しいアイメイクのやり方についてそれぞれ詳しく紹介していきましょう。

①眉メイクのやり方

眉メイクをする場合は、まず眉毛を整えておく必要があります。長い毛などを眉用バサミでカットするなどしてある程度整えたら、鉛筆タイプのアイブロウペンシルを準備します。全体を見て足りないと思われるラインに線を描き足すような感じで描いていきましょう。多くの男性は眉尻の短い人が多いので、眉尻も描き足します。ポイントは眉毛が生えている方向に合わせて描いていくことです。集中しすぎてラインが太くならないよう、ときおり顔を鏡から離し、違和感がないかチェックしながら進めていきましょう。

▼正しい眉のお手入れ法が知りたい人はこちら▼

【メンズメイク超初心者必見】メンズメイクの基本とやり方を解説

②アイラインの引き方

アイラインはアイライナーでまつげの根元のすき間を埋めていくように、小さく細くラインを引いていきます。多くの人はアーモンドのように目元がカーブしています。そのカーブにそってなぞるようにゆっくり描き、描き終わったら綿棒などでやさしくポンポンと入れたラインをたたいてぼかします。ぼかすことでナチュラルな仕上がりになります。

③ビューラーの使い方

ビューラーを使うときは軽くあごを上げ、伏せ目の状態にします。まつげの根元にビューラーのフレームがくるようにしてまつげを挟み、そのまま上げたあごを少しずつ下げるようにしながら、まつげの根元、中央、毛先とずらしながら少しずつカールさせていきます。1箇所挟んだら数秒キープするようにしましょう。

注意点は強く力を入れないこと。力を入れると切れ毛や抜け毛の原因になることがあります。ビューラーの位置をずらすときは手首だけでなく肘まで連動して動かすと力が入りすぎず、上手にカールUPできます。

④アイプチの使い方

リキッドタイプのアイプチを使う場合は、まずなりたい二重幅の位置を決めます。リキッドタイプは付属品としてプッシャーという細い棒がついていることが多いので、その棒をまぶたに押し当て、好みの二重に仕上がる位置を確認します。

二重の幅が決まったら中身の液体を二重ラインに沿って薄く塗り、液が半透明になってきたらプッシャーを先ほど定めた二重幅に押し当て、まぶたを食い込ませるようにして少しの時間固定します。糊が乾けば二重の完成です。

まとめ

男性がメイクをすることに最初は抵抗を感じる人もいるかもしれません。けれどメイクはナチュラルに自分の魅力を上げる便利なツールです。男磨きのひとつとしてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。