【雪焼け注意報】冬でも日焼けする!雪と紫外線の関係とは

 

冬と言えば、雪!ウィンタースポーツ!

このシーズンを心待ちにしていたという人も多いのではないでしょうか。今週末はどこに滑りに行こうかな?と予定をたてたり、ウェアや板を揃える準備も、また楽しいもの。

でも、その準備、完璧ですか?

雪が多くある場所へ行くときは、日焼け止めを必ず持って行ってほしいのです。雪遊びをする人なら「雪焼け」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。

実は雪に囲まれている場所は、とても日焼けしやすい環境。

冬なのにどうして?雪と日焼けの関係とは?ウィンタースポーツに行く予定のある人、雪国に住んでいる人は必見です!

なぜ雪で日焼けするのか?

雪山で1日遊んだとき。ゴーグルを外したら目の周りだけ白く、他は黒くなってしまった・・・という悲惨な経験はありませんか?これはれっきとした「日焼け」です。

「たしかに紫外線は一年中降り注いでいるけれど、紫外線の量は夏ほど多くないのでは?」

と思うかもしれません。たしかに冬の紫外線量は夏と比べると少なくはありますが、雪があると話は別。あっという間に日焼けしやすい環境が作り上げられてしまうのです。

雪は紫外線を反射する

私たちは太陽から降り注ぐ紫外線を浴びるのと同時に、地面や建物から反射された紫外線も浴びているのです。ただ紫外線がどれくらい反射されるかは、はね返す物質によって差があります。私たちの生活で身近な物と一緒に、雪がどれくらい紫外線を反射するのか確認してみましょう。

反射するもの 紫外線反射率
新雪 80%
砂浜 10~25%
アスファルト 10%
水面 10~20%
草地・土 10%以下

出展:気象庁 地表面の反射と紫外線

このように雪は他の物質と比較して、圧倒的な紫外線反射率を誇ります。反射率を考えると、海にいる時よりも雪のある場所にいる時の方が日焼けしやすいなんて意外ですよね。上から降り注ぐ紫外線を防ぐには帽子なども有効ですが、雪からはね返る紫外線は帽子で防ぐことはできません。総合的な紫外線対策がマストです!

標高の高い場所は紫外線量が多い

紫外線は上空から地上に到達する間に、空気分子や大気中に浮遊するちりなどの微粒子によって散乱され、量が減っていきます。しかし標高の高い場所だと紫外線が散乱されず、紫外線量が増えるのです。もちろん標高の低い場所で雪が降り積もることもありますが、ウィンタースポーツができる環境や雪国には標高が高い場所が多く、いくら冬と言えど一概に紫外線量が少ないとは言えない環境なのです。

雪焼けが危険な理由

夏の日焼けと比べて、冬に雪焼けした場合の方がダメージが大きいと言われています。それは一体なぜでしょう?

冬は新陳代謝が落ちている

新陳代謝は様々な要因が関係していますが、大きく影響しているひとつの要因として血流が関係しています。夏のように温かい日は血管が広がりやすく血流はよくなると言われ、新陳代謝はあがります。しかし寒い日が続く冬。冷たい空気によって体内の血管を収縮して血流が鈍くなり、新陳代謝が落ちると言われています。だから冬に日焼けのダメージを負うと、肌の回復は夏よりも時間がかかり、後に残りやすい傾向にあります。

目の日焼け「表層角膜炎」を引き起こす

「雪目」「雪眼炎」とも言われています。長時間雪を見続けることで紫外線がダイレクトに目に届き、目が日焼けしてしまうのです。目が日焼けは表層角膜炎と言い、激烈な眼痛、充血、涙が止まらない、目が開けられない、という症状が起こります。こうならないためにも雪のある環境ではUVカット加工がしてあるゴーグルやサングラスは欠かさないようにしましょう。

忘れずに持っていきたい雪焼け対策グッズ3選

日焼け止めクリーム

雪焼けを防ぐなら、絶対に必要と言える日焼け止めクリーム。雪から反射する紫外線は帽子だけでは防ぎきれません。日焼け止めクリームを満遍なく塗って、どの角度から紫外線が反射されても大丈夫なように対策しましょう。使う日焼け止めは夏に使っているものでOK。

おすすめ①【BULK HOMME】THE SUNSCREEN

 

男のために開発された、男のための日焼け止めクリーム。石けん成分で落とすことができ、皮脂や汗にも強い作りになっています。SPF40、PA+++という高い紫外線防止効果を保ちながら、肌に負担がかかる「石油系界面活性剤」「シリコン」「紫外線吸収剤」は使っていません。遊びに集中できる日焼け止めクリームです。

【BULK HOMME(バルクオム)】THE SUNSCREEN(ザ サンスクリーン)
内容量:40g
価格:¥2,000(税別)

公式サイト

おすすめ②ニベアフォーメン UVプロテクター

強烈紫外線もしっかりカット。雪から反射される紫外線からしっかり肌を守ります。汗をたくさんかいても落ちにくい高い耐汗性で、スポーツをしているときにもぴったりです。皮脂吸着成分を配合しているので、皮脂によるテカリ・ベタつきも長時間抑えます。

【NIVEA FOR MEN(ニベアフォーメン)】UVプロテクター
内容量:40g
価格:¥2,378(※amazon)

購入サイト

ゴーグル・サングラス

スポーツを楽しむときはゴーグル、それ以外の時はサングラスを忘れないようにしましょう。雪から反射された紫外線は角度的に目に届きやすく、表層角膜炎となって辛い症状を引き起こします。必ずUVカット加工をしているものを選んでください。雪焼けでゴーグルやサングラスの跡が残らないように、日焼け止めクリームを使うこともお忘れなく!

フェイスマスク

鼻から首まで覆い隠せるフェイスマスクは、雪が冷たい外気がウェアの中に入ってくるのを防ぐための優れたアイテムです。今はフェイスマスクにUVカット加工のされているものも多く発売されています。防寒対策と紫外線対策の両方を兼ね備えたフェイスマスクは、ひとつ持っていると便利でしょう。

まとめ

雪焼けの跡は、雪山で見れば勲章ですがビジネスシーンではちょっとマヌケ。笑い者にならないためにも、雪焼け対策は万全に!ウィンタースポーツが楽しめるのも、今シーズンはあとわずか。残された時間、悔いの残らないように思いっきり遊びましょう!

雪焼け後のアフターフォローも忘れずに

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。