【メンズ日傘】日傘を使う4つのメリットとおすすめ日傘5選

 

「日傘男子」という言葉をご存知ですか?

近年、記録的な猛暑が続いている日本。強い太陽の日差しを遮るためのアイテムとして、男のための日傘が注目されています。どちらかというと「女性のアイテム」と思われがちな日傘。最初は使うことに抵抗があるかもしれませんが、実際に使ってみると快適な使い心地に手放せなくなったという声が意外と多いんです。

今回は男が日傘を使うメリットや選び方を詳しくご紹介します。次の夏からはあなたも日傘男子デビューかも!?

日傘の効果・メリット

「男も日傘を使おう」という呼びかけは、ここ1,2年のブームというわけではありません。2011年に環境省が「男性用日傘の商品開発・普及も必要」と発表してから、2013年には記録的な猛暑から男性用日傘の売り上げが伸び、その年の新語・流行語大賞に「日傘男子」がノミネートされています。そして2017年に埼玉県庁の男性職員が発足した「日傘男子広め隊」で、一気にSNSに拡散され認知が広まったのではないでしょうか。

このような社会的背景がある、男の日傘。その効果やメリットを今一度振り返ってみましょう。

①涼しい

やはり何と言ってもコレ。涼しいというメリットはかなり大きいのではないでしょうか。直射日光を遮れる日傘は、常に自分の周辺に影を作り出すことができます。日傘をさすことで-5℃~-10℃程度の体感温度は下げることができるそう。これはかなり大きな違いですよね。暑い中を歩くことで消耗される体力も温存できますし、汗をかく量も抑えられるかもしれません!

②紫外線対策

強すぎる紫外線は肌や身体にとって悪影響を及ぼします。環境省の発表によると、日本に降り注いでいる紫外線量は年々増加し、外出を控えるなどの配慮も必要な日が多くなてきています。日焼け止めクリームを使う習慣をつけることはもちろんですが、UV加工がある日傘なら紫外線の99%をカットすることも可能!特に肌の弱い人、アトピーを持っている人は日傘を使って紫外線対策を徹底することをおすすめします。

▼紫外線が肌に及ぼす影響とは?▼

③熱中症対策

太陽の強い日差し、灼熱のアスファルトで地上はさながらオーブンのような状態。そんな中、スーツを着てネクタイを締めて闊歩するビジネスマンは、いつ熱中症になってもおかしくありません。事実、熱中症で搬送された人の7割は男だったというデータも。日傘を使って熱中症にならないように体調管理をすることも、ビジネスマンに必要なスキルです。

④突然の雨もOK

最近の夏の天候は不安定なことが多く、ゲリラ豪雨などの突発的な雨に遭遇することも多くなってきました。雨が降り出してから傘を買おうとしても、コンビニでは売り切ればかり。足止めをくらってしまったことはありませんか?そんなときも日傘を持っていれば大丈夫。今の日傘は晴雨兼用の物が主流なので、1本持っていればどんなときでも安心です。無駄な出費も抑えられて一石二鳥!

日傘の選び方

どうせ持つなら満足のいく日傘を持ちたいですよね。必ずチェックすべきポイントをまとめました。

①遮光効果の高いもの

遮光効果とは可視光を遮る効果のあるものです。効果が高ければ高いほど陰が濃く、涼しさを感じることができます。可視光を遮ることができるパーセンテージによって以下のようにランク分けされています。

  • 完全遮光・・・遮光率100%で完全に光を遮る効果がある
  • 遮光1級・・・遮光率99.9%~100%で光を遮る効果がある
  • 遮光2級・・・遮光率99.8%で光を遮る効果がある

JUPA(日本洋傘振興協議会)では遮光率99.0%以上のものを遮光傘として認めています。遮光率が高いと涼しくて快適ですが、日傘をはずしたときに急に光が差し込むことで瞳孔が急激に収縮し目に負担がかかります。目の疲れを気にするなら、あえて遮光率が高くない日傘を選ぶという選択もおすすめです。

②遮熱効果の高いもの

コーティング日傘など特殊加工された日傘は熱をカットして、涼しい空間を保つ効果もあります。遮熱効果の優れた日傘なら体感温度-10℃にも!遮熱効果のない日傘を暑い日にさすと、熱を吸収して傘の内部の温度が高くなってしまいます。熱中症予防のためにも遮熱・遮光効果のある日傘を選ぶようにしましょう。

③デザイン

男の持つ日傘はデザインにこだわりたいもの。ビジネスシーンでも使いやすいグレーやネイビーのシンプルな日傘から、ストライプやチェックのものが人気があるようです。また最近だとバーバーリーのような一流ブランドからも男性用日傘が発売されているようです。日傘ならではのコットン素材も涼し気でおすすめです。

④手軽さ・コンパクトさ

書類やPCなど、持ち物の多いビジネスマンが携帯する日傘は、できる限り持ち運びに邪魔にならないものを選びましょう。スマートフォン程度の大きさのもの、重さが100g以下の超軽量タイプのものなど様々な種類が発売されています。いつも携帯して気軽に日傘を使えるようにしておきましょう。

⑤便利さ

晴雨兼用の日傘は、それを1本持っていれば突然の雨にも対応できるのでとても便利です。また鞄や重い荷物を持っていても気軽にさせるように、ワンタッチ式(ボタンを押せば傘が開く)の日傘もおすすめです。折りたたみ傘はしまうのが面倒と思うかもしれませんが、最近は収納しやすく設計された傘も多くあるので、実際に開閉してチェックしてみましょう。

おすすめメンズ日傘

①【Saibeina】自動開閉折りたたみ日傘

外側はホワイト、内側はブラックのツートンカラーがおしゃれな日傘。晴雨兼用、ワンタッチ式、UVカット、遮光率99%、耐風撥水など、ほしい性能が揃った理想の1本。収納ポーチもついているので、携帯しやすいタイプです。

購入サイト

【Saibeina(サイベナ)】
自動開閉折りたたみ日傘 450g ¥2,448(amazon参考価格)

②【TaiYou】世界で一番軽い折りたたみ日傘

Mサイズはわずか102g!全世界で一番軽いと言われる折りたたみ日傘です。コンパクトだから鞄に常備していても邪魔になりません。晴雨兼用で耐風仕様だから突然のゲリラ豪雨対策としてもおすすめ。

購入サイト

【TaiYou(タイヨウ)】
世界で一番軽い折りたたみ日傘 Mサイズ 102g ¥2,899(amazon参考価格)

③【Fidus】折りたたみ日傘

内側に大胆にデザインされた宇宙や空。遊び心のあるデザインにも関わらず、遮光率・UVカット率は99%の実力派。晴雨兼用タイプで、ユニークな逆折式設計を採用。閉じるときは雨に濡れた面が内側になるので、雨水が飛び散る心配もありません。

購入サイト

【Fidus】
折りたたみ日傘 440g ¥2,000(amazon参考価格)

④【Lieben】ひんやり傘

外側に施されたシルバーやゴールドの光沢があるコーティングは、陽光をよく反射します。光を反射することでひんやりと涼しい空気を保ちます。もちろん遮光・UVカットも99%以上。真夏でも快適に過ごしたい男のマストアイテムです。

購入サイト

【Lieben(リーベン)】
ひんやり傘 281g ¥2,790(amazon参考価格)

⑤【Toisto】メンズ オリジナル 晴雨兼用日傘

人と被りたくない、おしゃれな日傘を探しているという人におすすめ。センスのよい色使いの日傘は、持っているだけで注目の的!傘の骨組み部分まで色がついているところもポイント。

購入サイト

【Toisto(トイスト)】
メンズ オリジナル 晴雨兼用日傘 450g ¥5,400(楽天参考価格)

まとめ

日傘は紫外線対策だけでなく、快適に過ごせたり熱中症防止にも有効です。使い始めるまでは少し抵抗があるかもしれませんが、一度日傘使うと「もう手放せない!」という人が多いです。

クールビスといってもあまりにもラフすぎる格好がNGのビジネスマン。日傘などの小物を上手に使って猛暑をスマートに乗り切りましょう!

参考
気象庁:紫外線の経年変化
朝日新聞デジタル:日傘男子は定着するか

  1. この記事へのコメントはありません。