【今さら聞けない】メンズシャンプーの種類や選び方とおすすめシャンプー5選

 

いつでもさわやかなヘアスタイルを保つには、毎日のケアが大切。なかでもシャンプーは汚れを落とし、髪や頭皮を清潔な状態にするために必要なものですよね。

メンズ向けのシャンプーには女性向けと違った特徴がいくつかあります。髪や頭皮の悩みを解決へと導いてくれるものも多いですが、肝心なのは自身に合っているかどうかです。髪質や頭皮環境に適しているか、求めている理想の状態へ導いてくれる効果があるのかどうか。今回はシャンプーの種類、メンズシャンプーの特徴、悩み別のおすすめ成分についてまとめてみました。

シャンプーは「界面活性剤」で種類分けできる!

髪の毛や頭皮には普通にすごしているだけでも汚れがつきます。それは汗や皮脂だったり、ヘアスタイリング料だったり、外から付着するものもあります。シャンプーの役割は基本的にこうした汚れを髪の毛をいためることなく落とすことです。

シャンプーは主に水と界面活性剤からなっています。界面活性剤は油になじみやすい部分と水になじみやすい部分の両方をもつ分子のことで、化粧品の原料としていろんなアイテムに配合されています。シャンプーはこの界面活性剤の特性によりいくつかの種類に分けることができます。まずはどんな種類のシャンプーがあるのかを見ていきましょう。

アミノ酸系シャンプーとは?

メリット

  • 弱酸性
  • 低刺激

デメリット

  • 泡立ちが少ない
  • 洗浄力が弱い

アミノ酸系シャンプーの特徴は弱酸性で低刺激であることです。洗浄力の強すぎるシャンプーを使うと髪がキシキシしたり頭皮にも悪い影響があるのでは?と心配になってしまいますが、アミノ酸系シャンプーの場合は髪のタンパク質を守りながら洗うことができるので安心。ただ刺激が弱い分、泡立ちと洗浄力も弱くなり、頑固な汚れが落としにくいというデメリットがあります。

高級アルコール系シャンプーとは?

メリット

  • 泡立ちが良い
  • 洗浄力が強い

デメリット

  • 刺激が強い

高級アルコール系シャンプーは泡立ちが良く、洗浄力が強いといわれています。汗をたくさんかいたり、髪や頭皮がかなり汚れたなと感じる日でも高級アルコール系シャンプーを使うことでスッキリと洗い上げることができるでしょう。ただ脱脂力が強いためにシャンプーすると刺激を感じる人も。使用の際には刺激の有無について注意する必要があります。

石けん系シャンプーとは?

メリット

  • 洗浄力が強い

デメリット

  • 洗い上がりのごわつき・きしみを感じやすい
  • パーマやヘアカラーの退色が早い

石けん系シャンプーも高級アルコール系シャンプーと同じく洗浄力の強いシャンプーです。アルカリ性で洗う力が強く、手ごわい汚れなども一掃してくれるようです。ただ、なかには洗った髪へのごわつきやきしみを感じる人もいます。またパーマやヘアカラーの退色が早いといわれているので、カラーやパーマをしている人は避けたほうがいいかもしれません。

ノンシリコンシャンプーとは?

ノンシリコンシャンプーの「ノンシリコン」とは、シリコーンオイルが配合されていないという意味です。シリコーンオイルは何かというと髪の手ざわりをなめらかにし、ダメージをおさえるのに有効なオイルのことです。良さそうな成分だから入っていたほうがいいのでは?と思う人もいるかもしれませんが、実はこのシリコーンオイルが毛穴をつまらせるということで「ノンシリコンシャンプー」が誕生しました。

毛穴をつまらせることは髪にとって良いことではありません。けれど現在ではシリコーンオイルはとても細かい粒子で髪を洗うときに一緒に洗い流され、毛穴につまらないということが分かってきました。そのためノンシリコンシャンプーであるかないかに縛られる必要はなくなっています。

メンズ向けシャンプーの特徴

男性向けのシャンプーに目を向けてみると、共通した特徴があるのが分かります。ここでは男性向けならではのシャンプーの特徴を3つご紹介しましょう。

①洗浄力が強い

男性向けのシャンプーは女性向けのシャンプーに比べて洗浄力が高めです。それは男性の場合、男性ホルモンの影響で皮脂が出やすいからです。皮脂を洗い流すために洗浄力が求められ、結果的に男性用シャンプーは洗浄力が強くなっているものが多くなります。

②頭皮ケアができる

男性向けに多く発売されているのがスカルプシャンプーです。薄毛で悩んでいる男性は少なくありません。スカルプシャンプーは薄毛や抜け毛対策、育毛に特化しているため、髪を育てる「頭皮ケア」に向いた成分がたくさん配合されています。

③加齢臭・皮脂臭対策ができる

男性のなかには年齢を重ねることで加齢臭や皮脂臭など、髪や頭皮の臭いが気になってくる人もいるでしょう。そこで男性向けのシャンプーには臭いのもとをケアする成分が入っているものが多くあります。

「ヘアの悩み」に合ったシャンプーを探そう!

シャンプーを選ぶときには男性向けシャンプーの特徴を意識するだけでなく、自分の髪の悩みに合ったものを選ぶことが大切です。では男性が抱える「ヘアの悩み」にはどういったものがあるのでしょうか。またそれらの悩みに応じたシャンプーとはどういったものなのでしょうか。ここからは男性に多いお悩みと、そのお悩みにあったシャンプーについて紹介していきましょう。

①頭皮の乾燥が気になる

男性向けのシャンプーは洗浄力が高いというのは先ほどお伝えしたとおりですが、心配となるのが「頭皮の乾燥」です。洗浄力が強いせいで必要な潤いが根こそぎ奪われてしまうと頭皮トラブルがひどくなってしまう場合があります。また肌がもともと敏感な人も洗浄力が強いと乾燥してしまい、フケなどのトラブルが起きてしまうことも。頭皮の乾燥が気になる人はアミノ酸など刺激の少ない天然成分やオイル、乾燥を防いでケアする保湿成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。

②薄毛が気になる

メンズ向けのシャンプーは頭皮ケアに関するシャンプーが多くあります。抜け毛や薄毛など、毛根に関する悩みをお持ちの方は地肌を健康に導き、発毛環境と整えるスカルプシャンプーなどを使うと良いでしょう。通常のシャンプーは毛髪のケアがメインですが、スカルプシャンプーは頭皮のケアがメインとなります。髪の毛は頭皮から生まれるため、頭皮環境をまず最初に整えることが悩み解決の近道です。

③頭皮の臭い&加齢臭が気になる

男性のなかには頭皮の臭いや加齢臭が気になるという人も少なくありません。臭いの原因は実は様々ですが、その多くは皮脂を栄養にして繁殖する「マラセチア菌」によるものといわれています。臭い対策ができるメンズ向けシャンプーにはメントールやトリクロロカルバニリドなど、菌をとりのぞく除菌成分が含まれているので頭皮の臭いや加齢臭予防になります。臭いが気になる人はこうした成分が配合されているシャンプーを選ぶようにしましょう。

メンズシャンプーおすすめ5選

①【BULK HOMME】THE SHAMPOO

メンズスキンケアブランドのBULK HOMME(バルクオム)。「洗浄」「補修」「保湿」のバランスを重視して誕生したのが、髪や頭皮に優しいノンシリコンアミノ酸系シャンプー「THE SHAMPOO(ザ シャンプー)」です。濃密で濃厚な泡が毛穴の奥の皮脂や汚れ、スタイリング剤を浮かして落とします。同時に3つの保湿成分が保湿膜をつくるため、保湿力にも優れています。

公式サイト

毎日使うものだから定期購入もおすすめ

シャンプーやトリートメントは毎日使うものだから、毎回買いに行くのが面倒…。という方も多いのではないでしょうか?また、日用品って意外とコストがかさみがちですよね。

そんな方にオススメなのが、最近注目されている「定期購入」です。BULK HOMMEの定期なら、お得に購入できるとあって特にオススメです!

ヘアケア定期コースはこちら

②【オルビス】メンズヘアシャンプー

オルビスのメンズヘアシャンプーは髪と頭皮の汚れをしっかり落としながら、頭皮を柔らかく整えることで発毛を促し、抜け毛を防ぎます。グリチルリチン酸ジカリウムという成分がフケ・かゆみを防ぎ、メントールを配合することで適度な清涼感を感じさせてくれます。

公式サイト

③【ルシード】薬用スカルプデオシャンプー

ルシードの薬用スカルプデオシャンプーはディープクレンジング処方により、毛穴に詰まった頭皮脂や臭いを洗い落とします。ニオイ菌を殺菌することでミドル男性特有の臭いも防ぎます。植物フラボノミックス(カンゾウ抽出末、桂皮エキス)、緑茶エキスなどの保湿成分が配合されています。

公式サイト

④【ヘアリプロ】薬用スカルプシャンプー

へアリプロの薬用スカルプシャンプーは「アデランス」がハリ・コシのある髪をサポートするために開発したスカルプシャンプーです。普通~乾燥肌向けのノーマル&ドライ、脂性肌向けのオイリー、超脂性肌向けのメガオイリー、さらなる脂性肌向けのギガオイリーなど、油っぽさの程度に応じて自分に合わせた1本を選ぶことができます。

公式サイト

⑤【U-MA 】ウーマシャンプー プレミアム

U-MA ウーマシャンプー プレミアムは馬油成分を配合した、頭皮にやさしいシャンプーです。ノンシリコンであることに加え、ラウロイルメチルアラニンNaという植物由来のアミノ酸系成分が入っており、刺激が少ないのことが特徴となっています。ほぼ無香なので香りの強すぎるシャンプーが苦手という人におすすめです。

公式サイト

まとめ

メンズ向けといわれるシャンプーには共通した特徴がありますが、重要なのは「自分の悩みに合ったシャンプーかどうか」を考えることです。そのためにはシャンプーには種類があることを知り、商品ごとの特徴について理解する必要があるでしょう。

ヘアケア関連記事はこちら

▲食生活と髪の毛について▲

▲正しいヘアケア方法▲

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。