【男の顔痩せ】顔が大きく見える原因と正しい小顔矯正法やおすすめサロン

 

「今よりもっと小さな顔になりたい」という願いは男女共通のものではないでしょうか。小顔になれば自分をより魅力的に見せることができるはず。では、どうしたら小顔になれるのでしょうか。今回は顔が大きく見える原因から顔痩せに効果的な方法まで、男性の顔痩せに関する情報を一挙にご紹介していきましょう。

顔が大きく見える原因とNG行動

顔が大きく見えるのは単に「顔が大きいから」という理由以外に、原因があると考えられます。その原因と顔を大きく見せてしまうNG行動にはどんなものがあるのでしょうか?

①むくみ

顔が大きく見える理由のひとつに「むくみ」があります。むくみは余分な水分が細胞の間にたまることで起こります。昨日は普通だったのに、なんだか今日は顔が大きい…。このように日によって顔の大きさが変わるという人はむくみが顔を大きく見せている可能性があります。

むくみを起こすNG行動とされているのがアルコールや塩分の摂りすぎです。味付けが濃い料理や塩分たっぷりのスナック菓子が好きな人、お酒の好きな人は要注意です。むくみにつながる食事ばかりにならないよう、食への意識の変化が必要となります。

②脂肪

顔が大きく見えるのは単純に「脂肪がついたから」という場合もあります。最近、頬の内側を噛んでしまうことが多い…。そんな人は体重が増加した可能性があります。必要以上に食べ過ぎると体重は増加しますが、その脂肪は体だけでなく顔にもつきます。余分なものが顔につくので当然顔の面積は広がり、大きく見えてしまいます。

顔に脂肪がつくと首が短く見えてしまったり、けだるそうな雰囲気に見えてしまったりすることもあるようです。脂肪によって顔が大きく見えている場合は自身の食事の内容に気を配るだけでなく、食事法まで改善する必要があります。

▼ダイエットするための食事法や筋トレはこちら▼

③ゆがみ

顔が大きく見える理由に「ゆがみ」があります。猫背だったり、体の重心がいつも左右のどちらかに傾いているという人はいないでしょうか。姿勢がゆがんでいると体の中心に位置する骨盤までゆがむ可能性があり、骨盤のゆがみは顔のゆがみにもつながっているといわれています。

顔がゆがむと通常より大きく見えますし、歯のかみ合わせが悪くなったりすることもあるようです。また猫背は顔が前に出るため余計に大きく見えることもあるでしょう。顔が大きく見える原因がゆがみと考えられる場合には、まず自分の姿勢に注意を向けてみます。ふとしたときに鏡などでチェックし、良い姿勢を保つよう心がけましょう。

【自宅で出来る】顔痩せに効果的な方法

顔を大きく見せる原因として「むくみ」「脂肪」「ゆがみ」を挙げましたが、では原因が分かったうえで小顔を目指していくにはどのような方法があるのでしょうか?ここからは原因別に顔痩せに効果的な方法について紹介していきましょう。

①むくみを解消する

むくみを解消するためには生活習慣を整えることに加え、リンパマッサージが効果的です。

■生活習慣を整える

むくみは「むくみやすい生活習慣」によって引き起こされています。解消には生活習慣を変えて、むくみにくい環境をつくっていくことが大切です。運動習慣のない人は週に1度から適度な運動を始めてみましょう。おすすめはウォーキングやランニング、水泳やサイクリングといった運動です。体を動かす習慣をつけると体にたまった水分が排出されやすくなり、体全体がむくみにくくなります

また食事の面からもむくみを予防することができます。たとえばバナナ・アボカド・ほうれん草、さつまいもなどに多く含まれる「カリウム」には水分の排出を促す働きがあります。バナナ1本に360mg、ほうれん草1/2束に552mg、アボカド1/2個に432mgのカリウムが含まれているので1日2000~2500mgを目安に積極的に摂っていきましょう。

■リンパマッサージ

むくみ解消にはリンパの流れにそってなぞることでリンパの流れをスムーズにする「リンパマッサージ」が効果的です。ここでは簡単にできるマッサージのやり方について紹介しましょう。リンパマッサージをおこなうときはすべりを良くするためにフェイスクリームやオイルを使います。

▼リンパマッサージにも使えるボディクリームはこちら▼

 

【リンパマッサージのやり方】

  1. あご下から耳下へ、ななめ上にあがるように指先でなであげます。
  2. 耳下から鎖骨の方へなでおろします。
  3. 鎖骨部分をゆっくりと押します。

この流れを手のひらにオイルやクリームをなじませた状態で数回繰り返します。リンパの流れを促すことで、むくみ解消効果が期待できます。

②脂肪撃退

顔についた脂肪を解消するためには食事法の改善が効果的です。さらに二重あごを解消するためのアイテムを取り入れるのも良いでしょう。

■食事法

まずはついてしまった脂肪を落としていく作業です。食事のカロリーを抑えることから始めていきましょう。たとえば1日のカロリー摂取量を今までよりも-300Kcal程度に設定してみます。ランチや居酒屋では揚げ物を選ばない、おやつをやめるといったことで地道に脂肪を減らしていきましょう。

▼居酒屋のダイエットメニューはこちら▼

また「よく噛んで食べる」ように心がけます。噛むには顎の筋肉を使うので、これまで飲み込むように食べてきた人はよく噛むことで顎の筋肉が鍛えられます。あごの筋肉は顔を大きく見せる二重あごを予防する効果もあります。さらに満腹中枢も満たすので食べすぎ防止になり、前述したカロリーコントロールにも役立ってくれるでしょう。

■小顔エクササイズアイテム

脂肪により顔が大きく見えている人におすすめなのが顔用のエクササイズアイテムです。いくつか紹介していきましょう。

  • 【MTG ONLINESHOP】フェイシャルフィットネス パオ スリーモデル

フィットネスバーをくわえて振るという運動で顔の筋肉を鍛えることができるパオシリーズ。累計出荷数50万本を突破したといわれる、人気のパオシリーズの通販限定モデルがこちら。1日2回30秒、口元を集中的にトレーニングすることでたるみ顔解消に期待がもてます。

【MTG ONLINESHOP】フェイシャルフィットネス パオ スリーモデル
¥10,584(税込)

公式サイト

 

  • 【OMNI】NEWフェイシャルリフト アトワンス(防水式)

たるみや二重あご、ほうれい線などを1日3分のエクササイズで解消してくれます。歯を使用せずに唇でくわえることで、口輪筋や表情筋を鍛えることが可能。15秒毎に出力が4段階に切り替わり、振動テンポが瞬時に切り替わることで表情筋の運動が活発化します。コンパクトなので持ち運びができるほか、お風呂でも使える防水仕様となっています。

【OMNI】NEWフェイシャルリフト アトワンス(防水式)
¥8,023(税込)

公式サイト

 

  • 【小島通商】二重あごスリマー

首からあごのストレッチ運動ができ、二重あご解消に役立つのがこちらです。使用目安は1回2分程度。まっすぐ前を見た状態でスリマー本体を鎖骨付近にあて、あごをのせて位置を微調整します。そのあとあごを引き下げ、戻し、また引き下げるという運動を繰り返すことで顎舌骨筋、オトガイ筋などを鍛えることができます。

【小島通商】二重あごスリマー
¥2,592(税込)

公式サイト

③ゆがみを改善する

ゆがみを改善するには顔だけでなく骨盤の位置を正常に戻し、姿勢そのものを正していくクセをつけるようにします。

■正しい姿勢を意識する

ゆがみは姿勢の悪さからきている場合があります。特にデスクワークを中心とした仕事をしている人は前のめりの姿勢で長時間過ごすことになり、どうしても猫背になりがちです。日頃から鏡などで自分の姿勢を確認し、正しい姿勢を保つように意識を向けていきましょう。

▼猫背矯正ストレッチはこちら▼

■骨盤体操

骨盤の乱れは顔の歪みにつながるといわれています。おおもとになっている骨盤の乱れを整えるには骨盤体操をおこなってみるのも良いでしょう。やってみてほしいのは「腰回し」と「腰ひねり」の2つの運動です。それぞれやり方について説明していきましょう。

  • 腰回し

足を肩幅より少し広めに開き、腰を時計回りに回していく。ある程度腰を回したら今度は反時計回りに回していく。

  • 腰ひねり

仰向けになって膝を立て、腰を浮かしたら前側の腰骨を左右交互に10回ずつひねります。

 

上記2つの骨盤体操により骨盤をととのえることで顔が大きく見えることを予防していきます。

【即効性重視】専門家での顔痩せ方法

一刻も早く小顔になりたい!という人にはエステやクリニックなど、プロの手を借りる方法もあります。ここからは男性向けの小顔施術にはどのようなものがあるのか、またおすすめのサロンやクリニックなども含めて紹介していきましょう。

エステでの顔痩せメニュー

「小顔」を目指すエステメニューにはリンパマッサージをメインとしたものが多くあります。首から顔全体にかけ、リンパの流れにそったマッサージをおこなうことで老廃物を流れやすくし、引き締まった顔を目指します。むくみの解消が期待できるほか、二重あごやたるみなどの解消にも良いようです。

またリンパマッサージのほか、頭蓋骨にアプローチする小顔矯正というものもあります。これは顔が大きい原因は頭蓋骨にあるという考えのもとおこなわれるものです。頭蓋骨を中心にほぐすことで老廃物やむくみが排出されやすくなり、頬骨のでっぱりが目立たなくなったり、フェイスラインがスッキリしたりする効果があるといわれています。

■顔痩せにおすすめの男性向けサロン

  • グレースフィオーレ

日本マーケティングリサーチ機構の満足度調査で2冠を達成したのが「グレースフィオーレ」です。「今までの小顔矯正とは全く違う」と30,000人が実感している頭蓋骨から引き上げるテクニックは顔に一切触れずに顔のリフトケアを目指します。気持ち良さでつい寝てしまう人が続出するといい、痛みに弱い人にもおすすめです。

公式サイト

 

  • Premium Body Balance

エステが初めてという人からも支持を集めているのが「プレミアムボディバランス銀座」です。メンズ向けのエステメニューが豊富なことで知られ、頭から首肩にかけてリンパを流すことで小顔を目指します。左右差・ゆがみを細かくチェックしながらおこなうことでバランスのととのった顔痩せが期待できます。

公式サイト

②クリニックでの顔痩せメニュー

では医療クリニックにはどんな顔痩せメニューがあるのでしょうか?まずメスを使わない小顔施術として知られているのが、脂肪溶解注射です。BNLS注射とも呼ばれ、患部まわりにある中性脂肪を分解して老廃物と共に排出できるため、顔痩せに期待が持てるといいます。

頬やあごまわりの脂肪がどうしても気になる場合は脂肪吸引という方法もあります。細い管を耳の裏側やあご下などに通して脂肪の吸引をおこなうことが多いようですが、痛みは少なく傷跡の心配もあまりないようです。

また骨格のせいで顔が大きく見えている人はエラや頬などの骨を削る「骨切り」という施術も存在します。文字通り骨を切って整えることでフェイスラインの改善を目指すことができます。

■顔痩せにおすすめの男性向け医療クリニック

  • 共立美容外科

1989年の開院から30年以上手術や施術をおこなってきた「共立美容外科」。大学病院や総合病院で経験を積んだ医師を積極採用し、日夜技術力を鍛えて完成度の高い美容医療の提供を目指しています。全国に23院を展開中で男性の悩みに向き合うメニューも多くあります。顔痩せに関しては脂肪溶解注射や脂肪吸引、あご、頬骨、エラをけずる「骨けずり」のメニューがあります。

公式サイト

 

  • 湘南美容クリニック

東京を中心に美容整形、医療脱毛、AGA薄毛治療などを提供し、全国展開中の「湘南美容クリニック」。ここでは採取した脂肪をアゴ先に入れてシャープなアゴのVラインを実現する「切らない小顔Vライン形成術」、頬の深い層にある脂肪の量を減らす「バッカルファット」など、顔痩せと一口にいってもさまざまな施術法があることを教えてくれます。

公式サイト

まとめ

顔痩せを望むならまずはその原因をつきつめて考えてみましょう。理想的な小顔を目指し、トライできそうな改善法から始めてみてはいかがでしょうか。

参考:
株式会社オオノ 健康だより

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。