【男の眉毛の整え方】眉の手入れに必要な道具と整え方の基本

 

他人から見た自分の印象をてっとりばやく変えるのに役立つのが「眉毛の手入れ」です。眉毛は顔の印象を左右する、影響力のあるパーツです。眉を自然に整えると清潔感が出てすっきりとした印象になり、人に好印象を与えることができます。ただし、間違ったやり方で眉を手入れしてしまうと威圧的に見えたり、軽い印象に見えてしまいマイナスな印象を与えてしまうこともあります。今回は眉の正しい整え方について紹介していきましょう。

まずは自分の眉毛のタイプについて知ろう

眉を整えるためには自分の眉がどんな形をしているのか、そのタイプを見極める必要があります。日頃、そこまで自分の眉毛と向き合ってこなかった人も多いはず。自分の眉はどんな形なのか、太いのか、細いのか、濃いのか、細いのかカーブのつき具合や目と眉の距離感はどうなのか、じっくり観察していきましょう。

1.目と眉毛の距離

眉毛と目の間の距離は人によって違いますが、世界的に見てみると日本人はまぶたが厚く、目と眉毛の距離が遠いといわれています。外国の方の眉毛を見ると目のすぐ上に眉毛があることに気づきます。目と眉の距離は狭いことでセクシー、男性的、目力のある人と感じる人が多く、反対に目と眉毛の距離が遠い場合は女性的でやさしい印象を与えることが多いようです。

2.眉毛の形や角度

眉毛には小鼻に最も近い眉頭部分、最も角度がついている眉山部分、そして鼻から最も離れた眉の終わりである眉尻部分があります。これらの構成要素がどのようになっているかで人に与える印象も大きく変わります。眉の角度についてはカーブのない眉は力強さやまっすぐさ、眉尻だけガクッと急な角度のある眉はりりしさ、ゆるやかな自然なカーブを描く眉はやわらかい印象になります。ま横一直線の平行眉はやさしい印象、眉尻にむかって一直線に下がっていく下がり眉は気弱な印象を与えます。

3.眉毛の毛量による濃さや太さ

眉毛の量が多く、太い場合は野性味がありつつやさしい印象を与え、普通の量で普通の太さの場合はナチュラル、清潔感、スタイリッシュな印象を与えます。反対に毛量が少なく、細い場合は中性的でシャープな印象、または少し尖った印象を与えることもあります。

男の眉毛の整え方

眉毛の形や毛量は人それぞれですが目指すべきところは「整えているのかいないのか分からない、自然ですっきりとした眉」です。自信の眉のタイプが分かったら、今よりすっきりとした、それでいて自然に見えるような形に調整していきましょう。基本的には眉上ラインの整えは初心者には難易度が高いので、慣れるまではあまり手をつけないようにします。最初のうちは眉の下側をメインに整えていくと良いでしょう。

ステップ1:コームで毛流れを整える

慣れないうちはステップ1からの手順を丁寧におこなっていきます。まず下準備として眉毛をコームでとかします。男性の場合、髪をとかすという習慣が少ないので「眉をとかす」感覚もよく分からないかもしれませんが、コームやブラシで毛流れを整えることは眉毛を整えるうえでとても大切です。上下左右、バラバラに散らばった眉毛をやさしくとかすことで眉全体の毛流れを整えることができます。この下準備をするかしないかで仕上がりに差がつきます。

ステップ2:長い毛を切る

次に本来の眉毛の形から飛び出している長い毛をカットしていきます。まず眉山と眉下のゾーンを確認します。そしてコームを眉にそっと押し当て、自分の眉毛のラインから不自然に飛び出ている長い毛だけを眉バサミでカットしていきます。コームは肌に強く押し当てるとカットする毛は短くなり、軽くソフトに押し当てると毛は長く残ることを意識しておきます。

ステップ3:形を作るために抜く部分とカットする部分を決める

次に最終的に仕上げたい眉ラインにするためにどの部分をどの程度カット(毛抜きの場合は抜く)すれば良いのかを確認します。

ステップ4:左右対称になるようにゆっくりと調整する

カットする部分が分かり、仕上がりのイメージもかたまったら眉上部分は眉バサミで、眉下の部分は眉バサミでカットするか、毛抜きで抜いていきます。最初からカットしたい長さに切るのではなく、左右それぞれに手を入れつつバランスが合っているかを確認しながらおこないます。徐々にに短くカットしていくことで大きな失敗も防ぐことができます。またすべての作業は丁寧にゆっくりおこないます。大雑把な性格やせっかちな人はくれぐれも早く終わらせようとカットしすぎないよう注意が必要です。自然に仕上げるコツは「眉尻を短くしすぎないこと」そして「眉尻を眉頭から下げないこと」です。この2点を守るだけでも大きな失敗を防ぐことができるはずです。

眉毛を整えるのに必要な道具

眉毛を整えるのに必要な道具はいくつかありますが、初めてお手入れするならす一式セットになっているものを購入すると便利です。慣れてきたらもっと自分の手になじむものを選んでみましょう。

眉バサミ

眉バサミは眉毛をカットするための専用のハサミです。サイズも一般的なハサミの半分くらいの大きさで、刃がとても小さいのが特徴的です。眉バサミを使うことで眉まわりの不要な毛をピンポイントできれいにカットすることができます。

GATSBY(ギャツビー) GAメンズアイブローキット

男の眉毛を整えるためのツールをまとめたメンズアイブローキット。初めて眉毛を整える際のスターターキットとしておすすめ。携帯にも便利な収納ケース付き。

公式サイト

眉毛用コーム・ブラシ

眉毛用のコームやブラシもあると仕上がりに差がつきます。お手入れする前に眉全体をコームでとかしてからカットすると、イメージ通りの眉に仕上がりやすく時間もかかりません。黒いコームは眉毛と同化して見えにくいので、コームやブラシを選ぶ際は黒以外を選ぶようにします。

▼おすすめ眉の手入れアイテムはこちら▼

眉毛用毛抜き

毛抜きはいろいろな用途に使えるため、ほかの道具よりなじみのあるアイテムかもしれません。眉毛を整えるために使用する眉毛用毛抜きの場合は眉バサミと違って毛根から毛を処理できるのがメリットです。毛抜きを使うと毛の根元が目立たず、非常にきれいに仕上がります。また毛抜きで処理した部分は次に毛が生えてくるまで一定の時間がかかり、お手入れした眉が長持ちするという利点もあります。毛抜きを使う場合は必ず毛流れにそっておこなうようにすると痛みも軽減されます。つかみそこねると余計な痛みをともなうので、1本ずつしっかり毛を挟んでいきましょう。お風呂上りは毛穴が開いているので痛みも少なく、毛抜きを抜くのにベストなタイミングです。

眉毛用シェーバー

眉毛用シェーバーはなくてもお手入れできますが、あると時間短縮になるのでとても便利です。シェーバーでは眉毛を短く剃ったり、長さを均等にそろえたりすることができます。痛みが少ないのも特徴的です。

Panasonic(パナソニック)スティックシェーバー(黒)ER-GB20-K

「傷つきやすい若い肌に。ヒゲ剃り初心者のためのスティックシェーバー」。肌を切ったり、傷つけないで剃れる「セーフティー刃」 や、ニキビをさけて剃れるオシャレで使いやすい「スティックデザイン」 、約5年間、刃の切れ味が長持ちするステンレス刃が魅力です。

公式サイト

まとめ

眉毛は顔全体の印象を左右するといってもいいくらい大事なパーツです。

最初のうちはやり方に慣れず、きちんとできているか戸惑ってしまうかもしれませんが、何度も練習を重ねていくことで自然と自分の眉に似合う形が分かってきます。失敗を恐れず、自分の印象を高めるために眉を整えていきましょう。

それでも不安な人はカットやカラーのついでに美容師さんにお願いする、友人や恋人に客観的に見て似合う眉に整えてもらうなど他人に任せてみるのもひとつの方法です。仕上がりの眉状態をチェックしながら、最終的には自分1人ですっきりとした自然な眉に整えられるようになりましょう。

参考:
資生堂 男の身だしなみ
ZOOM

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。