【汗の肌トラブル】かゆみ、ニキビは汗が原因?!汗の対処法を徹底解説

 

汗が原因で起こる肌荒れの種類は2つ

春や夏になると、肌が痒くなる、赤みを持つ、ヒリヒリするなどの症状に悩まされることはありませんか?それは実は汗が原因。汗をかくことは身体にとっても肌にとってもよいことなのですが、ケアを間違えると肌トラブルの原因に。今回はそんな汗が引き起こす肌荒れについて紹介します。

症状1:あせも

汗にまつわる肌トラブルで代表的なものである、汗も。身体が小さく表面積に対して汗腺の密度が高い子どもの時期になる人が多く、子どもの疾患というイメージがありますが、近年の猛暑で大人でも汗もになる人が急増しています。気温の高い場所に長時間いたり、激しい運動をすることで大量の汗をかき続けると、汗の出口である毛穴が詰まってしまいます。出口を失った汗は表皮の膜に漏れだして、汗に含まれるミネラル類が炎症を引き起こします。

汗もは医学的に3種類に分けられます。

  • 紅色汗疹(こうしょくかんしん)
    小さな赤いブツブツができて、汗をかくと刺すような刺激があり、痒みを伴います。一般的にあせもと言われる症状です。
  • 水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)
    白い小さな水膨れがたくさんできますが、かゆみなどの自覚症状は少ないです。
  • 深在性汗疹(しんざいせいかんしん)
    赤みやかゆみなどはありませんが、深在性汗疹ができることによって体内に熱がこもり、熱中症を引き起こすことがあります。

症状2:汗荒れ

汗荒れをご存知でしょうか。あせもは大量に汗をかくことでできますが、汗荒れは汗ばむぐらいの少量の汗でも起こる肌荒れです。汗に含まれる塩分をはじめとするミネラルが肌を刺激して、かゆみを引き起こします。

汗荒れの怖いところは、汗が原因だとなかなか気がつかないところ。原因が汗とわからずに放置して悪化させてしまう人が多いようです。外的刺激から肌を守るバリア機能が低下しているときに起こりやすい症状です。

▼バリア機能について詳しく見る▼
健康的な肌に必要な「バリア機能」に迫る

あせも・汗荒れが引き起こす肌トラブル

汗にまつわる肌トラブルは、汗が原因とわからずに過ごしていることが多いようです。こんな症状があったら、まずは汗を疑ってみましょう!

肌トラブル1:かゆみ

汗が引き起こす肌トラブルの代表的な症状が、かゆみです。かゆみに耐えられずかきむしってしまうと、肌を傷つけてしまってそれがまた別の肌トラブルを引き起こすきっかけに。かゆみは正常な肌では起こらない症状です。少しでも感じたら原因を探るようにしましょう。

肌トラブル2:ニキビ

夏にニキビが増えるという人、汗をかいたときに、ふき取らないで馴染ませてしまうことはありませんか?汗はほてった身体を冷やす目的もあります。汗の主成分である水分の気化熱で体温を下げるのですが、その時に一緒に肌の水分も奪ってしまいます。

水分量が不足した肌はバリア機能が低下して、汗に含まれる塩分や尿素、雑菌などが毛穴に侵入しやすくなってニキビができやすい環境を作り出します

▼ニキビに困っている方はこちら▼
【最短ニキビ改善】男の大人ニキビの原因と改善方法を徹底解説

肌トラブル3:乾燥

前途の通り、汗はほてった身体を冷やす目的もあります。汗の主成分である水分が気化する時に、一緒に肌の水分も奪ってしまうのです。それに加えて汗をハンカチやタオルで拭きとると、汗と一緒に肌に必要な皮脂まで吸収されてしまいます。肌の水分と皮脂が少なくなる=肌の乾燥につながります。

▼乾燥肌の改善方法はこちら▼
【最短で改善】顔から白い粉が噴き出す肌の乾燥。原因と効果的な治療法とスキンケア方法を解説

肌荒れの原因となる、あせも・汗荒れ対策

汗は天然の化粧水と言われるように、肌にとってよい働きをすることも事実です。角質層に水分を補給し、バリア機能高めて、肌のpH値の調整をする役割があるからです。

でもこれは無意識のうちに発汗する不感知発汗の場合。汗をかいていることが自覚できる汗には、適切なケアが必要です。

対策1:こまめに汗を拭き取る

少量の汗でも汗荒れを起こしてしまうという事実。汗をかいたら、すぐ拭き取るということを習慣づけましょう。

この時は乾いたタオルよりも水で濡らしたタオルの方が、汗の成分をよく拭き取れます。また首まわりはシャツの襟が当たる部分なので、あせもや汗荒れができてしまうと悪化しやすい場所です。顔だけでなく首まわりも意識して拭き取りましょう。

対策2:拭き取る時は優しく

拭きとるときは、押さえるように優しく!がポイントです。ゴシゴシ拭いてしまうと肌が傷ついてしまい、バリア機能の低下につながります。肌のバリア機能が低下してしまうと、ニキビや乾燥などの様々な肌トラブルを引き起こします。

対策3:エアコンを強くしすぎない

外から帰ってきた時、汗を引かそうとして強いエアコンに当たりに行っていませんか?気持ちはよくわかるのですが、エアコンのような乾燥した空気は肌から水分を奪います。

汗は落ち着いてゆっくり自然とひくのを待ちましょう。

対策4:制汗剤の使いすぎには注意

汗を抑える便利アイテムとして、制汗剤を使っている人も多いのではないでしょうか。制汗剤の「流れている汗を抑え込む働き」は、決して自然な現象ではありません。強引に汗を封じ込めるアイテムなので、使いすぎると身体の機能に支障が出る可能性があります。

「今、汗をかいた方がいい」と身体が判断して汗は出てきます。出る汗は自然に流して、こまめに汗を拭き取るようにしましょう。

まとめ

  • 近年の猛暑で大人の汗トラブルが急増中!少しの量の汗でも汗あれを引き起こす。
  • 夏に「肌がかゆい」「ニキビができた」などの自覚があったら、汗トラブルを疑おう。
  • 汗は自然現象。無理やり止めようとせずに、流れ出た汗をしっかり拭き取るようにしましょう。

参考:
・eo健康 猛暑で急増中!大人の「あせも(汗疹)」
資生堂 ときどき敏感肌研究所
読売新聞 ヨミドクター 少しの汗でも肌荒れ注意

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。