【老け顔改善】老け顔の特徴や原因と今すぐできる対策法

 

老け顔に見えてしまう男の特徴

「実年齢よりも年上に見られる。」

若い時は「落ち着いて見られるっていうことかな」とポジティブに思えましたが、そこそこいい年齢になってくると、そうも言っていられません。若々しく、せめて年相応には見られたいもの。実年齢よりも年上に見られてしまう、男性の老け顔についてフォーカスします。

目元やほうれい線による顔のシワ

世間で見られるおじいさんのイラストに必ず入っている、目元のシワやほうれい線。細かいシワは若い時にもできるものですが、目元や口元に表れる深く刻まれるようにできたシワが目立つようになると、ぐっと老け込んだ印象になります。

▼シワの出来る原因と改善方法を詳しく知りたい▼
男性肌特有のシワとは?シワの原因から正しい対処法までを余さず解説

くまやくすみによる透明感のない肌

手入れをしないシルバー製品が黒ずんで透明感がなくなると、どことなく古い印象を持ちますよね。それと同様に人間も目元が暗かったり、顔全体がくすみんで肌の色が沈んでいたりすると、疲れた印象を与えて実年齢よりも年上に見られる原因に。

▼くまやくすみの原因から改善方法を詳しく知りたい▼
【肌のくすみ徹底解説】男性肌ならではのくすみの原因や改善のための化粧品選びのポイント

剃り残しが目立つ青髭

「髭の処理が甘い(青髭)=おじさん」という印象があるようです。今はそうでもないのですが、ひと昔のおじさんによく見られた特徴が今も残っているようです。また青髭で顔色がワントーン暗く見えてしまうことも原因のひとつと考えられます。

▼青髭の原因から改善方法を詳しく知りたい▼
【青髭解消でモテる男に】本当に効果のあった青髭対策方法4つを厳選紹介

皮脂による肌のテカリやベタつき

男性ホルモンは年齢を重ねていくことで徐々に減少していくとはいえ、40代、50代ではまだまだ分泌量が多い傾向にあります。若いうちは肌に透明感やハリもあり多少のテカリもカバーできましたが、30代以降のテカリは「ギトギトしている」という表現に変えられ、おじさん認定されてしまう要素になります。

▼テカリやベタつきの原因から解決方法を詳しく知りたい▼
■【男のテカリ徹底解説】意外とやってしまっていませんか?!テカリを悪化させるNG行動
■周囲に不快感を与える、ベタつきの原因から正しい対処法までを余さず解説

男性を老け顔にしてしまう原因

加齢は誰にでも平等におこる現象ですが、なぜ見た目年齢は人によって違うのでしょうか。原因をピックアップして紹介します。

バランスの偏った食事

塩分・糖質・脂質過多、ビタミン・ミネラル不足など、意識をしていないとバランスの偏った食事になってしまいがち。特にファストフードやコンビニ弁当、外食の多い方は要注意です。多すぎる糖質・脂質は、体内で分解されるときに過剰な活性酸素を発生させて、体内のビタミンCを大量に消費します。こうしてビタミンCが不足すると肌にも影響し、シワやたるみ、シミ、テカリなど、老け顔になる原因を作り出してしまいます。

過度なアルコール摂取

アルコールは肝臓で分解される時に、ビタミンB1、B3、葉酸などを使います。このビタミンB群は肌のターンオーバーを促す働きや皮脂分泌の抑制、肌荒れを防止する効果があります。大量のアルコールを分解するとなると、肌細胞で使われるビタミンB群が足りなくなり、くすみやテカリ、肌荒れを引き起こします。

喫煙習慣

喫煙習慣は、顔の表情を変えてしまうことで有名です。その顔は「スモーカーズフェイス」と呼ばれ、目尻や口の周りに目立つ深いシワ、くすんだ肌、乾燥した唇、歯や歯肉の変化、口臭などが特徴です。スモーカーズフェイスは年齢に限らず、喫煙習慣のある若い人にも見られます。これはニコチンの影響で血管が収縮されて肌に酸素を届けにくくなることと、ビタミンCが破壊されてしまうことが原因と言われています。

睡眠不足

健康的な肌を保つために必要な成長ホルモンは、就寝後1.5時間~3時間に分泌されると言います。睡眠時間が短い人、深い眠りにつけていない人は、成長ホルモンが分泌されにくく、肌の再生能力が低下していると言えるでしょう。そうなると見た目年齢だけがどんどん上がってしまうことに。

紫外線対策不足

「光老化」という単語を聞いたことがあるのではないでしょうか。太陽の光は私たちの肌を老化させる力を持っています。紫外線は肌の奥まで届いて真皮層にあるコラーゲンやエラスチンを変性させます。そうすると肌のハリや弾力が失われ、シワやたるみがどんどん進行します。メラニン色素も作り出されるので、くすみやシミの原因にもなります。日焼け止めクリームなどを使う習慣がない男性によく見られます。

間違った洗顔・髭剃り

何気なく行っている洗顔や髭剃りですが、実は肌にダメージを与えやすい行為です。きめ細かいたっぷりの泡で優しく洗顔をしていますか?髭にたっぷりの水を含ませてから髭を剃っていますか?間違えた洗顔や髭剃りは、肌に摩擦を与えて角質層を傷つけます。毎日行うことだからこそ、そのダメージが蓄積されると取り返しのつかないことに。

スキンケアへの意識の低さ

化粧水や乳液、日焼け止めクリームを使うといった習慣がない男性は、見た目年齢が加速しがち。男性は女性と比べると、肌の水分保持力が少ないという特徴があるので、洗顔後にしっかり化粧水や乳液を使って保湿してあげることが、若々しい顔を維持するポイントです。

次ページ:男性のための老け顔を対策

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。