男性こそ使うべき「日焼け止めクリーム」の効果と選び方

 

夏が近づきレジャーやバーベキューなど、外でのイベントを楽しみにされてる方も多いかと思います。

たのしいことが増える一方、肌にとって恐ろしい紫外線も増えてきます。日焼けしている男性はかっこいいという一面もありますが、そのつけは歳とともにシミやシワといった肌の老化として現れます。

年齢以上の老けているとみられてる人は、こういった紫外線の蓄積が原因かもしれません。

今回はそんな肌を老化させる紫外線対策の定番、日焼け止めクリームについて解説していきます。

日焼けが起きるメカニズム

降り注ぐ紫外線は、私たちの肌まで届き、細胞を変質させてしまいます。紫外線から細胞を守るために、肌は黒いメラニン色素を作り出して紫外線を吸収しようとします。

吸収することによって細胞へのダメージを軽減させようという、防衛反応です。この様にして強い紫外線に当たると、どんどん肌の色が黒くなっていってしまうのです。

▼肌を老化させる恐ろしい紫外線について詳しく知る▼

肌に与える影響とは?!「紫外線」について徹底解説

日焼け止めクリームによって防げる肌トラブル

日頃から日焼け止めクリームを使っているという男性は、少ないのではないでしょうか。でも実は、男性だからこそ日焼け止めクリームを使う習慣をつけた方がいいってご存知でしたか?その理由をご説明します。

■シワ

最近よく聞く「光老化」。これは紫外線を長時間、無防備に浴び続けると起こる、シミ、シワ、たるみなどが現れる老化現象のことを指します。

シワは真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどの肌のハリや弾力を保つ細胞が紫外線によって傷つけられてしまったから。紫外線の中でも真皮層まで届くことができるのは、波長の長いUV-A。

顔にシワが目立つようになると、老けた印象になりがち。しっかりガードして若々しい印象を保ちたいですね。

▼早くシワを治したい方必見の、シワに効果的な治療とスキンケアを方法を解説▼

■シミ

シミは、日焼けによるダメージが蓄積されると発生します。紫外線の中でも波長のUV-Bは肌の表皮まで届くことができます。このUV-Bが表皮細胞を刺激すると、肌を守ろうとしてメラニン色素が生成されます。

通常であれば肌のターンオーバーでメラニン色素は排出されるのですが、ターンオーバーが乱れがちになるとスムーズに排出されずにシミとなってしまいます。

目立つシミは、どうしても気になるもの。メラニンの生成を予防するのと同時にターンオーバーが正常に働くような生活を心がけましょう。

▼早くシミを治したい方必見の、シミに効果的な治療とスキンケアを方法を解説▼

【最短で改善】肌をまだら模様にしてしまうシミ。原因と効果的な治療法とスキンケア方法を解説

■乾燥

真皮まで届くことができる紫外線は、それよりも手前にある肌表面や角質層にもダメージを与えます。そうなると角質層では水分を保つことができなくなり、肌のバリア機能が低下してしまいます。

肌のバリア機能が低下してしまうと、肌の水分も蒸散しやすくなり、さらに肌は乾燥しやすい状態に。乾燥した肌はシミやシワ、肌荒れなどのトラブルを引き起こしやすく、老けた印象にもつながります。

▼早く乾燥肌を治したい方必見の、乾燥肌に効果的な治療とスキンケアを方法を解説▼

日焼け止めクリームの選び方

いざ日焼け止めクリームを買おうとしてみると、実に多くの種類があって、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。日焼け止めクリームを選ぶときに最低限チェックしたい項目を紹介します。

1.SPF/PA値

まず知っておきたいのは「SPF」や「PA」という値について。

SPF:肌への影響が強いUV-Bを防ぐ効果指標。1~50+までの数値で表され、数値が高いほど防御効果が高い。

PA:肌の奥まで届き、細胞を変性させるUV-Aを防ぐ指標。4つの+で表され、+の数が多いほど防御効果が高い。

UV-Aは肌の真皮まで届き、コラーゲンやエラスチン、繊維芽細胞といった肌のハリや弾力を保つ細胞を破壊します。シワやたるみを気にする人は、PAの値をしっかり確認するようにしましょう。

またUV-Bは日焼けのようなメラニンを生成させる原因となる波長です。日焼けやシミなどのトラブル対策はもちろんですが、何よりもUV-BはDNAを損傷させてしまうので皮膚ガンの原因とも考えられています。

SPFの値は必ず確認して、しっかり対策をするようにしましょう。

2.含まれる有効成分

日焼け止めクリームにはふたつのタイプがあります。タイプによって肌への負担が大きい、少ないという違いはありますが、自分の肌に合ったものを選ぶことが重要です。

紫外線吸収剤 紫外線散乱剤
特徴 肌表面で紫外線を吸収し、エネルギーに変えて放出する 肌表面で紫外線を跳ね返し、紫外線が肌へ透過することを防ぐ
メリット 防御力が高い ノンケミカルで肌に優しい。効果が長持ちしやすい
デメリット 肌への負担が大きく、アレルギー反応が出やすい
成分 t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン(主にUV-Aを吸収)
メトキシケイヒ酸エチルヘキシル(主にUV-Bを吸収)
オキシベンゾン-3(UV-AとUV-Bの両方を吸収)
酸化チタン
酸化亜鉛

 

3.日焼け止めクリームの種類

今は様々な剤型の日焼け止めが販売されています。使う季節やシーン、使い心地によって、使い分けることもお勧めです。

種類 特徴 オススメの人
クリーム 保湿力、肌への密着度が高い
耐水性にも優れる
長時間、外で活動する人
海などの水辺のレジャーへ行く人
ローション 軽い使い心地で使いやすい
日焼け止め特有の匂いがしにくい
生活紫外線を防ぎたい人
手軽に使いたい人
スプレー 手が汚れない
手の届きにくい場所へも使える
外出先で塗り直したい人
日焼け止めのベタつきが気になる人
ジェル 白浮きせず目立ちにくい
日焼け止め特有の匂いがしにくい
生活紫外線を防ぎたい人
日焼け止め特有の匂いが気になる人

 

正しい日焼け止めクリームを使い方

日焼け止めを選んだら、次は正しい使い方をマスターしましょう。1日1回しか塗っていない、という人は必見です!

1.こまめに塗り直す

日焼け止めクリームは、何よりもこまめに塗り直すことが重要です。日焼け止めクリームの有効成分は、汗をかいたり、顔を触ったりすると簡単に落ちてしまいます。そうすると効果も半減してしまいます。

理想は2~3時間ごとに塗り直すこと。そうは言っても、忙しい時などは中々難しいもの。それでも1回塗ったから大丈夫!という意識は捨て、汗をかいた時やハンカチやタオルで顔を拭った時などは意識して塗り直すようにしましょう。

2.塗る量は500円玉大の量を目安に

日焼け止めクリームをは普段どれくらいの量を使っていますか?100円玉大くらいの量で済ませている方も多いのではないでしょうか。

日焼け止めクリームを効果的に使う適正量は「1㎠当たり2mg」と言われています。これは目視量でいうと大体500円玉大程度。

実際に出してみると、多いと感じるかもしれません。ただこれくらいの量でないと、日焼け止めクリームの効果が発揮できません。塗るときはこすらずに、肌へ優しく乗せるようなイメージで使うようにしましょう。

3.きちんと日焼け止めクリームを落とす

日焼け止めクリームは、効果が高いものほど肌への負担は大きいです。肌に残ったまま寝てしまうと、それが原因となって肌が荒れてしまうことも、よく聞く話です。

でも日焼け止めクリームが肌に残っているかどうかを、目で見て判断することができません。気をつけてもらいたいのは、「女性へ向けたの日焼け止めクリームはクレンジングで落とすことを推奨されているものがある」ということです。普段化粧をしない男性は、クレンジングを使用することはありません。

対して、男性用の日焼け止めクリームは、その点を考慮して作られているので、石鹸や洗顔フォームで落とすことのできるものが多いです。また男性の肌ならではの皮脂対策も考えられていることが多いので、男性用の日焼け止めクリームを使うことをお勧めします。

まとめ

  • 日焼け止めクリームは日焼けを防ぐだけでなく、シミ、シワ、乾燥、皮膚ガンなどの予防にもなる
  • 日焼け止めクリームの効果を最大限に引き出すには、こまめな塗り直しと使う量がポイント
  • 男性用の日焼け止めクリームを使えば、洗顔フォームで落とすことができる

男性の肌を美しく保つ、有効成分に関する記事はこちらからチェック

▼ビタミンC誘導体の詳しい記事はこちら▼

男の美肌に必須の有効成分ビタミンC誘導体。その効果と正しいスキンケア方法を解説

▼セラミドの詳しい記事はこちら▼

男の引き締まり肌に必須の有効成分セラミド。その効果と正しいスキンケア方法を解説

▼ヒアルロン酸の詳しい記事はこちら▼

男の肌の潤いを保つヒアルロン酸。その効果と正しいスキンケア方法を解説

▼コラーゲンの詳しい記事はこちら▼

男の肌の乾燥やシワを防ぐ有効成分コラーゲン。その効果と正しいスキンケア方法を解説

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。