ストレスが引き起こす、大人の肌荒れ原因から正しい対処法を解説

 

肌荒れといってもその症状は様々。症状が目立つニキビやシミで悩んでいる人もいれば、しわやたるみといった年齢以上の見た目にしてしまう症状など、人それぞれ持っている悩みは違います。

では、肌トラブルが違えば改善策や予防策はちがうのでしょうか?答えはNo!基本的にすべての肌トラブルは正しいスキンケア用品で正しいスキンケア方法に取り組むことで、解決することができます。正しい知識と正しい方法を知っているかどうかで、あなたのこれからの見た目に大きく左右してきます。

いつまでも若々しく爽やかな肌で、良い印象を与えたい人に必見の内容となっています。ぜひ参考にしてみてください!

▼シワに効果的な治療とスキンケアを方法を解説▼
【男の肌荒れ予防】肌荒れの原因と自宅でできるスキンケア方法

男性ならではの肌荒れの症状

男性の肌は過剰な皮脂分泌によってベタつきやすく、水分蒸散量が多いため肌内部は乾燥しやすいという特徴を持っています。そんな男性が悩まされる肌荒れの特徴をピックアップしました。

1.大人ニキビが治らない

男性の肌は過剰な皮脂と厚い角質層によって、女性に比べてニキビができやすい環境です。治ったと思っても、食生活やホルモンバランスが少し乱れるだけで、またすぐにニキビができてしまいます。

さらにこのニキビが化膿して白ニキビや赤ニキビになると、パッと見てすぐ「大きなニキビができてるな」とわかる、人が意識しやすい肌荒れの原因となるのです。

2.赤み肌が目立ってしまう

見ているだけで、なんだかヒリヒリしそうな肌の赤み。皮膚が薄く、炎症を起こしていることが原因です。男性はシェービングの際に少なからずバリア機能を果たすうるおいや、角質層の表面を削ってしまいます。

肌のバリア機能を失い、むき出し状態となった肌は、乾燥しダメージを受けて炎症を起こしやすくなります。 

肌荒れが起きてしまう大きな原因

肌荒れを起こさないようにするには、まずは原因を知ることからはじめましょう。

大人ニキビは皮脂・角質・乾燥・ストレスが引き起こす

大人ニキビは乾燥によって剥がれやすくなった角質が毛穴に詰まり、皮脂が毛穴内に溜まってアクネ菌が繁殖してしまうことでできます。

さらにストレスや栄養バランスの偏りでホルモンバランスが乱れてしまうと、よりニキビのできやすい肌の環境となってしまいます。こうなると一度治っても繰り返し再発する可能性も高まり、なかなか治らない大人ニキビに悩まされるようになります。

肌のカサつきは、角質層のうるおい不足

肌がカサカサしていたり、粉っぽかったりする肌荒れは、乾燥によって肌のキメが乱れていることが原因です。まずは化粧水などを使って角質層をうるおいでしっかり満たしてあげましょう。その後に、うるおいが逃げないように乳液などで蓋をしてあげることが改善への近道です。

肌のゴワつきや皮めくれは、紫外線が関係している

紫外線は日焼けだけでなく、私たちの肌に様々な影響を及ぼします。紫外線を浴びるとダメージから少しでも肌を守ろうと防御反応が起こり、角質層が厚くなります。厚くなった角質層は、うるおいが十分でないことが多く、キメが乱れてゴワついたり皮がめくれてしまうような肌荒れが起こります。  

男性の肌荒れの治し方

荒れた肌ときちんと向き合うことができれば、きれいに治すことができます。諦めないで根気よく取り組みましょう。

正しいスキンケアを習慣にする

不要な皮脂や角質を洗顔で落とし、水分をしっかり肌に与え逃がさないようにする。これがスキンケアの基本です。そしてこれを毎日継続してできていれば、外的要因で肌荒れが起きることはありません。そのためには自分の肌に合ったスキンケア用品を選ぶことや、使い方をマスターすることも重要です。

▼動画で分かりやすくスキンケア方法を解説している関連記事▼
【基礎から学ぶ】男のスキンケア方法

ターンオーバーを正常化して、健康的な肌をつくる

ターンオーバーとは肌の細胞が生まれ変わる新陳代謝のことを指します。ターンオーバーは約28日周期で行なわれていると言われ、荒れた肌も生まれ変わりをサポートすることで、徐々に健康的な肌となっていきます。

ターンオーバーの周期が長くなると古い角質が肌に溜まり肌荒れを起こす原因となり、短くなると細胞が未熟で機能せずトラブルの原因につながるので、正常な周期を保つようにしましょう。

以下の点は男性が間違った知識として実践している人が多いので注意しましょう。

  • 洗顔のしすぎ
  • 強い成分のスキンケア用品を使っている
  • 紫外線ダメージを受けている

などはターンオーバーのサイクルを短くする原因にもなるので、心当たりがある場合は控えるようにしましょう。

栄養バランスを見直す

大人の肌荒れは内的要因が原因となっていることも多いです。それを改善するには、まずは栄養バランスを考えることが大切です。

肌にとって大切なビタミンやミネラルが摂取できているか、食生活に偏りがないか、今一度見直してください。健康的な肌の維持には以下の3つの栄養素を積極的に摂取していきましょう。

■ビタミンC

美肌に絶大な効果があると言われているビタミンC。メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぐ役割や、コラーゲンの生成を促進する効果、疲労回復にも関わっている、生きていく上で欠かせないビタミンです。体内で生成することのできないビタミンなので、積極的に食事で取り入れていきましょう。赤・黄パプリカやブロッコリー、じゃがいもやさつまいも、キウイフルーツやグレープフルーツに多く含まれます。

■ビタミンE

ビタミンEには強い抗酸化作用があり、シミやしわ、たるみなどの肌悩み改善効果が期待できます。その他、生活習慣病の予防や血流促進など、身体にとって嬉しい効果がたくさんあります。ビタミンEはピーナッツやアーモンドなどのナッツ類、かぼちゃ、ほうれん草、アボカドに多く含まれているので、意識して食べるようにしましょう。

■ビタミンB群

肌のターンオーバーをサポートし、肌の機能を高めるビタミンB。脂肪や糖質を分解したり、タンパク質の合成や新陳代謝を高める効果のある、人間の生命活動には欠かせないビタミンです。ビタミンB群は豚肉をはじめ、レバー類に多く含まれます。積極的に摂取して、若々しい肌と身体を維持しましょう!

▼肌と食事の関係について▼

二度と肌荒れで悩まないためのケア・予防対策方法

肌荒れが起こらないようにするには、どうしたらいい?しっかり予防して、悩み知らずの健康肌へ。

1.肌のバリア機能を守る

外的刺激から肌を守り、肌内部の水分蒸散を防ぐ役割をしている、肌のバリア機能。

  • 角質細胞内の「NNF(天然保湿因子)」
  • 角質細胞の隙間を埋める「細胞間脂質」
  • 角質表面の「皮脂膜」

がこの役割を担っています。

男性はシェービングなどで角質表面を削ってしまうことがあるので、バリア機能が低下しがちです。肌をいたわるように、丁寧なケアを心がけましょう。

角質層にある細胞間脂質は、セラミドが配合されているスキンケア用品で補うことができるので、是非日々のスキンケアに取り入れてください。皮脂膜は強すぎる洗顔料を使うと、落としすぎてしまうので注意です。

また人肌以上の温度で洗顔をすると皮脂を必要以上に落としてしまうので、ぬるま湯ですすぐようにしましょう。

▼肌のバリア機能とは?▼

2.日焼け止めを使って、紫外線を防ぐ

紫外線は角質肥厚を起こしたり、日焼けによって肌が炎症を起こす原因になるので、しっかり防ぐ習慣をつけましょう。それには日焼け止めを使うことが一番簡単です。その際には男性用の日焼け止めを使うようにしてください。

女性用の日焼け止めはクレンジング剤を使って落とすことが前提で作られている商品もあります。男性用の洗顔料では落としきれず肌に残ってしまうと、それがまた肌荒れの原因となってしまいます。洗顔料だけで落とせる、皮脂にも耐久性のある男性用の日焼け止めを使うようにしましょう。

▼紫外線と日焼け止めクリームについての関連記事▼

3.バランスのよい食生活を心がける

大人の肌荒れは内的要因も深く関係しています。健康的な肌を維持するには、ビタミンやミネラル類は欠かせません。一人の生活が長く続いたり外食が多かったりすると、どうしても野菜や果物を食べる機会が減ってしまいます。

まずは食生活を見直し、意識して野菜を食べるようにしてください。プチトマトは手軽につまめて、ビタミン類も豊富なのでお勧めです。それも難しいようであれば、サプリメントなどで補給するのも選択肢のひとつです。

肌荒れがひどくなるNG行動

もはや常識?肌が荒れてきたと感じたら、まずは日頃の行動から気をつけていきましょう。

睡眠不足は肌荒れを助長させる

寝ている間に成長ホルモンが分泌されることは、よく知られている話です。この成長ホルモンは

  • 皮膚組織の修復や再生
  • 角質層や皮下細胞の水分維持
  • ターンオーバーの促進

など、健康的な肌を維持するために必要不可欠なものです。

睡眠後3時間後くらいから成長ホルモンは分泌されると言われているので、短い睡眠だと十分に成長ホルモンが分泌されずに、肌荒れが改善することはありません。

▼睡眠と肌の関係について▼

2.ストレスを溜める

ストレスが溜まると自律神経が乱れ始めます。自律神経とは末梢神経のひとつで、身体の隅々にまで張り巡らされ、内臓器官にもつながっています。この自律神経が乱れると、血管が収縮して身体の巡りが滞ります。そうなると栄養素が肌細胞にまで十分に届けられず、生み出す力が衰え、老廃物も溜まり、肌荒れが進行してしまいます。

またストレスは体内で活性酸素を生み出し細胞を傷つけるので、肌が荒れてしまう原因にもなります。

▼ストレスと肌の関係について▼

3.シェービングによる肌への刺激

男性の身だしなみでもあるシェービングなので、肌荒れを治したいなら髭を剃るな!とまでは言えません。しかし多かれ少なかれ肌を傷つけていることは事実です。まずは肌に負担をかけないようなシェービング方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

髭は水を含ませることで柔らかくなり膨張するので、肌にかかる負担を軽減できます。またカミソリを肌に当てるときは、シェービングクリームや泡立てた洗顔料を潤滑剤として使って、ダメージを最小限に留めましょう。

また休日はシェービングをせずに肌を休ませてあげることもお勧めです。

▼肌に優しい髭剃り方法▼

肌荒れ対策のスキンケア用品を選ぶ際に着目すべきポイント

しっかり肌荒れ対策をしたいなら、使うスキンケア用品にもこだわりましょう。

セラミド配合の化粧品は、肌のバリア機能を取り戻したい人のマストアイテム

肌荒れの大きな原因のひとつは、肌のバリア機能の低下による乾燥です。角質層にあるNMF(天然保湿因子)とセラミド、肌表面にある皮脂膜が、肌のバリア機能の役割を果たしています。セラミドは角質層に存在する細胞間脂質のひとつで、化粧品で補うことが可能です。

まずはセラミド配合の化粧品で肌に十分なうるおいを与え、肌のうるおいを保つことが大切です。

▼セラミドの詳しい記事はこちら▼
男の美肌に必須の有効成分セラミド。その効果と正しいスキンケア方法を解説

保水力の高いヒアルロン酸を配合した化粧品

肌が乾燥していると、かさつきや大人ニキビを引き起こしてしまいます。だから肌荒れを治すには、とにもかくにも保湿が大事です。化粧品に含まれているヒアルロン酸は保水力が高いことが特徴。肌に浸透はしませんが、肌表面でうるおいを保つ働きをします。

ビタミンC誘導体配合の化粧品でターンオーバーを促進させる

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCの成分を効果的に肌へ浸透させるように改良したものです。ビタミンCには新陳代謝を促進させる効果が期待されているので、ターンオーバーの周期が長くなってきた人にお勧めです。また活性酸素を抑える抗酸化作用もあるので、ストレスを感じている人も積極的に取り入れてください。

▼ビタミンC誘導体の詳しい記事はこちら▼
男の美肌に必須の有効成分ビタミンC誘導体。その効果と正しいスキンケア方法を解説

まとめ

肌荒れで悩んでいるといっても、その症状は人それぞれ。しかし肌荒れが起きる原因自体に大差はありません。ほとんどが普段の生活から来る内的ストレスと紫外線やシェービングといった外的ストレスといった単純なものです。これらは普段から正しいスキンケアに取り組み生活習慣を改善すれば、十分可能になります。

簡単に今日からできることをまとめてみました。

  • ストレスや食事といった普段の生活に気を配る
  • ビタミンC誘導体やヒアルロン酸といった、肌に良い成分が配合されたスキンケア用品を取り入れる
  • 紫外線予防のために日焼け止めクリームを使う

今回網羅的に肌荒れに関する内容を知ることができたと思います。正しい知識をもとに正しい対処法でスキンケアに取り組むことで、いつまでも若々しい印象を与える肌を手に入れることができます。

今日からできる内容も多かったはずです。ぜひ早めのスキンケアに取り組んで行きましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。