search

BULK HOMME流・ハンドケア虎の巻(THE HAND JELLY)

2018/01/29

人の年齢は手に表れるというぐらい、その人の生活が表れるといっても過言ではない「手」。


人の目に触れることも多い手は、その人の印象を決めてしまうこともあるぐらい大事なパーツです。

 
男性の好きなパーツは?という女性への恒例の質問にも、常に上位にランクインするほど重要なパーツを、皆さんどのように扱っていますか?


気にはなるけど、あまり意識していないという男性の方が多いのではないでしょうか。
 
しかし、日常生活で使う頻度の多い手はストレスのかかることも多い繊細なパーツでもあります。
ですので、毎日しっかり状態をチェックして、ケアすることをオススメします。


ハンドケアと言われれば、思い浮かべるのはハンドクリーム。

女性にとっては、日頃のハンドケアに必須のアイテムですが、男性からの印象は
・ベタベタしてて気持ち悪い
・スマホが汚れる
・すぐにキーボードに触れられない
・香りが強い

など、良い印象を持ってない方も多くいます。
 
今回は、そんな悪いイメージを一気に吹き飛ばすBULK HOMMEのハンドケアアイテム““THE HAND JELLY”(ハンドゲルクリーム)”の効率の良い使い方をご紹介いたします。
 

BULK HOMMEは「男性にとっても満足度が高い使用感」かつ「効率的に保湿できる方法」を組み合わせたハンドケアアイテムを研究開発し、辿り着いたのが「アイスクラッシュゲル」(形状記憶ゲル)でした。

 

「アイスクラッシュゲル」とは、水分を多く包容したゲルを手になじませることで、ゲルから水が放出(クラッシュ)され水状に変わるというもの。
「アイスクラッシュゲル」のおかげで、さらっとした塗り心地ながら、しっかりとした保湿力が実現しました。


 
【STEP】
“THE HAND JELLY”(ハンドゲルクリーム)を清潔な手に1~1.5cm程度取り、なじませてください。
手全体に伸ばしていくと、ジェリーが徐々に水状に変化し、角質層に浸透していきます。


指先や爪のまわりにもしっかりなじませることで、乾燥からくるささくれや爪の割れ予防に繋がります。


手になじませた瞬間、ジェリーがとろけるように広がり、水に変わる新感覚を体感できると思います。


手の平と手の甲の性質の違いを計算し、必要な場所に必要な保湿感を届けて長時間潤いをキープします。


肌になじんだ後は、肌表面のベタつきが消えて、自然な保湿感を持続する「いいとこ取り」のアイテムです。

 

「男性は手のひら、女性は手の甲」 
何の話かというと、ハンドクリームを手に取る場所です。

ハンドクリームを塗る時、驚いたことに男性と女性とで塗り始める場所に違いがある事が多いのです。
 
女性は、手の甲と甲を使ってなじませるのに対して、男性は、手のひらとひらでなじませようとする人が多いようです。

 

「ハンドクリームはベタベタして気持ち悪い」と感じる男性が多い原因は手のひらに取り、それを手のひらで広げ、クリームをなじませようとしていることにあるのかもしれません。
 
BULK HOMMEがオススメしたいなじませ方は、まず、手の甲に取り、手の甲と甲で広げてもらうことです。


ある程度なじんできたら手のひらもなじませる流れに。
そうする事でベタつきを感じずに気持ちよく手になじませる事ができるはずです。
 


全く新しい“THE HAND JELLY”(ハンドゲルクリーム)で、自由にハンドケアを楽しんで下さい。