search

ベタつかない男の乳液(THE LOTION)

2018/01/21

スキンケアをしていますか?

という問いかけに対し、洗顔をしている人が100だとしたら、化粧水もつけている人は40、ましてや乳液までしている人は10まで減るそうです。

※2017年12月 ネオマーケティング調べ  n=1200

 

乳液。あなたはつけていますか?

 

スキンケアの 3STEP 「守る」の役割を持つ乳液。

紫外線や乾燥などの外的ストレスから肌を守り、肌の内側の水分を必要以上に蒸発させないためのバリア機能を、疑似で作れるのが乳液です。

 

せっかく洗顔して汚れを落とし、化粧水で潤いを与えたのに、それを守るものがなければすぐに水分が蒸発してしまうため、欠かさず使ってほしい乳液ですが、人によってはあまり良いイメージがないみたいですね。

 

大きな原因としては、重くてべたつくから。

 

いくら乳液が『水分と油分をコントロールするために必要なアイテム、疑似皮脂膜を作るアイテム』といっても、乳液特有のベタつきを経験してしまうと、使うのが億劫になるようです。

 

そこで、そんなイメージを払拭し、男性でも日常的に使えることを考えたのが、“THE LOTION”(乳液)。

 

 

しっかりと潤いを与え、肌を乾燥ダメージから守りながら、ベタつきや重さを感じさせない。

 

男性が乳液にもつイメージを払拭し、肌ストレス(※2)からも使用するストレスからも解き放たれることを意識した乳液です。 (※2): 乾燥によるトラブルの原因

 

・・・ 開発のこだわりを CHECK! ・・・

 
1.サラサラな肌感触
潤い成分をたっぷり配合しながらも、サラサラな肌触感を出すため、ベタつきを感じにくい保湿剤を選択しました。

2.肌柔軟化
人の皮脂構造に近い“スクワランオイル”が角質層で疑似バリアを作り、乾燥ダメージから肌を守ります。

3. バリア機能をサポート
肌に含まれる保湿成分の天然保湿因子を含む「黄金まゆ」のエキスが、保湿と皮脂膜形成の働きをして肌のバリア機能をサポートします。

 

・・・ 開発者の声を CHECK!  ・・・

 

“THE LOTION”(乳液)は、「肌にとって最適な水分&油分バランスを供給する」ことをコンセプトに研究開発しました。

 

乳液は肌ケアの中でとても重要な役割を果たします。ですが、乳液特有のベタつきをクリアしなければ、男性が使いやすい製品にはなりません。


そこで、保湿力などの機能面を充実させながらも、「サラッとしていてべたつかない」ということが、“THE LOTION”(乳液)の必須条件になりました。

 

潤い成分をたっぷり配合しながらも、サラサラな肌触感を出すためには、0.1%以下での成分比率調整が必要でしたが、多くの試行錯誤を繰り返す中で、べたつきを感じにくい保湿剤を選択して、なんとか完成させることができました。

 

また“THE LOTION”(乳液)には、有効成分を肌内に送り届ける美容液の役割も持たせています。

 

乳液は水分と油分をコントロールするために必要なアイテムですので、毎日使用することで肌状態を整えることができます。

 

 

・・・ 全製品配合 肌のベースを整える、7つの共通成分  ・・・

 

肌本来の美しさに働きかけるため、肌を目覚めさせ水分バランスを整える成分に着目して、BULK HOMMEでは全ての製品に7種類の素材を共通美容成分として配合しています。

 

①リンゴ果実培養細胞エキス:保湿・整肌
②温泉水:保湿
③グリセリルグルコシド:保湿
④加水分解シルク:保湿
⑤チャ葉エキス:整肌
⑥ユズ果実エキス:整肌
⑦セイヨウシロヤナギ樹皮エキス:整肌

 
そして、乳液である“THE LOTION”(乳液)には、こだわり成分として
「クレイミネラルズ:洗浄」「スクワラン:保湿」されています。
 
クレイミネラルズによって水分を残しながら皮脂に含まれるオレイン酸を吸着し、スクワランによる擬似バリア機能で肌を乾燥から守ります。
 
だから、“THE LOTION”(乳液)は乳液なのにサラサラな肌感触。
これなら日常的に乳液を使い、スキンケアの 3STEP を習慣にすることができるのではないでしょうか。
 
「洗う」「潤す」「守る」 なにごとも基本が大事ですからね。
 
独自設計の“THE LOTION”(乳液)を使って、ベーシックなスキンケアを行いましょう。