モテる男の必須条件「清潔感」を手に入れるために気を付ける13のポイント

 

男の清潔感とは?

女性に「好きな男性のタイプは?」と聞くと、必ずと言っていいほど「清潔感のある人」という条件が入ります。

恐らくほとんどの男が、ほぼ毎日お風呂に入り、髪・顔・歯を洗って、きちんと洗濯された服を着て生活していると思います。(もししていないようであれば、今すぐやりましょう!)決して不潔ではないのに、なぜ女性は「清潔感」ということを強く主張するのでしょうか。女性が感じる「男の清潔感」とは何なのでしょうか。実は見せ方にコツがあったのです。

今回は清潔感のある男になるためのポイントを詳しく紹介します。

ここを押さえろ!清潔感を感じさせるポイントとNGポイント

「清潔にしている事実」と「清潔感がある」ということは、同じようでいて実はまったく違うもの。清潔感は見せ方のポイントさえ押さえれば、誰でもすぐに身につけることができます。

1.外見

■髪

クセ毛でも薄毛でも白髪でも、きちんと手入れが行き届いていることがわかれば、清潔感があると思われるようです。短髪は少し髪が伸びると形が崩れてしまうので、意識してカットするようにしましょう。トレンドを取り入れて極端なヘアアレンジにしてしまうと、清潔感が損なわれてしまう原因にもなりかねないので気をつけましょう。

OK NG
前髪が目にかからないようにする 伸ばしっぱなしのヘアスタイル
えり足は短めにする フケが目立つ
こまめにカットする ベタつきがわかる

▼正しいヘアケア方法はこちら▼

■肌

清潔感をアピールするなら、肌を綺麗に見せることが大切です。清潔感のない肌は「触りたくない」「なんだかくさそう」「生理的に無理」と辛らつな意見が多くみられます。日頃から正しいスキンケアを行っていれば、自然と清潔感のある肌に育っていくので難しいことではありません。スキンケアをしていなかった人は、今すぐ始めましょう。

OK NG
血行がよくくすみがない ニキビが多い
肌表面が滑らか テカっている
みずみずしくうるおっている 青髭が目立つ

▼美肌になりたい方▼

■ヒゲ

ヒゲは渋くておしゃれですよね。ヒゲが好きな女性もいますが、清潔感につながるかというと微妙なところ。女性にヒゲについてのアンケートを実施したところ、ヒゲをあまりよく思わないと思う女性は、なんと全体の85%!(※マイナビウーマンより 有効回答数133名)理由としては「清潔感がないから」という回答がもっとも多い結果になりました。またヒゲを剃った後にカミソリ負けで赤くなってしまったり、切れてしまっていたり、青髭が目立ってしまうと清潔感がなくなってしまう原因となるので気をつけましょう。剃り残しにも要注意です!

OK NG
ヒゲは生やさない カミソリ負け、剃り残し、青髭が目立つ

▼肌に優しい髭剃り方法はこちら▼

■歯

マウスケアは歯の健康はもちろん口臭にも関わってくることなので、清潔感を狙うなら決して外せないポイント。やはり白く輝く歯は清潔感に直結しますが、総セラミックのような不自然な白さだと逆効果。自然で健康的な色を保つようにしましょう。喫煙家やコーヒーや紅茶、赤ワインなど、着色の強いものを嗜む人は、知らずのうちに歯が黄ばんでいたということも。定期的なメンテナンスは欠かさないようにしましょう。

OK NG
白い歯 歯が黄ばんでいる
歯茎が健康的なピンク色 銀歯が見える
歯並びがいい 歯がない

■爪

「さわる」という動作をする手の先端にある爪は、本能的に清潔感を求めてしまう部分。だからこそ女性はよく見ています。爪はとにかく短いことが条件。ただ痛々しい深爪になってしまうと清潔感から離れてしまうので、指の先端の肉ギリギリ程度に保つようにしましょう。全体的に長く伸びた爪は清潔感がありませんが、小指だけを長く伸ばしたり爪にゴミが入っていたりすると、それだけで不潔認定されてしまうので、気をつけてください。

OK NG
短い 長い
なめらかに整えられている 爪にゴミが入っている

■服装

第一印象で清潔感があるなと思わせるには、身だしなみがとても重要です。ただ、おしゃれ=清潔感がある、とはなりません。清潔感があると感じられる服装は、シンプルファッション。自分の体型にジャストサイズの服を着るようにしましょう。ほつれがあったりや糸くずなどがついているとだらしのない印象になるので、身だしなみのチェックは欠かさないように。また靴は汚れやすい場所ですが、ついてしまった汚れを放置していると清潔感からかけ離れてしまいます。手入れの行き届いた靴は男を格上げしてくれるアイテムでもあるので、上手に利用してください。

OK NG
ジャストサイズの服を選ぶ だぼっとしたゆるいシルエットの服
白を上手に使う ボロボロの靴

2.しぐさ

■身振り・ジェスチャー

髪の毛をよくさわる、貧乏ゆすり、口がいつも半開き、などは清潔感がないと感じられるしぐさの上位にあげられます。人と会うときは気を抜かず、いつもほどよい緊張感を保っている状態がよいかもしれません。また話しているときにせわしなく手を動かしたりするジェスチャーも、落ち着きがないという印象になるので気をつけましょう。

▼気を付けたい「おじさん」に見えるしぐさ▼

■言葉遣い

きつめの言葉遣いだと暴力的な印象が強く、清潔感が感じられません。またしゃべるスピードが速すぎると、どちらかというと品がない感じに。特別丁寧な言葉遣いにする必要はありませんが、相手のことを思いやって話すようにするとよいでしょう。

■食べ方

清潔感を語る上で、食事マナーは欠かせません。音を立てて食べる、食べ物を食い散らかす、箸の持ち方が汚いなど、清潔感を損なわせる要因が多く存在しています。自覚のある人は今すぐに対処しましょう。逆にマナーがしっかり身についていて食べ方が綺麗だと、育ちがいい印象を持たれて清潔感につながります。

3.エチケット・その他

■口臭

当然ですが、口臭が感じられる人に清潔感は抱きません。身だしなみにどんなに気を使っていたとしても、それをすべて覆す影響力があるのが口臭です。食事をした後のマウスケアは当然ですが、乾燥からくる口臭もあります。しばらく無言の状態が続いたり、飲み食いしない時間が続いたときは要注意。定期的に水を飲むようにして、口臭を防ぎましょう。ガムを噛んで唾液の分泌を促すのも効果的です。

■体臭

人間も動物ですから、体臭があるのは自然なこと。ただあまりにもきつすぎる体臭は、清潔感には結びつきません。自分の体臭は気がつきにくくケアも難しいかと思いますが、ひょっとして・・・と思ったらデオドラントスプレーなどを使って対策をするようにしましょう。汗をかく夏場は特に気をつけたいシーズンです。

■顔色・体調

清潔感が感じられる男に共通していることは、健康的であること!逆に考えてみると、顔色が悪く不健康そうな男は清潔感と縁遠いイメージですよね。つややかな顔色で丈夫そうな体は、清潔感のある男になるための最低条件とも言えるかもしれません。

■体型

太っていると自己管理ができていない、生活習慣病予備軍というイメージがあるので、だらしのない印象に。逆に痩せすぎていると不健康そうなイメージです。細めの体型で筋肉もほどよくついていると、爽やかなスポーツマンの印象が強くなり、より清潔感が感じられる男に近づけます。

▼男性におすすめの体型維持方法▼

まとめ

  • 清潔である事実=清潔感がある、ということではない。清潔感があるように見せることが大事!
  • おしゃれ=清潔感がある、ということではない。清潔感を出したいときは、ある程度の割り切りも必要。
  • ポイントを押さえれば誰でも清潔感があるように見せることができる!

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。