【男性の化粧はアリ?】メンズメイクに関する意識調査

 

近年、「ジェンダーレス」という言葉をよく耳にするようになりました。ジェンダーレスとは「男女の性差をなくそう」という考え方のことです。

「自分を美しく見せたい」「他人に良く思われたい」という気持ちは誰しもが持っているのではないでしょうか?しかし「スカートは女性が履くもの」「メイクは女性がするもの」などの固定概念により、男性が行動を制限されていることも少なからずあることも事実です。

近年テレビやSNSにより、「ジェンダーレス」という言葉は一気に広まりました。では実際のところ、どのくらい意識的には浸透しているのでしょうか?

今回、BULK HOMMEでは10~30代の男女300名を対象に「メンズメイク」に関する意識調査を実施しました。(※2018年9月実施 最新データ)是非ご自身の意見と比較して見てみてください。

Q. (男性に聞いた)自分自身の外見や肌について気になるところは?

※複数回答あり

こちらは男性にアンケートしました。年代を問わず、概ね何かしらの外見や肌の悩みを抱えているという結果となりました。全体としても「自分自身の外見や肌について気になることはない」と回答したのはわずか14%にとどまりました。

Q. (女性に聞いた)男性の外見や肌について気になってしまうところは?

※複数回答あり

今度は女性に同様の質問をしてみました。女性は男性に比べて普段からスキンケアの意識が高いせいか、男性の外見や肌について何かしら気になるところがあるという結果が顕著に出ました。なんと10代の女性は「男性の外見や肌で気になるところはない」と答えた方は0でした!女性の厳しい意見がある以上、男性も今まで以上に外見や肌に気を配っていきたいものですね。

Q. ではその肌や外見の気になることに対して今おこなっている対処法は?

※複数回答あり

グラフを見ると、過半数の方が日頃からのスキンケアで対処、予防しているという結果が出ました。実際に今メンズメイクを使用して対処しているという男性は全体でも15.5%にとどまりました。

Q.男性がメイクすることについてどのように感じますか?

※「メイク」とは肌の一部や眉毛などの部分的メイクを含めます。

※複数回答あり

ではメイクをしている男性に対して皆さんはどう感じているのか男性、女性それぞれの意見を伺いました。

意外なことに、女性の方がメンズメイクに対して否定的な意見を持つ方が目立ちました。普段からメイクを行う習慣のある女性にとっては、「メイク」と聞くとコンプレックスや悩みを「隠すメイク」というイメージより、女性のように「飾るメイク」のイメージが強いからでしょうか?しかし、全体でも大半の方がメンズメイクに関して好感を持っているという結果となりました。

Q. 男性がメイクをすることに対して「良いと思う」理由は?

※複数回答あり

男性の理由

男性で1番多かった意見は「清潔だと感じるから」。男性は見た目や雰囲気を重視した意見が多い結果となりました。大切な商談などビジネスシーンでは特に、男性には清潔さが求められることが多いためか、「見られること」への意識を重視しなければならない男性ならではの意見ではないでしょうか?

女性の理由

女性で1番多かった意見は「自分をよく見せるために努力しているから」。毎日メイクをしている女性だからこそ、メイクの大変さや難しさを理解しているので、メイクをする男性に対して好感を持ったというところでしょうか?また、約半数の女性が「綺麗に見えることはいいことだと思うから」と回答しています。こちらの回答をした女性は、男性の回答数に比べて約1.5倍でした。

Q. 男性に聞いた「今後メンズメイクをしてみたいか?」

こちらでは「余りメイクをしたいと思わない」と「メイクはしたくない」と答えた男性の方が64.7%にのぼり、一見するとまだまだ理解が浸透していないといった印象を持つかもしれません。

しかし、「今後メンズメイクをしたい」「するかは分からないが興味がある」と回答している男性が実に35.3%にものぼったということに、私は驚きました。

年代別に見る、メンズメイクへの興味関心

こちらは年代別だと大きく回答に差が出ました。

10代の男性はおよそ半数が「メイクをすると思う(したいと思う)」「メイクをするかは分からないが興味がある」と回答しているのに対し、30代の男性は44.8%の方が「メイクをしたくない」と回答しています。

若い世代になるにつれ、メンズメイクへの意識は高まっているようです。

Q. どの部位をメイクしたいと思いますか?

※複数回答あり

「メンズメイクをしてみたい」または「興味がある」と回答した方の中から、どの部位のメイクをしてみたいか?という質問に対しては上図のような結果となりました。ベースメイクが一番多く、過半数に当たる56.6%の男性がやってみたいとのことでした。やはりベースメイクで肌トラブルを隠したり、肌の色を均一にして清潔感を出したいという希望が反映されているように感じます。

次いで「目」という結果となりました。顔のパーツで一番印象を左右する「目」。日本では一重をコンプレックスに感じる人が多いこともあってか、目の印象を変えてみたいという男性が多い結果となりました。一重と二重とでは確かに印象の差が大きく出る部分ですので、男性もやってみたいという意見が多かったのではないでしょうか。

Q. どんなシーンでメイクしたいと思いますか?

※複数回答あり

回答の一番多かったのは「デートのとき」で56.6%となりました。やはりデートする際は、「かっこよく見せたい」「よく思われたい」と思うのは男性も女性も同じですね。

年代別分布

こちらは大きく年代別で回答に差が出ました。10代20代の第一位は同じ回答で「デートのとき」とのことでした。独身の男性も多いこの年代はデートの機会も多く、このような回答となったのではないでしょうか。

30代の最多回答は「証明写真を撮るとき」でした。肌に年齢が出始める30代は、写真だと肌がくすんで見えたり年齢以上に老けこんで見えてしまうものです。ですので、そのような場面でメンズメイクをしてカバーしたいという意見が多くあがりました。

年代で大きく差が出た回答は10代では18.2%ですが、20~30代では約半数になった「面接のとき」でした。新卒採用や転職など、面接の機会の多い20~30代男性にとって面接は身近なことであり、やはり「よく見せたい!」という勝負どころです。では逆に10代は18.2%に対して、20代は3.6%、30代はなんと0%だった回答が、「学校や会社に行くときなどの日常生活」でした。男性も毎日メイクをして生活しているという人もまだ少数ではあるものの、増えてきているようです。

まとめ

いかがでしたか?全体的にはメンズメイクというのは、まだまだ少数のようでした。しかし、少なからずニーズは年々広がりつつあり、近年ではメンズメイクのアイテムラインナップも増えています。大手老舗ブランドがメンズコスメを始める!ということで大きな話題になっています。そしてその広がりとともに、メイクといってもこれまで女性がしていた「飾るメイク」ではなく、「あくまで自然に見えて、カバーすることができるメイク」という男性のニーズに沿った形に変わってきてもいるようです。

シーンや目的によって使い分けられるほど様々なアイテムがあるので、物怖じせずに色々試してみたら自分の自信に繋がるきっかけになるかもしれません。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。