【薄毛改善】あなたの食生活が薄毛を進行させている?!薄毛改善食事メニューの紹介

 

日本人男性の薄毛に関する悩みは深いものがあります。薄毛は髪の量が少なく、地肌が露出してしまう状態をいいますが、それには本数自体が減ってしまう場合と、毛自体が細くなってしまう場合があるようです。

人間には平均すると約10万本の髪の毛があるといわれていますが、1日に50~100本は自然に抜け落ちます。それが150本以上毎日抜ける状態を「抜け毛」とし、これがずっと続いていくことで薄毛が進行してしまう可能性があるのです。

薄毛の原因

もともと髪は多いほうだったのに、なぜだか最近気になってきた…。薄毛になってしまう原因にはどんなことが考えられるのでしょうか?薄毛となるのはホルモン、遺伝的要素、食生活、ストレスなどさまざまなことが理由だと考えられています。次から代表的な原因をあげてみましょう。

1.男性ホルモンによるもの

薄毛は「男性ホルモンの影響」とする説があります。遺伝的に男性ホルモンに影響を受ける人がおり、そうした人が薄毛になってしまうようです。ホルモンの影響で薄毛となってしまう人は毛乳頭細胞の分裂が男性ホルモンによって抑制されると考えられています。

2.血行不良によるもの

髪の毛は2~6年かけて成長し、やがて自然と抜け落ちます。髪のヘアサイクルは成長期、成長期から休止期に移行する移行期、毛根が退化して抜け落ちるまでの休止期といったヘアサイクルがあります。成長期にある髪の毛は毛乳頭にある毛細血管から栄養を補給していますが、血流が悪くなってしまうとこの成長が滞ってしまい、髪の毛が抜けやすくなってしまいます。このように薄毛には血行不良が原因となっているケースも考えられます。

3.ダイエットや食事制限によるもの

薄毛の原因と考えられるものに極度の食事制限があります。体と同じように、髪も自分の食べるものからできていることを知っている人も多いはず。過度なダイエットで栄養が不足すれば、薄毛になるのは自然なことです。体がやせ細っていくように髪もまたやせ細っていく危険性があります。

薄毛を進行させるNG食材やメニュー

薄毛になってしまうのはさまざまな理由が考えられるとお話しましたが、食事の内容によって進行してしまうこともあります。薄毛の原因となりやすい食材、メニューには下記のようなものがあります。

1.乳製品

牛乳やチーズといった乳製品はタンパク質やカルシウムなどの栄養素が含まれており、薄毛に悪い影響を当たる可能性は極めて少ないといえます。ただし、摂りすぎてしまうことでかえって体の新陳代謝が悪くなり、薄毛の原因となることがあります。

2.ファストフード

ファストフードは非常に油っこいものが多くあります。油っこい食事を頻繁にとっていると、頭皮の皮脂の過剰分泌を引き起こす可能性があります。過剰な皮脂分泌は頭皮環境を悪化させる要因となることがあります。

3.甘いもの

糖質の多いものは普段の食生活で摂りすぎる可能性があります。糖質の摂りすぎは脂質の摂りすぎと同様に頭皮環境を悪化させてしまったり、皮脂の過剰分泌をまねいたり、血行を悪くさせてしまう可能性があります。

薄毛が気になっている人はこうした食材やメニューを避け、高タンパクで低カロリーな食事内容を意識する必要があるでしょう。

薄毛に効果のある成分

薄毛に効果的な商品を選ぶときに参考にしてほしいのが成分です。血行を良くして発毛を促したり、過剰な皮脂分泌をおさえて抜け毛予防になる成分が配合されている商品を意識して選ぶことで、薄毛の進行を食い止めることができるかもしれません。

1.塩化カルプロニウム

前述したように血行不良は薄毛の原因となることがあります。塩化カルプロニウムという成分には血行を促進させる働きがあるので、発毛促進・抜毛予防に効果があります。

2.チクセツニンジン

髪の毛の成長を健やかに保つためには毛乳頭細胞の働きをスムーズに、活発にさせることが大事です。チクセツニンジンという成分には毛根の毛乳頭細胞を活性化させる働きがあるので、発毛促進の効果が期待できます。

3.ピリドキシン塩酸塩

抜け毛は頭皮の過剰な皮脂分泌によるものもあるといわれています。この余計な皮脂分泌をおさえることに役立つのがピリドキシン塩酸塩という成分です。この成分を含む商品を使うことで抜毛予防の効果が期待できます。

次ページ:薄毛改善に効果的な栄養素と食事メニュー

  1. この記事へのコメントはありません。