結婚式列席の服装に迷ったらコレを選べ!男のための列席コーデポイント

結婚式に参列するときの身だしなみをチェック

秋は春と並んで結婚式が増える時期。「結婚式はもう何度も出席しているから・・・」と、いつもと同じような感じで出席していませんか?せっかくのおめでたい日、参列する側もしっかり身だしなみを整えていくと新郎新婦にとても喜ばれますし、なにより新しい出会いがあるかもしれません!多くの人が集まる場で人の視線を集める男は何が違うのでしょうか。ポイントを紹介します!

センスが光る!スーツの選び方

何年も前に買った礼服をいつも着まわしている、なんて言うことはありませんか?結婚式のスタイルや流行によって使い分けられるように、何着かフォーマルなスーツを用意しておくといいでしょう。男を格上げするスーツ、着こなしを紹介します。

黒スーツ

結婚式の鉄板、黒のスーツは1着持っておくと便利。ただベーシックなアイテムであるため、無難にまとまってしまいがち。ベストをプラスしてスリーピーススタイルにするだけでフォーマル感が高まるのでおすすめです。ベストは黒で揃えるのではなく、グレーを合わせると上品な大人の着こなしになります。またシャツを織り柄のもの(縦糸と横糸を違う色で作っていたり、凹凸をつけることで表情をつけているもの)にしたり、カフスボタンをつけたりすれば、ハイセンスな着こなしになります。自身の好みやパーティのスタイル、新郎新婦のイメージに合わせて組み合わせを変えるのも上級テクニックとしておすすめです。

グレースーツ

重くなりすぎず、おしゃれな印象を与えるグレーのスーツ。華やかな色のネクタイとも相性がよく、着こなしやすいという点でも人気があります。ただ最近は新郎がグレーのタキシードを着用することも増えてきているので、薄すぎないチャコールグレーを着用するようにしましょう。スリーピースのベストはスーツと揃えても素敵ですが、ワントーン薄いグレーを選ぶとこなれた印象になります。

ネイビースーツ

爽やかで上品な印象のネイビーのスーツ。細いストライプが入ったタイプも人気があります。結婚式といえば白ネクタイを選ぶ人が多いですが、あえて同色のネイビーのネクタイで揃えると落ち着いた印象に。そのときは細めのネクタイ(7cm程度)を選ぶと野暮ったく見えません。小物はダークブラウンで統一すれば、センスよくまとまります。

こだわる男のためのチェックポイント

身だしなみはスーツ選びだけでは終わりません。おしゃれにきめるならこだわりたい、チェックポイントを紹介します。

シャツ

  • 色は白かサックスブルー
    結婚式のシャツの定番といえば白ですが、もう少しこだわりたいという人にはサックスブルーがおすすめです。どのスーツの色でも馴染んで爽やかに見えます。

  • ボタンで襟をシャツに留めるボタンダウンタイプのシャツは、カジュアルな部類に入るので避けましょう。
  • 袖口
    こだわる男にはダブルカフスが一番おすすめです。カフスボタンで留めるスタイルは装飾性が高く、結婚式にふさわしいおしゃれです。カフスボタンでこだわりをアピールして!

ネクタイ

結婚式といえば白やシルバーのネクタイが定番とされていますが、最近では明るいパステルカラーのネクタイを使う人も増えています。柄も細かいドットやストライプであればOK明るいイエローやシャンパンゴールドは華やかに見え、かつ派手すぎないので使いやすくおすすめです。ブルーはさわやかで清潔感も感じられるので、年上の方にも好印象です。淡いピンクも人気のあるカラーのひとつ。スーツを華やかに見せて、柔らかい印象に。結婚式が開催される時期や季節によって色や布地を選ぶのもおすすめです。逆に結婚式で避けたいのは、黒ネクタイやアニマル柄や派手な柄のネクタイ。これに気をつけて、自分に合う一本を探しましょう。

ポケットチーフ

ジャケットの胸ポケットに挿すポケットチーフは、飾るとスーツ姿が格上げされるアイテムです。フォーマルな雰囲気も演出できるので、結婚式にぴったり。白やシルバーを合わせるのが基本とされていますが、シャツやネクタイの色と合わせると統一感がでておしゃれ。同系色で濃淡をつけるのもおすすめです。素材はリネンかシルクリネンは光沢がないので昼間の結婚式向けです。光沢があり柔らかいシルクは昼夜問わず使えます。

フォーマルな靴といえば、やはり革靴。ストレートチップかプレーントゥのものが結婚式にふさわしいと言われています。靴は仕事でいつも使っている履き慣れたものを使う人も多いかと思います。もちろん問題はありませんが、事前にしっかり磨くようにしましょう。汚れを落とすことはもちろん、革に栄養を与えてハリや光沢感を蘇らせましょう。手入れの行き届いた靴は、質の高い男のマストアイテムです。

バッグ

意外と迷う人の多いバッグ。なぜならビジネスバッグやトートバッグのようなものは基本的にNGとされているから。では何を持てばいいのでしょうか?実は正解はないと言われています。手ぶらで参列される方も多いようです。その場合、必然的にお財布や携帯電話はスーツにしまうことになります。そうなるとスーツの形が崩れてしまい、あまりファッショナブルとは言えません。そこでおすすめはクラッチバッグスーツやネクタイの色と合わせて、上質なものをひとつ用意しておくとよいでしょう。気をつけたいのはセカンドバッグのような印象を与えるものを選ばないこと。持ち手がついていると、どうしてもセカンドバッグ感が強くなってしまうので、持ち手がついていない物を選びましょう。

自分を磨くことも忘れずに

どれだけ身だしなみを整えても、自分自身のケアができていないと本末転倒です。肌は第一印象を大きく左右する重要な要素。しっかりケアをしていきましょう。

  • 「毎日しっかりスキンケアはしているけれど、なんか肌が汚い・・・。」そんな人は今のスキンケアが正しくできていない可能性があります。健康的で悩みのない肌を手に入れるために、今一度スキンケアを見直してみて。
  • 「時間が経つと青髭が目立って気になってしょうがない。」披露宴はよかったけど二次会になったら青髭状態だった、なんて悲惨なことが起きないように、青髭対策は万全に行いたいですね。できることからはじめましょう!
  • 「結婚式で撮られた写真、見てみたら一人だけ顔がテカって目立っていた。」そんな苦い思い出から、写真を避けていませんか?いつ写真を撮られてもいいように、テカリ対策は万全に!

結婚式に参列できるのは、そう多くはない機会だと思います。ぜひ、素敵な格好で楽しんでください!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。