【腰痛・肩こり解消】動画で学ぶ!猫背の原因から猫背矯正ストレッチ方法

 

なにげなく鏡にうつった自分の姿をみて「こんなに猫背だったっけ?」と驚いたことはありませんか?自分ではしっかり胸をはっていたつもりでも、背中を丸めて歩いていたりパソコン画面を前のめりで見つめていたり…。自分でも気づかないうちに猫背の姿勢が習慣化してしまっている人は少なくありません。

そこで今回は猫背の原因とされていること、それにより引き起こされる体の不調、猫背改善ストレッチ法や鍛えるべき筋肉の部位について紹介していきます。

猫背の原因を正しく理解しよう

猫背は前かがみになり、背中が丸まってしまう姿勢を指しています。普通、背骨は緩やかなS字曲線のカーブを描いていますが、猫背の人はあごが前に出て背中が丸まっています。この猫背には原因とされている要素がたくさんあります。どんなものがあるか、ひとつひとつ紹介していきましょう。

デスクワーク

パソコンを使う作業の多いデスクワーク。デスクワーク中、姿勢をきれいに保とうと背筋を伸ばすと重心が後ろよりになるのが分かります。

この姿勢を維持するためには腹筋の力が必要で長時間になればなるほど、だんだん辛くなってきます。そこで背中を丸めてみると重心が前よりになり、背筋を伸ばした状態より体に負荷がかかりにくくなります。すると「楽」に感じます。

背中を丸めた状態は背筋を伸ばした状態より楽なのでデスクワーク中は楽な状態を求めて背中を丸める時間が多くなり、より猫背になってしまうのです。

運動不足

前述したように背中を丸める猫背の姿勢は体にかかる負荷の少ない楽な姿勢です。背筋の伸びた美しい姿勢は重心が後ろになるため、腹筋などの筋力が必要になります。

日々の運動不足から筋力が低下するときれいな姿勢を保つことが難しくなってきます。日ごろの運動不足により筋力が衰えていると、よりいっそう猫背の楽な姿勢が定着してしまいます。

生活上の癖

猫背になる原因には「猫背になりやすい癖」を持っていることもあげられます。例えば歩くとき無意識に前かがみになっている、うつむきがち…などです。

一部の筋肉、関節に負荷がかかってしまうことで疲れを引き起こし、骨格が崩れてしまうことも少なくありません。体の使い方に癖を持つ人は結果的に猫背の姿勢になってしまっていることがあるのです。

猫背が原因となる体の不調

猫背になると「姿勢が悪い」という見た目の問題だけでなく、思わぬ体の不調を招いてしまうこともあります。どんな不調を引き起こす可能性があるのか、具体的に紹介していきます。

慢性的な腰痛や肩こり

猫背のまま長時間パソコン作業などをしていると肩が自然と前に出てくることはないでしょうか。この姿勢を続けていると呼吸が浅くなり、肩まわりの筋肉がどんどんかたくなってきます。猫背によって筋肉ががちがちにかたまってしまうことで、腰痛や肩こりを引き起こしてしまうことがあるのです。

偏頭痛

猫背のままパソコンの画面を見ようとすると自然とあごが突き出た形になります。すると首の後ろ側は「縮んだ」状態になります。首の後ろには自律神経がとおっているため、圧迫されると片頭痛や耳鳴りなどの症状が出てしまうことがあります。

肌荒れ

肩が前に出て背中が丸くなると本来あるべきところに内臓が位置せず、押しつぶされているような状態になります。この状態が続くと内臓の正常な働きが阻害されてしまいます。そうなると血行やリンパの流れが悪くなり、便秘になりやすくなります。

便秘は「毒素が体から排出されない状態」なので肌荒れや吹き出物の原因となってしまうことがあるのです。

次ページ:猫背を治すストレッチの手順

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。