【運動と肌の関係とは?】運動が健康的な肌を作り出す5つの理由

 

運動と肌の関係性は?

運動している人は、健康的で爽やかな印象がありますよね。だからか肌にトラブルを抱えているイメージがありません。実際に運動と肌は関係があるのでしょうか。今回はこの関係性について深堀します。

運動で得られる肌がきれいになる理由は?

事実、運動をすることによって肌の状態が変化することがカナダの研究者達によって証明されています。私たちは年を取ると角質層が分厚く、真皮層は薄くなっていきます。それが運動をすることによって角質層が薄く、真皮層は厚く、さらにはコラーゲン量も増加するという結果が出たのです。それ以外にも、運動をすることは肌にとって良いことがたくさん!どんな影響があるのでしょうか。

【理由①】血行促進効果で、くまやくすみの解消

運動をすると全身の血液のめぐりがよくなり、血行促進につながります。血液は酸素や栄養をは込む役割も担っているので、血液が滞ることが原因で起きている目の下のくまや、かおのくすみが解消されます。つまり生き生きとした健康的な顔色になることができるのです。

【理由②】汗をかくことでのデトックス効果

私達の身体には生命活動をしていく上で不要となったゴミが発生します。それを老廃物といい、汗や尿、便で排出されます。老廃物が溜まると、むくみや便秘による肌荒れなど、身体にとって悪影響を及ぼします。身体に溜めないようにするには、日頃からしっかり排出できる環境を作ることが大切。汗をかくことによって老廃物が体外に排出できるので、結果として健康的な肌をキープできることにつながります。

【理由③】脳内ホルモンの分泌によるストレスの解消

ストレスが肌の大敵であることは、すでにご存じかと思います。有酸素運動を続けると、脳の血液中に快感ホルモンであるβ-エンドルフィンが分泌されます。その結果、精神的な緊張がほぐれ、ストレスの解消につながると考えられています。ウォーキングのような簡単な運動でも効果が見込めるそうなので、是非取り入れていきたいところ。

【理由④】成長ホルモンや筋肉ホルモンの分泌による肌の再生

運動をすると、ターンオーバーを促し健康的な肌へ導いてくれる成長ホルモンが分泌されます。これは私達の体内にあるアミノ酸の中のひとつであるアルギニンが、運動をすることによって体内に発生する一酸化窒素を介して成長ホルモンの分泌を促進させるからです。その他、運動することによって筋肉ホルモンであるマイオカインが発生し、血液にのって肌へ届けられることで肌の代謝が活性化されることがわかっています。

【理由⑤】良質な睡眠を得られる

運動をする習慣のある人は、寝つきがよくなり、夜中に目を覚ますことが少なくなるということが研究によりわかっています。これはノンレム睡眠の時間が増え、成長ホルモンがより分泌されやすい環境を作り出していることになります。さらに深い眠りにつけることによって睡眠時間が長くなり、疲労回復効果やストレスが溜まりにくいといった、身体にとって嬉しい効果を得ることができます。

次ページ:運動で改善できる肌トラブルとは?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。