【実年齢より老けた印象を与える?!】シミの原因から正しい対処法までを余さず解説

 

年齢とともに顔に斑点が出てきた。その斑点が大きくなり顔が黒っぽくなってきた。深刻化するとなかなか治らない肌トラブルのシミ。

シミができる大きな原因が紫外線。症状としてすぐには出ませんが、長年の蓄積から30代~40代から悩み始める人が多いようです。この記事では普段からできるシミ予防の方法やシミを深刻化するNG行動などを紹介していきます。ぜひこの内容をもとに、早めの対策を打っていきましょう!

Contents

女性とは違う。男ならではのシミの特徴

シミは今までの紫外線ダメージの後遺症です。そう聞くと、身に覚えのある方も多いのではないでしょうか。男ならではのシミの特徴について解説します。

1.日焼け止めを使う習慣がない

若い頃、夏は毎日海やプールへ行って、真っ黒に日焼けをしていた。肌が赤くなってしまうから日焼けしそうなときは日焼け止めを使うけど、日常生活では使わない。そんな男性は少なくないと思います。

実は紫外線は季節や天気に関わらず一年中地上へ降り注ぎ、肌は絶えず紫外線からダメージを負っています。そのダメージから肌を守ろうとして生成されたメラニンが蓄積されて、シミとなり肌へ表れるのです。

2.男性の日常生活に潜む肌環境の乱れ

男の肌は実はとてもデリケート。肌環境が乱れやすく、肌荒れやニキビでお悩の方も多いのではないでしょうか。

敏感な肌に摩擦などの刺激を与えると、色素沈着を起こしてしまうことをご存知でしょうか?これはメラニン色素を作り出して、肌を刺激から守ろうとする働きによるものです。

特に男はシェービングなどで肌に刺激を与えてしまうことが多いので、もしかしたらそのシミは色素沈着が原因かもしれません。

シミができてしまう大きな原因

なぜシミはできてしまうのでしょうか。実は体内の細胞をダメージから守ろうとしたメラノサイトと、肌のターンオーバーの乱れがシミを作り出しているのです。一度掘り下げて、理解を深めましましょう。

原因1.紫外線のダメージから肌を守るために作り出したメラニンが、蓄積される

紫外線は肌の奥まで届き、細胞を変性させてしまいます。だから肌は紫外線を少しでも遮ろうとして、メラノサイトからメラニン色素を作り出します。作られたメラニン色素は通常であればターンオーバーによって肌表面に徐々に上がり、いずれは垢となって剥がれ落ちます。

しかし紫外線はこのターンオーバーの周期も乱すので、生成されたメラニンはなかなか肌表面に排出されず、肌内部に蓄積されてシミとなるのです。

原因2.ストレスによって大量に発生した活性酸素もシミを作り出す

活性酸素は強い殺菌作用を持ち、体内で必要不可欠なものですが、量が多すぎると今度は私達の細胞を攻撃しはじめます。この活性酸素の攻撃から細胞を守ろうとして、メラノサイトはメラニンを生成します。

ストレスはホルモンバランスを崩し、肌のターンオーバーを乱してしまうので、メラニンが肌に蓄積されてシミとなってしまいます。 

男のシミの対策方法

男を老けた印象にさせてしまうシミ。シミをなくしたいなら、時間をかけてしっかり取り組むことが重要です。

【対策法①】正しいで洗顔方法でターンオーバーを促す

できてしまったメラニンをきちんと排出できるように、ターンオーバーを促してあげましょう。まずは肌表面に溜まってしまった古い角質を、正しい洗顔できちんと落とすことがポイントです。

古い角質が垢となって落ちるようになると、シミは一時的に濃くなるように感じることがあるかもしれません。これは不要な角質がきちんと落ちている証拠。角質層に停滞しているメラニンはターンオーバーによって徐々に肌表面に押し上げられ、いずれは垢となる不要な角質に含まれて、肌から排出されていきます。

くすみの解消にもなるので、ぜひ正しい洗顔を習慣化してください。

【対策法②】ターンオーバーを正常化するために、有効な3つの方法

ターンオーバーは紫外線や加齢、ストレスなどの様々な要因で乱れてしまいます。加齢は防ぎようのないものですが、ターンオーバーを乱さないようにするための3つの方法をご紹介します。正しいターンオーバーサイクルを取り戻して、シミの排出を促しましょう。

1.保湿ケアを怠らない

男の肌は角質層に水分を留めておく力が弱いため、実は肌が乾燥していることが多いのです。角質層が乾燥していると、ターンオーバーがスムーズに行われません。

洗顔後には化粧水と乳液を使った保湿ケアを怠らないようにしましょう。 

2.食生活にも注目

ターンオーバーを促すビタミンがあることをご存知ですか?意識的に摂取して、身体の内部からターンオーバーを促しましょう。

栄養素 効果 食材
ビタミンA 古い角質が剥がれ落ちるようにサポートします レバー・うなぎ・ほうれん草・人参など
ビタミンB6 肌の細胞を活性化させ、ターンオーバーを促す効果が期待できます かつお・まぐろ・さば・牛レバー・バナナなど
ビタミンC コラーゲンの生成を高め、ターンオーバーがスムーズに行えるようにサポートします パプリカ、グレープフルーツ、じゃがいも、ピーマン、ブロッコリーなど

3.たくさん発生してしまった活性酸素の対策を

活性酸素はシミのもとであるメラニンを作り出します。活性酸素は紫外線やストレスによって発生します。まずは日焼け止めを使って紫外線を防ぎましょう。

お酒の飲みすぎや脂肪分の多い食事も、肝臓で分解されるときに活性酸素が発生するので、できるかぎり控えましょう。発生してしまった活性酸素は、抗酸化力の高い食品を摂取することで、防ぐことをおすすめします。アボカド、トマト、バナナは抗酸化力の強い食品として有名なので積極的に食べるようにしましょう。

ルイボスティーも抗酸化力の強いフラボノイドが含まれているのでお勧めです。

二度とシミで悩まない。男の肌ならではのケア・予防策

シミはできてしまうと、簡単にはなくなりません。だからこそ予防が何よりも大事です。

【シミケア・予防策①】日頃から日焼け止めを使って紫外線対策を行う

シミの大きな原因のひとつである紫外線。シミを予防するなら、一年を通して日焼け止めを使って対策をすることが必要です。

また紫外線はガラスを透過して部屋の中にも降り注いでいます。「今日は外出の予定がないから」と油断していると、紫外線は容赦なく肌を攻撃してきます。朝の洗顔とスキンケアの後は、必ず日焼け止めを使う習慣をつけましょう。

【シミケア・予防策②】医薬部外品をスキンケアに取り入れよう

薬用美白(医薬部外品)のスキンケア商品を使うことも効果的でしょう。これはメラニンの生成を抑える効果があるので、これ以上シミが濃くならないように、新しいシミができない予防としても使うことができます。

シミがひどくなるNG行動を事前に知ろう

何気ない習慣もシミを濃くさせる一因になっているかもしれません。シミが気になりだしたら気をつけるべき日常生活の行動をまとめました。

【NG行動①】喫煙や激しすぎる運動は活性酸素を発生させる原因に

タバコに含まれるニコチンやタールなどは、身体にとって有害な成分。それの害から身体を守るために、体内では大量の活性酸素が発生します。さらにコラーゲンの生成を促すビタミンCも大量に消費するため、シミが発生する原因に。

また激しすぎる運動も呼吸量が通常よりも多くなり体温も上がるので、活性酸素の発生量も増えてしまうので注意してください。

【NG行動②】やりすぎたスキンケア

古い角質を除去するために有効なスクラブ洗顔や酵素洗顔。スペシャルケアとして週に何回か取り入れることは大変効果的ですが、使いすぎると肌を弱めてしまいます。古い角質と同時に肌のバリア機能までも奪いとってしまう可能性があるので、肌が乾燥してしまいターンオーバーが乱れる原因にも。

化粧品は正しく使うことが大切です。

シミ対策の化粧品を選ぶ際に着目すべきポイント

シミのお悩みに効果的な化粧品はどれ?と迷ったら、以下の成分が配合されている化粧品を選んでください。

【ポイント①】アルブチンは厚生労働省が認めた美白有効成分

このアルブチンはメラニンの生成を抑える効果があります。できてしまったシミを薄くするというよりは、これからシミを作らせない予防効果が高い成分です。毎日の日焼け止め習慣と一緒にアルブチン配合の化粧品を使うようにすると、シミ対策効果がより高まるでしょう。

【ポイント②】ビタミンEとビタミンC誘導体のふたつが配合されている

高い抗酸化力があるビタミンE、メラニンの生成を抑えて美白効果が見込めて肌への浸透率が上がるように改良したビタミンC誘導体。

ただシミ悩みに対して効果的というだけでなく、ビタミンCは酸化されて抗酸化力が低下したビタミンEを元に戻す相乗効果を見込めることができるので、このふたつのビタミンが配合された化粧品を選ぶとよいでしょう。

▼シミを劇的に改善するビタミンC誘導体の詳しい記事はこちら▼
男の美肌に必須の有効成分ビタミンC誘導体。その効果と正しいスキンケア方法を解説

シミの悩みにお勧めのスキンケア用品

できてしまったシミはすぐになくなるものではありません。根気よくケアをしてあげることが大事。そこでシミに悩んでいる男性に毎日のスキンケアとして取り入れてもらいたいアイテムをご紹介します!

【BULK HOMME】THE FACE WASH 100g ¥2,000(税別)

「余計なものを落とし、必要なものは残す」をコンセプトに、限りなくシンプルな発想が生んだ、男性用の洗顔料です。シミのケアは、まずは古い角質をスムーズに取り除くことが大切。バルクオムの「THE FACE WASH」に含まれているリンゴ果実培養細胞エキス(※保湿剤・整肌剤)は、肌が本来持ち合わせている働きのターンオーバーをサポートし、天然のクレイミネラルズ(※剥離剤)がメラニンを含んだ古い角質を優しく落として、透明感のある肌へ導きます。

こんな人にお勧め

■ベーシックなスキンケアアイテムを探している人

■シミの他にもくすみが気になる人

使用方法

洗顔料を10円玉大の量を目安に取り出し、キメの細かい泡をたっぷり作ってから優しく泡を転がすように洗顔してください。

公式サイト

【FUJIFILM】アスタリフト ホワイト クリーム 30g ¥5,000(税別)

厚生労働省に承認されている美白有効成分アルブチンを配合したクリーム。クリームにもかかわらず軽やかなテクスチャーで、男性でも違和感なく使えます。メラニンの生成を抑えて、シミ・そばかすを防ぎます。またアスタリフトシリーズの代名詞とも言えるアスタキサンチン(保湿剤)が配合されているので、ハリのあるイキイキとした肌を保つことができます。

こんな人にお勧め

■効果を実感したい人

■シミの他にもエイジングに興味がある人

使用方法

洗顔後、化粧水で肌を整えた後に顔全体にお使いください。

公式サイト

【b.glen】QuSomeホワイトクリーム1.9 100g ¥6,000(税別)

シミの原因であるメラニンを生成する酵素、シロチナーゼやメラノサイトに働きかける効果が期待されている言われている、ハイドロキノン。このハイドロキノンを配合したクリームがビーグレンの「QuSomeホワイトクリーム」。ハイドロキノンが角質層まで浸透してシミを防ぎます。

こんな人にお勧め

■できてしまったシミが気になる人

■シミができないように予防したい人

使用方法

パール1〜2粒程度を、気になる部分へ使ってください。

公式サイト

まとめ

シミの原因であるメラニンは紫外線や活性酸素から肌を守るために作られるということがわかりました。肌を守ってくれる代償にシミができてしまうので、未然に防ぐことができればシミで悩ませる可能性は低くなります。

正しいスキンケア方法や生活習慣を身に着けることで、肌のシミは改善と予防ができます。簡単に今日からできることをまとめてみました。

  • 古い角質を落とせる洗顔料を使う
  • 肌を乾燥させないために化粧水、乳液を使う
  • 抗酸化力の高い食品を摂取する

今回網羅的にシミに関する内容を知ることができたと思います。正しい知識をもとに正しい対処法でスキンケアに取り組むことで、美しい肌を手にれることができます。

今日から取り組める内容も多かったはずです。ぜひ早めのスキンケアに取り組んで行きましょう。

▼早く改善法を知りたいという方向けの、おススメの関連記事▼
【最短で改善】肌をまだら模様にしてしまうシミ。原因と効果的な治療法とスキンケア方法を解説

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。