男性こそ使うべき日焼け止めクリーム。紫外線の蓄積で肌の老化が早まる

 

夏が近づきレジャーやバーベキューなど、外でのイベントを楽しみにされてる方も多いかと思います。

たのしいことが増える一方、肌にとって恐ろしい紫外線も増えてきます。日焼けしている男性はかっこいいという一面もありますが、そのつけは歳とともにシミやシワといった肌の老化として現れます。

年齢以上の老けているとみられてる人は、こういった紫外線の蓄積が原因かもしれません。

今回はそんな肌を老化させる紫外線対策の定番、日焼け止めクリームについて解説していきます。

日焼けが起きるメカニズム

降り注ぐ紫外線は、私たちの肌まで届き、細胞を変質させてしまいます。紫外線から細胞を守るために、肌は黒いメラニン色素を作り出して紫外線を吸収しようとします。

吸収することによって細胞へのダメージを軽減させようという、防衛反応です。この様にして強い紫外線に当たると、どんどん肌の色が黒くなっていってしまうのです。

▼肌を老化させる恐ろしい紫外線について詳しく知る▼

肌に与える影響とは?!「紫外線」について徹底解説

日焼け止めクリームによって防げる肌トラブル

日頃から日焼け止めクリームを使っているという男性は、少ないのではないでしょうか。でも実は、男性だからこそ日焼け止めクリームを使う習慣をつけた方がいいってご存知でしたか?その理由をご説明します。

■シワ

最近よく聞く「光老化」。これは紫外線を長時間、無防備に浴び続けると起こる、シミ、シワ、たるみなどが現れる老化現象のことを指します。

シワは真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどの肌のハリや弾力を保つ細胞が紫外線によって傷つけられてしまったから。紫外線の中でも真皮層まで届くことができるのは、波長の長いUV-A。

顔にシワが目立つようになると、老けた印象になりがち。しっかりガードして若々しい印象を保ちたいですね。

▼早くシワを治したい方必見の、シワに効果的な治療とスキンケアを方法を解説▼

■シミ

シミは、日焼けによるダメージが蓄積されると発生します。紫外線の中でも波長のUV-Bは肌の表皮まで届くことができます。このUV-Bが表皮細胞を刺激すると、肌を守ろうとしてメラニン色素が生成されます。

通常であれば肌のターンオーバーでメラニン色素は排出されるのですが、ターンオーバーが乱れがちになるとスムーズに排出されずにシミとなってしまいます。

目立つシミは、どうしても気になるもの。メラニンの生成を予防するのと同時にターンオーバーが正常に働くような生活を心がけましょう。

▼早くシミを治したい方必見の、シミに効果的な治療とスキンケアを方法を解説▼

表情や雰囲気を暗くする肌のシミ。効果的な治療方法とスキンケア方法を徹底解説

■乾燥

真皮まで届くことができる紫外線は、それよりも手前にある肌表面や角質層にもダメージを与えます。そうなると角質層では水分を保つことができなくなり、肌のバリア機能が低下してしまいます。

肌のバリア機能が低下してしまうと、肌の水分も蒸散しやすくなり、さらに肌は乾燥しやすい状態に。乾燥した肌はシミやシワ、肌荒れなどのトラブルを引き起こしやすく、老けた印象にもつながります。

▼早く乾燥肌を治したい方必見の、乾燥肌に効果的な治療とスキンケアを方法を解説▼

次ページ:【最重要】日焼け止めクリームの選び方と正しい使い方を解説

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。