なぜ髭剃りで肌が負ける?原因と肌に優しい髭剃りの方法を徹底解説

髭剃り負けしないための対策方法

「仕事もあるし髭は毎日剃らなければいけない。でも毎日のシェービングで肌が痛い」という場合、どのようにしたらダメージを抑えることができるのでしょうか。

電気シェーバーの場合

電気シェーバーは外刃で肌を押して髭を出し、内刃で髭をカットするので、ダメージが少ないと言われています。電気シェーバーを使っていて、さらにダメージを抑えたいという場合、以下のことに注意してみましょう。

1.起床後10分~20分の間に剃る

起きて少し時間のたった10分~20分の間は、肌の水分量が多く、髭を剃るにはとてもよいコンディションです。髭を剃っても肌に与えるダメージは少ないと言われています。

2.剃る前には必ず髭と肌に水分を含ませる

乾燥した肌はダメージを負いやすいです。また髭は水分を含ませることによって、柔らかく剃りやすくなります。シェービング前には必ず洗顔などを行って水分を含ませるようにしましょう。

時間のあるときは蒸しタオルなどで肌を覆うと、より髭を剃りやすくなるのでお勧めです。

3.電気シェーバー用のシェービング剤を使う

シェービング剤を使うことによって、髭を立たせて剃りやすい状態を作ることができます。また肌への保湿剤としての効果もあります。

肌にやさしいシェービングを行うためのマストアイテムです。

カミソリの場合

肌に直接刃が当たる剃刀は、肌へのダメージが大きいと言われています。剃刀を使って髭を剃りたいという場合は、健康的な肌を保つためにも以下のことに気をつけてください。

1.剃刀は刃の枚数が多いものを選ぶ

刃が多いことで、肌にかかる圧力が分散されて、肌へのダメージを抑えることができます。5枚刃のような多枚刃の剃刀を使うようにしましょう。

2.肌と髭に水分を含ませたら、シェービングフォームを使う

肌と髭に水分を含ませることは、肌へ負担をかけないシェービング方法では必須工程です。剃刀で髭を剃る場合は、シェービングフォームを必ず使うようにしましょう。

髭を剃りやすくして肌へのダメージを抑える他にも、保湿剤として肌を乾燥とダメージから守ります。

3.刃の切れ味をチェックする

スムーサーをチェックして、摩耗したり古くなっていないか確認しましょう。肌を守るためにも切れ味のよい刃でシェービングを行いましょう。

次ページ:髭剃り後のスキンケアで肌を守ることが重要

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。