なぜ髭剃りで肌が負ける?原因と肌に優しい髭剃りの方法を徹底解説

 

男性の毎日日課、それが髭剃り。社会人のマナーですが、その心掛けがあなたの大事な肌を傷付けて、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因となっています。

実際に髭剃りで肌が負けて赤くなったり、炎症でデキモノができたという経験をしている人も多いでしょう。

ではなぜ肌が負けてしまうのか?どうしたら肌を傷付けずに髭剃りができるのか?詳しく解説していきます。

▼青髭で悩まれている方には、こちらもオススメ▼
【青髭解消してモテる男に】本当に効果のあった対策方法4つを厳選紹介

髭剃りで肌が負けてしまう原因

シェービングは剃刀の鋭い刃を肌に直接あてて、髭を剃っていきます。このときに剃刀は髭だけでなく、肌の表面まで削り取ってしまいます。肌に必要な皮脂がなくなり、細かい傷ができることによって、肌は荒れた状態になってしまうのです。

このようにただでさえダメージの大きいシェービング。さらに肌へ負担がかかってしまう原因を深堀しましょう。

原因1:正しいシェービングをしていない

正しくシェービングを行うことは、肌へのダメージを抑えることにもつながります。「今日は時間がないから」「手間だな・・・」という理由で工程をカットしてしまうと、その分がダメージとなって肌に表れます。正しいシェービング方法を今一度おさらいしましょう。

Step1.洗顔

洗顔をすることによって髭に水分を含ませることができます。そうすることによって髭がやわらかくなって、スムーズに剃ることができます。

Step2.シェービング剤をつけたら30秒ほどそのままに

シェービング剤には、髭を剃りやすくするために柔らかくする効果や、髭剃り後の肌を乾燥させないようにするための保湿成分が配合されています。30秒程度そのままにして、シェービング剤がしっかり髭や肌に馴染むようにしましょう。

Step3.剃り方をチェック

基本的には髭の生えている方向に沿って、上から下へ剃刀を滑らせるように剃りましょう。剃り残しがあった場合は毛の流れと逆方向に剃ります。逆剃りは深剃りができる一方で、肌へ負担がかかりやすいので、注意しましょう。

電気シェーバーの場合は最初から逆剃りしてください。

Step4.アフターケアを入念に

シェービングをした後の肌は、剃刀の刃によって皮脂や角質層の表面が削り取られ、肌のバリア機能が低下している状態。化粧水やアフターシェーブローション、乳液などを使って、必ず肌を保湿するようにしてください。

原因2:肌が弱い

シェービングは物理的な刺激がとても大きいもの。肌が弱い人は肌が荒れるだけでなく、痛みや赤みを伴って辛い思いをすることも多いのではないでしょうか。

これは剃刀によって肌に細かい傷がつけられると、傷口からブドウ球菌や白癬菌、カンジダ菌などの菌が入りこみ炎症を起こしてしまうからです。

肌が弱いと自覚のある方は必ずシェービングフォームを使い、剃刀よりもダメージが抑えられる電気シェーバーを使うようにしましょう。 

原因3:切れ味が落ちたシェーバー・カミソリを使っている

剃刀の切れ味が落ちると、剃り残しが目立つようになるなど、思うように剃れなくなってきてしまいます。そうなると無意識のうちに力が入ってしまい、肌にかかる負担が増えてしまう結果に。

刃の部分は、切れ味が落ちていなくても定期的に交換するようにして、必要以上に肌への負担が増えないようにしましょう。

髭剃り負けで引き起こる肌トラブル

角質層を傷つけて、肌のバリア機能を低下させるシェービング。それでは一体どのような肌トラブルを引き起こすのでしょうか?具体的に例を挙げて見ていきましょう。

ニキビ・毛嚢炎(もうのうえん)

シェービングダメージによってできたニキビは、実はニキビではなく毛嚢炎という毛穴の炎症の可能性があります。ニキビは毛穴に古い角質と皮脂が詰まって菌が繁殖するのに対して、毛嚢炎はシェービングによって角質にできた小さな傷口から黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が入り込み炎症を起こすことによってできます。

もちろん毛嚢炎でなく、シェービングダメージによってもニキビが形成されることはあります。これはシェービングによる外的刺激から肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌されてしまうことによって、ニキビができる原因を作ってしまうのです。

ニキビと毛嚢炎は、とても良く似ているもので、素人が判断することは難しいと言われています。外見は似ているものの治療法は異なりますので、シェービングダメージによるニキビに悩まされている方は、一度皮膚科で診てもらうとよいでしょう。

▼すぐにでもニキビを治したい人におススメの関連記事▼

男性が一度は悩む肌トラブルのニキビ。具体的な改善策と予防方法を徹底解説

毛穴汚れ解消やニキビ予防に最適なスクラブ洗顔料を正しく使い、美肌を手に入れる

尋常性毛瘡(じんじょうせいもうそう)

シェービングによってできた傷口からブドウ球菌が入って炎症を起こしていると、尋常性毛瘡という赤い斑点がたくさんできるようになります。

睡眠不足やストレスが溜まっているときや、糖尿病などの基礎疾患があると起こりやすいと言われています。

白癬性毛瘡(はくせんきんせいもうそう)・カンジダ性毛瘡

尋常性毛瘡と似た症状が起こりますが、カビの一種である白癬菌やカンジダ菌によって引き起こされます。赤い斑点は触れると痛みがあり、治ったり、できたりを繰り返します。

次ページ:シェービングダメージを抑える!髭剃り負けしないようにする対策方法

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。