青髭対策をしてモテる男になる。本当に効果のある4つの方法を厳選

青髭対策3:髭を深く剃る

初心、忘れるべからず。今一度、日々のシェービングを見直してみるのも、ひとつの手段です。

■深剃りできるシェービング剤を使う

ウェットシェービングに欠かせないシェービング剤。髭を芯から柔らかくして剃りやすくする効果はもちろん、刃から肌を守ってシェービングダメージを軽減することができます。

シェービング剤にはいくつかタイプがありますが、深剃りをしたい時はシェービングジェルフォームがお勧め。ジェル状態のシェービング剤が肌へすり込むことによって泡に変わっていくジェルフォームは、髭にしっかり成分を浸透させることができるので、深剃りしたいときにぴったりです。

剃り残しの確認がしやすいところも使いやすいポイントです。

■深剃りできるシェーバーや剃刀を使う

電気シェーバー3種類と安全カミソリでどれが最も深剃りできるかを検証したところ、安全カミソリの逆剃りが最も深剃りできたとの結果があります。安全カミソリの順剃りは電気シェーバーにも劣る場合が多いそうなので、剃刀で深剃りをしたい時は、必ず逆剃りをしましょう。

ただ肌への負担がかかる方法でもあるので、注意しながら行いましょう。電動シェーバーの場合は、性能差(価格差)がそのまま深剃り具合の差になって表れています。ドライシェービングよりウェットシェービングの方が深剃りができます。

青髭対策4:生活習慣の改善

男性ホルモンが増えないように生活習慣を改善することも、青髭対策には有効です。まずはできることから取り組んでいきましょう!

■ストレスを溜めない・解消する

ストレスを感じるとコルチゾールやアドレナリンといったホルモンが分泌されます。これらはストレスに対抗するために必要なホルモンですが、男性ホルモンの分泌を促す働きもあります。

ストレスを感じることは誰にでもあることです。ただそれを引きずらず、こまめに気分転換を行ってストレスを解消するようにしましょう。

■食生活を改善する

ファストフードや肉が中心の偏った食生活になっていると、男性ホルモンの分泌が優位になってきてしまいます。栄養バランスのとれた食生活は、ホルモンバランスも正常に保つことができます。

農林水産省が推奨する栄養バランスガイドを目安に、主食(ご飯中盛りなら4杯程度)、主菜(肉・魚・卵・大豆料理から3品程度)、副菜(野菜料理5品程度)、乳製品(牛乳なら1本程度)、果物(みかんだったら2個程度)毎日の食事に気を使っていってください。

■睡眠をしっかり取る

睡眠不足もまた、身体にとってストレスとなり、男性ホルモンの分泌が促されてしまう結果になります。良質な睡眠をしっかり取ることが大切です。

特に夜22:00~深夜2:00までの時間帯はゴールデンタイムと呼ばれ、成長ホルモンが分泌されやすい、身体にとってとても重要な時間帯です。なるべくこのゴールデンタイムに睡眠をとるようにして、ホルモンバランスを整えましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。