【毛穴汚れやくすみ改善に効果的なスクラブ洗顔】その種類と選び方と正しい使い方

 

普段行っている洗顔、あなたはどのように行っていますか?水で手早く洗う人もいれば、泡立てて丁寧に洗う人など、人それぞれでしょう。

その毎日の習慣の蓄積があなたの肌をきれいにする一方で、ダメージを与え肌をボロボロにしている危険性もあります。

▼肌をきれいに保つ正しい洗顔方法の記事はこちらから▼

あなたの洗顔、実は肌を傷付けている危険性があります!肌をきれいにする正しい洗顔法

正しい洗顔、そして肌質や肌トラブルに合わせた正しいスキンケア用品を使うことで、年齢に関係なくいつまでも爽やかで若々しい肌を手に入れることができます。

今回は、特に毛穴汚れやくすみといった肌を暗い印象にしてしまうトラブルに最適な「スクラブ洗顔」について紹介していきます。

スクラブ洗顔とは何か?

スクラブ洗顔とは、細かい粒子の研磨剤を含んだスクラブ洗顔料で顔を洗うことによって、過剰な皮脂や古い角質を効果的に取り除く方法です。

この細かい粒子の研磨剤を総称してスクラブと呼び、塩やクレイ(泥)、重曹、米ぬかなどが使われていることが多いです。肌のザラつきやベタつき、毛穴汚れなどが気になる人に根強い人気のあるスキンケア方法です。

スクラブ洗顔はどんな肌トラブルに効果的なのか?

研磨剤が入っている分、普通の洗顔料よりも「肌を磨く」という効果が高いスクラブ洗顔は、どのような肌トラブルに向いているのでしょうか?

1.毛穴汚れの解消

スクラブが毛穴に入り込んで汚れや皮脂を落とすと言われているスクラブ洗顔は、できてしまった角栓や毛穴の汚れに効果的です。しかしスクラブとして配合されている研磨剤の大きさは様々です。手でざらざらと感じられる大きさのものだと毛穴に入り込むことはできません。

毛穴の汚れを落としたいという場合は、クレイ(泥)などの微粒子がスクラブとして使われている洗顔料を選びましょう。

▼早く毛穴汚れを治したい方必見の、毛穴汚れに効果的な治療とスキンケアを方法を解説▼

.くすみの解消

スクラブは研磨剤と説明をした通り、肌を磨く効果があります。古い角質を除去しすることで、肌のくすみを解消することができます。古い角質が重なった肌は、まさに一皮剥けたという表現にふさわしい、透明感のある若々しい肌になっています。

くすみが気になる人は、是非日頃のスキンケアに取り入れてみてください。

▼早くくすみを治したい方必見の、くすみに効果的な治療とスキンケアを方法を解説▼

3.ニキビの予防

毛穴に古い角質と皮脂が溜まり、そこに常在菌(アクネ菌など)が入り込むことでニキビができてしまいます。肌の常在菌はどうすることもできませんが、古い角質と皮脂のケアはスクラブで行うことができます。

くすみが気になる人(古い角質が溜まっている人)や不規則な生活でターンオーバーが乱れている人、紫外線を浴びたり肌が乾燥することで角質肥厚を起こしている人は、定期的にスクラブ洗顔を行うことで、ニキビを予防していきましょう。

▼早くニキビを治したい人におススメの関連記事▼

スクラブ洗顔を効果的に使う方法

スクラブ洗顔は効果が高い分、肌への刺激が強いスキンケアです。肌を傷めず効果的に使うには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか?

洗顔時にやっておくと効果的なこと

肌への刺激が強いスクラブ洗顔は、洗顔前のケアが重要です。

■ぬるま湯で予洗いする

この場合の予洗いは汚れを落とすという目的もありますが、スクラブ洗顔で肌を傷めないようにするという目的が大きいです。スクラブ洗顔料は肌を磨く研磨剤が配合されています。乾いた肌に使うと刺激が強すぎて、大きなダメージを負ってしまいます。

乾いた肌へのスクラブの使用は絶対に禁止です!予洗いをしっかり行いましょう。

■使うスクラブ洗顔料のタイプをしっかり把握する

スクラブ洗顔料はタイプによって「そのまま使うタイプ」と「泡立てて使うタイプ」があります。「そのまま使うタイプ」は予洗いした肌へ優しく伸ばして使ってください。「泡立てて使うタイプ」は必ず泡を立てて使いましょう。

スクラブ洗顔料は肌への負担が大きいので、泡をしっかり立てて肌へのダメージを少しでも減らしましょう。

洗顔後にやると効果的なこと

洗顔後のケアを怠ると、せっかくのスクラブ洗顔も意味のないことに・・・。

■スクラブが残らないように、すすぎ洗いを入念に行う

通常の洗顔料でも同じことが言えるのですが、スクラブや洗顔料が肌に残っていると、それが肌トラブルの原因に。洗い残しがないようにしっかりすすぎを行いましょう。

またスクラブ洗顔の場合、目に入らないよう十分に注意してください。粒子が細かいとはいえ研磨剤が含まれているので、目を傷つけてしまう可能性があります。もし入ってしまった場合は、すぐに流水で洗い流してください。

■化粧水と乳液で肌の乾燥を防ぐ

スクラブ洗顔をした後は古い角質や皮脂が落ちているので、とても乾燥しやすい状態。いつもより丁寧にしっかり保湿を行うことを心がけてください。たっぷりの化粧水を肌に与えた後は、乳液で脂分も補ってください。

過剰な皮脂でお悩みの方も、量を調整しながら乳液を使うようにしてください。

効果的なスクラブ洗顔の使用方法やタイミング

洗い上がりのスベスベとした肌の手触りやサッパリとした感じは、クセになりますよね。毎日使っていたら、肌も綺麗になるのでは?と思うかもしれませんが、その考えは危険信号です!

■毎日使うと肌荒れを引き起こす?!

洗い上がりのスベスベした肌は、研磨剤によって古い角質を落としているから。毎日それをやっていては、新しい角質までも取り除いてしまいかねません。こうなると肌に備わっているバリア機能も失われ、肌は完全に無防備な状態になってしまいます。そんな状態でまたスクラブ洗顔を行うと、研磨剤の強い刺激によって肌は傷つき、トラブルを引き起こします。

また皮脂も取りすぎてしまうので、皮脂が過剰に分泌するようになり、テカリやベタつき、ニキビなどに悩まされる原因にもなります。スクラブ洗顔はあくまでもスペシャルケアとして取り入れることが、健康で若々しい肌を保つ秘訣です。

■使用頻度は週に1~2回

肌のくすみやごわつき、ざらつきが気になる時を目安に、週1~2回程度、スキンケアとして取り入れていきましょう。ゆっくりバスタイムが取れるときに、しっかり湯船に浸かって肌をほぐしてからスクラブ洗顔をすると、優しく撫でるようにマッサージするだけで効果が得られるので、肌への負担を減らすことができます。

【肌トラブル別】最適なスクラブ洗顔を選ぶ方法

スクラブとして使われている研磨剤は、種類がたくさんあります。肌悩みに適したスクラブを選んでみましょう。

毛穴汚れに悩む人が着目すべき点は、クレイ(泥)・重曹スクラブ

クレイ(泥)には汚れを吸着する効果があります。また粒子も小さいものが多いので毛穴汚れが気になる方にはぴったりなスクラブです。また肌への刺激も少ないので、優しく洗い上げたいという方にもお勧めです。

重曹は温泉にもよく含まれている成分で、毛穴の中の汚れまで綺麗にしてくれる働きがあります。肌への刺激は強めなので、肌が丈夫な方にお勧めです。

肌のくすみに悩む人が着目すべき点は、ソルト・米ぬかスクラブ

ソルトスクラブは、その名の通り塩を使っています。古い角質を落とすだけでなく血行促進効果も見込めるので、肌のくすみを効果的にケアすることができます。肌への刺激が強いタイプなので、肌がデリケートな方は気をつけて使ってください。

米ぬかにはビタミンB群やビタミンE、セラミドなどの健康的な肌へ導く成分がふくまれていて、日本では昔から使われてきました。スクラブ効果がありながら、保湿も期待できるので肌へ優しいタイプと言えるでしょう。

ニキビに悩む人が着目すべき点は、こんにゃくスクラブ

こんにゃくスクラブは粒子が柔らかく、肌への刺激が少ないことが特徴。さらにこんにゃくのグルコマンナンは皮脂を吸着する効果もあるのでニキビに悩む方にはぴったりなスクラブです。ただ、いくら肌に刺激が少ないとはいえ、ニキビが炎症している状態のときは使用を控えましょう。

まとめ

  • スクラブ洗顔は肌のざらつき、ごわつき、くすみに効果的。週に1~2回スペシャルケアとして取り入れて、毎日使うことは控えましょう
  • 塗れていない肌にスクラブ洗顔料を使うことは厳禁!必ず予洗いをしてから使って、保湿をしっかり行いましょう
  • スクラブには種類がたくさん。自分の肌悩みに合ったものを選びましょう

■男性の肌を美しく保つ、有効成分に関する記事はこちらからチェック

▼ビタミンC誘導体の詳しい記事はこちら▼

男の美肌に必須の有効成分ビタミンC誘導体。その効果と正しいスキンケア方法を解説

▼セラミドの詳しい記事はこちら▼

男の引き締まり肌に必須の有効成分セラミド。その効果と正しいスキンケア方法を解説

▼ヒアルロン酸の詳しい記事はこちら▼

男の肌の潤いを保つヒアルロン酸。その効果と正しいスキンケア方法を解説

▼コラーゲンの詳しい記事はこちら▼

男の肌の乾燥やシワを防ぐ有効成分コラーゲン。その効果と正しいスキンケア方法を解説

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。