男の美肌に必須の有効成分ビタミンC誘導体。その効果と正しいスキンケア方法を解説

 

肌のお手入れに必要な有効成分。多くの種類の成分がありそれぞれ効果は異なります。

それぞれの効果を正しく理解することで、あなたの肌トラブルを効率的で効果的に改善することができます。

今回はその中でも美肌の必須成分のビタミンC誘導体について解説していきます。

Contents

爽やかで若々しい肌を保つ必須成分!ビタミンC誘導体ってなに?

ビタミンC誘導体とは、肌にビタミンC(L-アスコルビン酸)を効果的に浸透させるために改良した成分です。

なぜ改良が必要だったのかというと、ビタミンCは分子構造が不安定で変質したり壊れやすく、さらに肌に浸透しにくいという性質を持っています。そのためビタミンCそのものを化粧品に配合しても、効果を発揮することができません。

そのデメリットを改良したビタミンC誘導体は、ビタミンCの効果をより期待できるようになった成分です!

ビタミンC誘導体はこれだけの肌トラブルを解決してくれる!

爽やかで若々しい肌を保つ必須成分であるビタミンC誘導体は、どのような効果を見込めるのでしょうか?

【ビタミンC誘導体で解決できる肌トラブル①】ニキビ

過剰な皮脂と不要な角質が毛穴に詰まり、その中で細菌が炎症を起こしているニキビ。ビタミンCは抗炎症作用があるので、ニキビの炎症を和らげることができます。また過剰な皮脂分泌を抑える作用もあるので、ニキビ防止にも!

▼すぐにでもニキビを治したい人におススメの関連記事▼

男性が一度は悩む肌トラブルのニキビ。具体的な改善策と予防方法を徹底解説

【ビタミンC誘導体で解決できる肌トラブル②】シミ

シミの原因であるメラニン。紫外線を浴びると、メラノサイトはまずチロシンという物質を作り出します。そしてチロシナーゼという酵素の力によってチロシンはメラニンへ変化します。ビタミンCはこのチロシナーゼの働きを阻害して、シミのもとであるメラニンの生成を防ぐ効果があると言われています。

▼すぐにでもシミを治したい人におススメの関連記事▼

実年齢より老けた印象を与えるシミ。具体的な改善策と予防方法を徹底解説

【ビタミンC誘導体で解決できる肌トラブル③】毛穴汚れ

ビタミンCは肌の弾力を保つコラーゲンの生成を促す効果があります。ふっくらした弾力のある肌がたるんだ毛穴を押し上げれば、毛穴の開きも目立たなくなります。

▼すぐにでも毛穴汚れを治したい人におススメの関連記事▼

肌全体を暗くするシミ。具体的な改善策と予防方法を徹底解説

【ビタミンC誘導体で解決できる肌トラブル④】シワ

体内で過剰に発生した活性酸素は、コラーゲンやエラスチン、繊維芽細胞を攻撃し、質や量を低下させてしまします。そうなると肌のハリや弾力が失われてシワの原因に。ビタミンCにはこの活性酸素の働きを抑える効果があり、シワの改善が期待できます。

▼すぐにでもしわを治したい人におススメの関連記事▼

かっこいいと老けたの二面性を持つシワ。具体的な改善策と予防方法を徹底解説

【ビタミンC誘導体で解決できる肌トラブル⑤】テカリ

ビタミンCには過剰な皮脂を抑える効果があります。テカリやベタつき、ニキビで悩んでいる方は積極的に取り入れていきましょう。ただ普通肌~乾燥肌の人が使うと肌が乾燥してしまう可能性があるので、保湿ケアをしっかり行うように意識してください。

▼すぐにでもテカリを治したい人におススメの関連記事▼

肌の清潔感を奪うテカリ。具体的な改善策と予防方法を徹底解説

ビタミンC誘導体ってどんな種類があるの?

ビタミンC誘導体と一言で言っても、実は様々な種類があります。化粧品の全成分表記には下記のような成分名で表示されているので、化粧品を選ぶ際に参考にしてください。

水溶性ビタミンC誘導体の種類

水に溶けやすい性質を持つ水溶性ビタミンC誘導体は、化粧水を始めとするローションタイプの化粧品に使用されることが多いです。速攻性がある一方で、肌にとって刺激が強いことが特徴です。

こういう人におススメ!
・過剰な皮脂分泌に悩まされている人
・早く効果を実感したい人

■リン酸型ビタミンC

「リン酸アスコビルナトリウム」と「リン酸アスコビルマグネシウム」の2種類があります。リン酸型ビタミンC誘導体からビタミンCに変化するためには約6時間から10時間必要と言われ、1日2回の使用で体内にビタミンCが存在している環境を作ることができるので、高い美肌効果が期待できます。

■L-アスコルビン酸2-グルコシド

ビタミンCとグルコースを合成し、安定させた成分が「L-アスコルビン酸2-グルコシド」です。熱、光、水、空気中でも安定して存在することができて、反応がゆっくりと進むことから「安定型ビタミンC誘導体」や「持続型ビタミンC誘導体」と言われています。

■アスコルビルエチル

化粧品の全成分表示では「3-o-エチルアスコルビン酸」と表記されます。ビタミンCにエチル基を結合させたビタミンC誘導体で、厚生労働省から認可されている医薬部外品有効成分です。

通常、ビタミンC誘導体は誘導体のまま肌へ浸透し、体内の酵素によってビタミンCになりますが、アスコルビルエチルはそのままの形でビタミンCとして働くことができます。

酵素反応を必要としないので、即効性が高いことが特徴です。またビタミンCとして代謝されるまでに72時間程度必要なので、その分長い時間肌に留まり効果が持続するメリットもあります。

油溶性ビタミンC誘導体の種類

油分に溶けやすいビタミンC誘導体は、乳液やクリームなど油分のある化粧品に配合されています。肌への刺激を少なくし、敏感肌や乾燥肌の人でも使いやすいことが特徴です。

こういう人におススメ!
・肌が乾燥気味の人
・敏感肌の人

■テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

ビタミンCに脂肪酸を結合させ、油溶性にしたテトラヘキシルデカン酸アスコルビル(テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル)は、水溶性ビタミンC誘導体のデメリットである肌への刺激の強さを改良したものです。

そのため高濃度で配合されていても安心して使用することができます。また経皮吸収力も高く、43時間以上も皮膚の中に留まり効果を持続できると言われています。医学部外品有効成分です。

■ステアリン酸アスコルビル

アスコルビン酸とステアリン酸をエステル化することによって得られる油溶性ビタミンC誘導体です。医薬部外品有効成分でもあり、「L-アスコルビン酸ステアリン酸エステル」と表記されます。

肌への浸透性がよいことが特徴です。また抗酸化成分でもあるので化粧品の酸化を防止して、品質を保つ役割もあります。

両溶性ビタミンC誘導体

新型ビタミンC誘導体とも言われ、比較的新しいビタミンC誘導体です。水溶性、油溶性の両方のメリットを活かすように改良されています。臨床データが少なく医薬部外品の有効成分としては、まだ認められていません。

こういう人におススメ!
・肌へしっかり浸透させたい人
・効果を早く実感したい人

■アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS)

リン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を結合させたAPPS(アプレシエ)は「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」と表記されます。

APPS(アプレシエ)は高い浸透力が特徴のひとつ。通常のビタミンCと比較して100倍もの浸透力と言われています。また肌への刺激は比較的低いとされています。

ビタミンC誘導体配合化粧品を選ぶ際のチェックポイント

それでは最後にビタミンC誘導体配合化粧品を選ぶ際のポイントを紹介していきます。自分の肌の状態や質に合ったものを選ぶようにしましょう。

チェックポイント1.配合量について

効果を求めたい方は配合量が多いものを選びがちですが、ビタミンC誘導体の種類によっては肌への刺激が強い物もあります。またビタミンCの性質である皮脂を抑える効果が肌の乾燥を招く原因にもなりかねないので、自分の肌質や求める効果に合わせた配合量を選びましょう。

薬用化粧品(医薬部外品)には1~3%、ドクターズコスメなどには5~6%程度配合されることが一般的と言われています。5%以上配合されている高濃度の化粧品を使うときは、必ずパッチテストをしてから使いましょう。

チェックポイント2.配合されている他の成分について

一緒に配合されていることによって、相乗効果を生み、さらに肌にとって嬉しい効果が得られる成分があります。

■ビタミンE(トコフェロール)

ビタミンEの特徴は強い抗酸化作用。しかしその力を発揮することによってビタミンE自身が酸化してしまいます。ここでビタミンCが近くにあると、還元作用でビタミンEは元の状態に戻ることができて、さらに効果的に働くことができます。

■ビタミンA(レチノール)

ビタミンAの一種であるレチノールは、高い抗酸化力が特徴です。ビタミンCとお互い働きを助け合い、ハリや弾力の促進や、毛穴悩みへのアプローチ、角質層の水分維持をフォローするなどが期待できます。

■ナールスゲン

京都大学と大阪市立大学で共同開発されたエイジングケア成分です。ナールスゲンもビタミンCもコラーゲンの合成を促す効果があり、一緒に使用することで、さらにコラーゲンを増やせる効果が見込めます。

チェックポイント3.敏感肌・乾燥肌の人は注意

ビタミンCには皮脂を抑える効果があります。ビタミンC誘導体は肌への浸透も高い分、刺激が強く皮脂を抑える効果も高いので、乾燥や肌トラブルを招くことにもなりかねません。

敏感肌や乾燥肌の人がビタミンC誘導体配合の化粧品を使う場合は、油溶性ビタミンC誘導体が配合されているものがお勧めです。水溶性よりも刺激が少なく保湿力も高いので、比較的安心して使うことができるでしょう。

ビタミンC誘導体配合のスキンケア用品を効果的に使う3つの方法

1.肌老化は一年を通して、顔全体で進行しています。部分的にケアをするのではなく、顔全体にビタミンC誘導体が配合されている化粧品を使い続けるようにしましょう
2.相乗効果の見込める成分(ビタミンE、ビタミンA、ナールスゲンなど)が配合されている化粧品を一緒に使うようにしましょう
3.コットンパックも有効です。コットンに含ませたビタミンC誘導体をしばらく肌に乗せて、より多くのビタミンC誘導体が肌へ浸透するように働きかけましょう

■男性の肌を美しく保つ、有効成分に関する記事はこちらからチェック

▼セラミドの詳しい記事はこちら▼

男の引き締まり肌に必須の有効成分セラミド。その効果と正しいスキンケア方法を解説

▼ヒアルロン酸の詳しい記事はこちら▼

男の肌の潤いを保つヒアルロン酸。その効果と正しいスキンケア方法を解説

▼コラーゲンの詳しい記事はこちら▼

男の肌の乾燥やシワを防ぐ有効成分コラーゲン。その効果と正しいスキンケア方法を解説

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。