【総まとめ】顔が全体的に黒くなる、毛穴汚れの原因から正しい対処法までを余さず解説

 

顔が全体的に黒ずんでいる、ニキビのように目立つわけではないが、清潔感はない。そんな肌の悩みを抱えたことはありませんか?その原因は毛穴の汚れかもしれません。

男性の肌は女性以上に毛穴が開きやすく汚れが詰まりやすいです。ですが女性に比べて圧倒的に肌に対する意識がありません。男性は女性以上に肌トラブルを起こしやすいのですが、放置している人が圧倒的に多いのです。

毛穴汚れはその代表的な症状です。毛穴汚れが目立ちだした段階では遅いのです。早めの対策を打っていきましょう!

▼早く改善法を知りたいという方向けの、おススメの関連記事▼

跡と残り肌の清潔感を奪う毛穴汚れ、その具体的な改善方法を解説

Contents

女性とは違う。男性ならではの毛穴汚れの特徴

女性と比べると、毛穴が汚れやすい条件が揃っている男性の肌環境です。

【男性特有の毛穴汚れの特徴①】男性の毛穴は大きく、汚れが溜まりやすい!

一般的に男性の毛穴は女性よりも大きいと言われています。これは毛穴の大きさに男性ホルモンの分泌量が深く関わってきています。

男性ホルモンが多く分泌される傾向にある男性は皮脂腺が発達し、皮脂の分泌量も多くなることから、皮脂の出口である毛穴も必然的に大きくなります。さらにスキンケア習慣のない男性だと、洗顔後に化粧水を使わなかったりするので、毛穴は開きっぱなしの状態。自ら毛穴に汚れを溜めているようなものです。

【男性特有の毛穴汚れの特徴②】大きく開いた毛穴には、目立つ角栓ができてしまう

鼻や頬にポツポツ白いものが目立つようになったら、それは毛穴に汚れが詰まってできた角栓です。古い角質と皮脂が角栓の正体。最初は白い角栓も、そのまま放置しておくと酸化して黒くなっていったり、ニキビの原因になったりもします。

さらに毛穴の大きさに合わせるように、角栓も大きくなるので男性の角栓は目立つ傾向にあります。

毛穴汚れが起きてしまう大きな原因

男性の目立つ毛穴汚れ。それには意外とわかりやすい理由がありました。

【男性特有の毛穴汚れ原因①】過剰な皮脂分泌も角栓を作り出す原因に

毛穴に詰まる、嫌な角栓。それを作り出すのが角質と皮脂です。毛穴から排出される皮脂は、毛穴周辺にある古い角質と混ざり合い、毛穴を詰まらせる角栓を形成します。男性の肌は特に皮脂分泌が活発なので、より角栓ができやすい肌環境と言えるでしょう。

【男性特有の毛穴汚れ原因②】間違ったスキンケアを行っている

正しいスキンケアを行えていないと、「過剰な皮脂や古い角質が落としきれない」「毛穴が開いたまま」というような、毛穴汚れの原因を作り出してしまいます。また毛穴に溜まった汚れや角栓を落とすことができていないために、角栓が酸化て毛穴の黒ずみとなって、さらに目立つようになってしまいます。  

男性肌の毛穴汚れの改善方法

目立つ毛穴汚れや、既にできてしまった角栓。どのようにすれば改善されるのでしょうか?

【男性のための毛穴汚れ改善策①】まずは正しい洗顔方法をマスターする

洗顔はただ顔を洗えばいいというわけでばありません。正しい洗顔を根気よく続ければ、毛穴汚れは改善されるはずです。日頃の洗顔を見直して、正しい洗顔方法をマスターしましょう。

1.まずはぬるま湯で予洗いをする
2.洗顔料は必ず泡立ててから使う。キメの細かい泡を作ることがポイント
3.洗う時は泡をクッションにするように、優しく、丁寧に。汚れを泡に吸着させるイメージで。決してこすらないこと!
4.毛穴は下向きになっているので、下から上に小さな円を描くように、くるくると泡を転がして洗いましょう。力を入れても、汚れは落ちません
5.ぬるま湯で丁寧に洗顔料を流しましょう。洗い残しは肌荒れの原因です。髪の生え際や顎下もしっかり流しましょう
6.水分をタオルで優しく押さえるようにして吸い取ります
7.すぐに化粧水を使いましょう。毛穴を閉じる効果も見込めます

【男性のための毛穴汚れ改善策②】化粧水を使って、洗顔後の開いた毛穴を閉じる

入浴後や洗顔後は毛穴が開いた状態。そのままにしておくと、また毛穴に汚れが溜まってしまう原因となってしまいます。化粧水は肌に水分を与えるのと同時に毛穴を引き締める効果も見込めます。化粧水は必ず使うようにしましょう。

毛穴を引き締めたいからといって、肌を叩いたりすることはNG。スキンケアは優しく丁寧に、が鉄則です。

二度と毛穴汚れで悩まない。男性肌ならではのケア・予防対策

毛穴に汚れが溜まらないようにするには、日頃のケアが肝心です!しっかり対策をして、清潔感のある肌をキープしましょう。

【毛穴汚れのケア・予防策①】肌が乾燥していると、毛穴が汚れる?保湿ケアを念入りに

実は乾燥も毛穴汚れの原因となっています。乾燥した角質はうるおいが足りていないために角質層が剥がれやすく、またうるおいを逃さないように皮脂が過剰に分泌するようになります。化粧水を惜しみなく使って水分を角質層に補い、その後には乳液を使って水分が角質層に保持されるように、保湿ケアを行いましょう。 

【毛穴汚れのケア・予防策②】ストレスを溜めないようにする

睡眠不足や不規則な食生活、人間関係や仕事の悩みは、ストレスとなってホルモンバランスを乱します。そうなると肌のターンオーバーも乱れて古い角質も溜まりがちに。ストレスを溜めない生活を心がけて、健康的な肌を維持しましょう。

【毛穴汚れのケア・予防策③】汚れの原因となる角質を徹底ケア

古い角質が肌に溜まった状態を改善するために、週に1回程度、スペシャルケアとしてスクラブ洗顔を取り入れましょう。スクラブは粒子の細かい、肌に刺激の少ないものがお勧めです。スクラブ洗顔をした後は、肌が無垢になっている状態。いつもより念入りにスキンケアをしてください。 

毛穴汚れがひどくなるNG行動を事前に知ろう

気になる毛穴の汚れを解消するために、ついやってしまうこと。それは肌にとって本当によいことなのでしょうか?これから紹介することをやっていたら、危険信号!毛穴汚れを根本から改善するためにも、気をつけていきましょう。

【毛穴汚れを促進するNG行動①】はがすタイプの毛穴シートパックは肌を痛める

毛穴に詰まった角栓が根こそぎ取れると人気のある、毛穴シートパック。角栓が取れる爽快感が癖になると評判ですが、これは肌を痛めるNG行動。シートパックは吸着力が強く、肌にとって必要な皮脂や、まだ必要な角質までも根こそぎとってしまいます。

また無理やり角栓を取ってしまうと毛穴は開いたままになって、さらに毛穴は汚れやすい状態に。同様に指で押しだしたり、ピンセットで角栓を抜く行為もNGです。

【毛穴汚れを促進するNG行動②】効果的なピーリングも、やり方次第ではNG行動に

古い角質の除去や、開いた毛穴を引き締める効果があるピーリング。スペシャルケアとして取り入れることは効果的ですが、肌が綺麗になるからといって短い期間で何度も行うのはNG。ピーリング剤には強い成分が配合されているので、肌にとても負担がかかります。

また肌が無垢な状態になるので乾燥しやすく、短い期間で何度も行っていると逆にそれが肌を弱める原因となってしまいます。

毛穴汚れ対策の化粧品を選ぶ際に着目すべきポイント

毛穴汚れがどうしても気になる!どうにかしたい!という方は、毛穴汚れに効果的な化粧品を使うようにしましょう。

【毛穴汚れ対策スキンケア用品のポイント①】酵素洗顔料で古い角質や角栓をケア

角質や角栓の主成分はタンパク質。それを除去するために酵素のタンパク質と脂肪を分解するという働きを利用して、不要な角質や皮脂を溶かす、酵素洗顔料。効果を実感しやすい酵素洗顔料ですが、酵素の力は肌にとってとても強いので、角質肥厚が気になるスペシャルケアとして取り入れることをお勧めします。

【毛穴汚れ対策スキンケア用品のポイント②】スクラブ洗顔料も角質ケアのお勧めアイテム

顔がざらついてきたな、というときに使いたいスクラブ洗顔料。毛穴汚れの原因となる古い角質を除去することができます。スクラブ洗顔料を使うときは、肌に刺激の少ない粒子の細かいものを選びましょう。こちらもスペシャルケアとして日頃のスキンケアに取り入れることをお勧めします。 

まとめ

毛穴汚れは日々のケアの怠りの現れです。しかし基本的なスキンケアを行えば毛穴汚れはすぐに改善することができます。

簡単に今日からできることをまとめてみました。

・乾燥で毛穴が開くので化粧水で毛穴を閉じる
・特別なケアとして酵素やスクラブ洗顔料を取り入れる
・毛穴シートやピーリングは逆効果にもなるので注意が必要

今回網羅的に毛穴汚れに関する内容を知ることができたと思います。正しい知識をもとに正しい対処法でスキンケアに取り組むことで、清潔感のあり爽やかな印象を与える肌を手に入れることができます。

今日からできる内容も多かったはずです。ぜひ早めのスキンケアに取り組んで行きましょう。

▼早く改善法を知りたいという方向けの、おススメの関連記事▼

跡と残り肌の清潔感を奪う毛穴汚れ、その具体的な改善方法を解説

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。