肌に与える影響とは?!「紫外線」について徹底解説

紫外線とは?

太陽の光には、様々な波長のものが含まれます。それらは紫外線、可視光線、赤外線と分類され、比較的短い波長のものが紫外線に属します。

紫外線の種類

波長ごとに、3つの種類に分類することができます。

UV-A(315~400nm)

紫外線の中では最も波長が長いUV-Aは、物質を透過しやすく、雲や空気、建物などの影響を受けずに地上へ降り注ぎます。太陽から届く紫外線のほとんどはUV-Aが占めています。肌の奥まで届くので、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンを変性させてハリや弾力の低下を招いたり、メラニン色素を酸化させて肌を黒くさせてしまいます。

UV-B(280~315nm)

大気層でほとんどが吸収されてしまいますが、一部は地上へ届きます。太陽から届く紫外線量としては少ないのですが、肌への作用がとても強い光です。短い時間でもUV-Bを浴びてしまうと、肌が赤くなってしまう炎症反応(サンバーン)を起こしたり、数日後に肌が黒くなる色素沈着反応(サンタン)を引き起こします。炎症やシミの原因となるだけでなく、DNAを傷つけてしまうなど、身体への影響がとても強いことが特徴です。

UV-C(100~280nm)

オゾン層や大気圏でほとんど吸収されて、地表にはほぼ到達しません。

紫外線が肌や健康に与えるメリット

紫外線には私達の細胞やDNAを傷つけてしまう危険性もありますが、私達人間にとって必要な光でもあるのです。メリットとデメリットについて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

【紫外線メリット①】ビタミンDの生成

ビタミンDは食物からも摂取できますが、日光を浴びるだけで体内で生成することが可能です。(光合成)ビタミンDは強い骨を作るための必須成分。不足するとクル病や骨軟化病を引き起こしてしまうので、適度な日光浴は必要と言えるでしょう。

【紫外線メリット②】セロトニンの分泌

最近では「幸せホルモン」と呼ばれることもあるセロトニン。気持ちや体調の安定に深く関わっている神経伝達物質です。このセロトニンは、朝、太陽の光を浴びることで分泌が高まります。ストレスホルモンが増えないように調整したり、自律神経の安定性にも関わっているので、適度に日光を浴びることは老化の防止にもつながっていると言えるでしょう。

【紫外線メリット③】体内時計の調整

私たちの身体は「体内時計」という独自のリズムによって統制されています。午前7時になったから朝である、という時間では動いいません。では何をもって身体は朝と認識するかというと、起床後に朝食を取り太陽の光を一定量以上浴びること。太陽の光は体内時計が整えるための大切な指標でもあります。

紫外線が肌や健康に与えるデメリット

【紫外線デメリット①】シワやシミといった肌の老化を促進

紫外線、特にUV-Aは、肌深部まで届いてコラーゲンやエラスチンそのものを変性させたり、コラーゲンやエラスチンを生み出す繊維芽細胞を傷つけます。これが原因となって、シワやたるみなどの光老化現象が起こります。このような紫外線のダメージから守るために、肌はメラニン色素を生み出して紫外線を遮ろうとします。作り出されたメラニン色素はシミ予備軍として存在するようになります。

【紫外線デメリット②】乾燥を引き起こす

紫外線は実は肌を乾燥させる原因でもあります。紫外線を多く浴びていると、少しでも体内への侵入を妨げようとして、肌は余分な角質を溜めて厚い状態にさせた「角質肥厚」に。そうなると肌のバリア機能は低下してしまい、肌内部は水分が足らない乾燥状態になってしまいます。

【紫外線デメリット③】皮膚がん

紫外線(UV-B)はとても強い光で、私たちのDNAをも傷つけてしまいます。細胞にはその傷を修復する機能が備わっていますが、長い期間繰り返し傷つけられているうちに、正常に修復することができず、細胞自体が変異してしまいます。その部分がガンの発生に関わる遺伝子であった場合、皮膚ガンとなってしまうのです。

日焼け予防対策

紫外線は身体にとってなくてはならないものですが、浴びすぎた場合のリスクも大変大きいもの。日光と上手に付き合っていくためにも、上手な紫外線対策を心がけましょう。まず日焼け止めを使うときに知っておきたいことは、「SPF」や「PA」といった表示について。

  • SPF

肌への影響が強いUV-Bを防ぐ効果指標。1~50+までの数値で表され、数値が高いほど防御効果が高い。

  • PA

肌の奥まで届き、細胞を変性させるUV-Aを防ぐ指標。4つの+で表され、+の数が多いほど防御効果が高い。

 

これらを踏まえて、どのような日焼け止めを使えばいいかを考えていきましょう。

顔の日焼け対策ポイント

男性の肌は女性の肌と違い、皮脂分泌が活発です。まずは皮脂が分泌されても効果が下がらないものを選ぶようにしましょう。また化粧もしないので、メイク落としを使う前提の日焼け止めは肌荒れの原因にもなりかねません。これらの理由から皮脂に強く、石鹸で落とせるような、男性向けに開発された日焼け止めを使うことをお勧めします。

また、日常生活ではあまり高いSPF値やPA値は必要ではありませんが、紫外線が強い時期はこまめに塗り直しをするとよいでしょう。海や湖などの水辺や雪山は、水や雪に紫外線が反射されて紫外線量が多くなっている場所です。行くときはSPF値やPA値の高いものを使うようにお勧めします。

身体の日焼け対策ポイント

顔と違って塗る面積の広い体は、スプレータイプなど手軽に使えるものを用意するとよいでしょう。特に春から夏にかけて、紫外線が強い時期のレジャーには忘れずに使うようにしましょう。特に海は海水に紫外線が反射して、さらに紫外線量が多くなる場所。SPF値もPA値も最高値に近いものを準備しましょう。効果が高い分、肌への刺激も強いので、洗い残しがないようにしっかり落としましょう

紫外線に関するQ&A

冬で天気の悪い日であれば日焼け止めクリームをしなくても大丈夫?

どんな季節でも、どんな天気でも、紫外線は降り注いでいます。美しい肌を守るためには、いついかなるときも紫外線は避けるべきです。ただ私たちの身体にとって紫外線を浴びることによるメリットもあるので、状況を見て日焼け止めクリームを使わない日を作るのもよいのではないでしょうか。下記に季節や天気による紫外線量の参考値を記載するので、参考にしてください。

天気の違いによる紫外線量

UV-Aは透過率が高いので、天候によらず降り注いでいると考えてよいでしょう。ここではUV-Bについて比較します。晴れの日に地上へ降り注ぐUV-Bの量を100%とした場合の量になります。

  • 晴れ:100%
  • 曇り:50~80%
  • 雨:20~30%

季節による紫外線量

季節 危険度 紫外線量について
やや高い 4月ごろから徐々に増え始め、5月6月から紫外線量のピークが夏まで続く
とても高い 7月8月も引き続き紫外線量が一年でもっとも高い時期。9月から徐々に低下
やや高い 10月から紫外線量は徐々に減少していく
低い 12月が一年でも最も紫外線量の少ない月。ただし降雪した場合、雪の紫外線反射率は80%を超えるので注意

時間帯の違いによる紫外線量

ここでは7月に茨城県つくば市で観測されたデータを紹介します。

  • 朝(7時~10時):7時の紫外線量と比べると、8時は2.3倍、9時は4倍、10時は6倍と、飛躍的に量が増えることが特徴。
  • 昼(10時~13時):1日で紫外線量が一番多い時間帯。1日のピークは12時、次いで11時となる。
  • 日中(13時~16時):13時から16時にかけて、紫外線量はどんどん少なくなっていくが、13時、14時はまだ量が多い。
  • 夕方(16時~19時):17時で7時の紫外線量より少なくなり、18時にはほとんど観測されない。
  • 夜(19時~):日が沈むと同時に紫外線は観測されなくなる。

日焼け止めクリームと一緒に使うと効果的なスキンケア用品は?

化粧水をたっぷり使うことをお勧めします日焼け止めは肌にとって刺激の強い化粧品です。少しでもダメージを軽減するように、肌にたっぷりうるおいを与えて、バリア機能を働かせるように促しましょう。

また日焼け止めの一部には肌を乾燥させてしまう成分が配合されているものもあります。化粧水であらかじめしっかり保湿ケアをしておくとよいでしょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。