【総まとめ】あらゆる肌トラブルを誘発する乾燥の、原因から正しい対処法までを余さず解説

顔の肌がめくれる、顔から白い粉が落ちる。このような肌の乾燥に悩まされている男性も多いのではないでしょうか?

実は男性の肌は女性以上に乾燥しやすいものです。その原因は普段のスキンケアを怠っているからといえます。そして一番厄介なことは肌が乾燥することは他の肌トラブルを起こす原因となります。例えば以下の肌トラブルに悩まされた人はいないでしょうか?

  • ニキビ
  • シワ
  • テカりやベタつき

実はこのような肌トラブルは乾燥が原因で起こっていることがあります。裏を返せば、肌の乾燥にしっかりと対処することで、あらゆる肌トラブルを未然に防ぐことができます。

肌が乾燥してきたな、と感じたその日が肌トラブルのサインです。今回はそんな乾燥肌に関しての正しい知識と対処法を紹介していきます。

▼早く改善法を知りたいという方向けの、おススメの関連記事▼

あらゆる肌トラブルの原因なる乾燥、具体的な乾燥肌対策

Contents

女性とは違う。男性ならではの乾燥肌の特徴

男性は皮脂が多く分泌されているので、自覚のない隠れ乾燥肌の方が多いです。だからこそ、今一度自分の肌としっかり向き合ってみてください。

【男性特有の乾燥肌の特徴①】オイリー肌でも実は肌内部は乾燥している!?インナードライに注意!

男性の肌は女性の肌と比べると、水分蒸散量が2倍以上多いことがわかっています。これは男性の肌細胞は水分を溜めこむ力が少ないということ意味します。

皮脂は過剰に分泌されるけれど、肌内部は乾燥している状態。実は多くの男性が自覚のないインナードライ肌であると言われているので、十分に保湿ケアをすることが大切です。

【男性特有の乾燥肌の特徴②】毎日のシェービングが、カサついた乾燥を引き起こす

角質層の表面は、肌を外部刺激から守り肌内部の水分を保つ役割を果たす、肌のバリア機能として働いています。

しかしシェービングは少なからず肌の表面を削り、バリアの機能を剥がしてしまいます。バリア機能のない、むき出し状態の肌は、角質層にある水分がどんどん蒸散してしまい乾燥につながります。シェービング後の肌は敏感になっているので、優しく丁寧なケアが必要です。

肌が乾燥してしまう大きな3つの原因

乾燥肌を治したいなら、まずはその原因を知ることが大切です。なぜ肌は乾燥してしまうのでしょうか。解説します。

【男性特有の乾燥肌の原因①】角質層に十分な水分が保てずに、枯れてしまっている

角質層には水分を保持するためには、肌表面の皮脂膜、角質層に存在する細胞間脂質とNMF(天然保湿因子)がしっかり機能していることが重要です。皮脂膜は外的刺激から肌を守り、肌内部の水分蒸散を防ぎます。細胞間脂質とNMFは水分を抱え込み、外へ蒸散しないように留める役割があります。

しかし細胞間脂質やNMFが何らかの原因で機能が低下してしまうと、水分を角質層に保持することができず、乾燥した肌になってしまいます。

【男性特有の乾燥肌の原因②】加齢も乾燥肌の原因のひとつ

年を重ねると、どうしても細胞の働きに衰えがでてきてしまいます。

  • 発汗や皮脂分泌の減少
  • 肌のバリア機能の低下
  • ターンオーバー(肌の新陳代謝)の遅れ
  • 自律神経の乱れ

など。これらが重なり、肌は水分を保つことができなくなり乾燥してしまうのです。

【男性特有の乾燥肌の原因③】過度なストレスや疲労に影響されて乾燥肌に

意外かもしれませんが、過度なストレスや疲労も乾燥肌の原因になります。ストレスを受けたり疲労が溜まると、血管が委縮してしまい体温が下がり、肌のターンオーバーの周期も乱れがちになりになります。そうなると角質細胞が生まれ変わるときに十分に育つことができなかったり、保湿成分のセラミドを生み出す力が弱まる原因につながります。

その結果、肌のバリア機能の低下や水分保持力の低下を引き起こし、肌を乾燥させるのです。 

男性の乾燥肌の治し方

乾いてしまった肌は、どのようにすれば潤いを取り戻せるのでしょうか。効果的と言われる方法を紹介します。

【男性のための乾燥肌改善策①】角質層に水分を補うこと

角質層に十分な水分が保てていないことが大きな原因である乾燥肌。まずは化粧水などで水分を補給してあげましょう。乾燥が目立つときは、洗顔後に使う化粧水を2回、3回と重ねづけすることもよいでしょう。角質層へ浸透するように顔を手で包み込むイメージで化粧水を使うことがポイントです。

また角質層の保湿成分であるセラミドが配合されている化粧水や保水力の高いヒアルロン酸が配合されているスキンケア用品を使うこともお勧めです。

【男性のための乾燥肌改善策②】うるおいを逃さないように乳液などで蓋をすることを忘れない

化粧水などでたっぷりと水分を補っても、そこでスキンケアを終えてしまうと効果は半減。男性の肌は水分保持力が低いので、補った水分がどんどん蒸散してしまいます。

そのうち蓋の役割をする皮脂が分泌されるだろうと思うかもしれませんが、皮脂分泌を待っている間に、角質層の水分は減っていく一方です。乳液などを使って水分が逃げないように蓋をしてあげることが重要です。

インナードライで過剰な皮脂分泌が気になる方は、油分の配合が少ない乳液やジェルタイプのものを選ぶとよいでしょう。

【男性のための乾燥肌改善策③】洗顔をするときの湯温に注意!

洗顔をするときに、温かいお湯を使っていませんか?実はそれも乾燥を招く要因のひとつ。

温かいお湯は肌の温度を上げます。そうすると温まった肌は、温度を下げようとして角質層の水分を蒸散させ、肌を乾燥させてしまうのです。また汗もかきやすくなるので、洗顔後に使うスキンケア用品も馴染みにくくなります。

洗顔時の湯温は温かいお湯はNG!ぬるま湯を使うことが、乾燥肌を治す近道です。

二度と乾燥肌で悩まない。男性肌ならではのケア・予防対策

日常生活の何気ない習慣を見直すだけでも、乾燥肌を予防することができます。できることから取り組んで、乾燥しない肌を目指しましょう!

【乾燥肌ケア・予防策①】タオルの使い方に注意!「水分を吸いとること」を意識する

洗顔後や入浴後、何気なくタオルで肌を拭いていませんか?拭くという行為は、実は肌に摩擦という刺激を与えています。特に入浴後は温かいお湯で角質層が柔らかくなっている状態。少しの刺激でもダメージとなってうるおいを保つ組織に傷をつけてしまいかねません。

タオルを使うときは拭くのではなく、やさしく押さえるようにして、水分を吸いとるということを意識しましょう。

【乾燥肌ケア・予防策②】肌に触れるお湯の温度はぬるま湯をキープ

特に寒い季節には、どうしても温かいお湯を使いたくなります。しかし温かいお湯は肌の皮脂を必要以上に取り除いてしまったり、角質層の水分を蒸散させ、肌を乾燥させてしまう原因となります。

肌に触れるお湯は、温かすぎないぬるま湯を使う習慣を身につけましょう。 

【乾燥肌ケア・予防策③】セラミド配合のスキンケア用品を使って、角質層にうるおいを補給する

セラミドとは角質層にある細胞間脂質のひとつ。水分を蓄えて外的刺激から肌を守る役割をしています。セラミドは肌のうるおいを保つ大切な成分ですが、加齢やストレス、紫外線の影響などで減少してしまいます。

ただセラミドは角質層に存在している成分なので、スキンケアで補うことが可能です。乾燥が深刻化する前に、セラミドが配合されているスキンケア用品を意識して使うことをお勧めします。

 

▼肌の乾燥を劇的に改善するセラミドの詳しい記事はこちら▼

男の美肌に必須の有効成分セラミド。その効果と正しいスキンケア方法を解説

乾燥肌がひどくなるNG行動を事前に知ろう

知らず知らずのうちにやってしまっている肌を乾燥させてしまう行動。これをやっていたら注意です!

【乾燥肌を促進するNG行動①】エアコンの効いた部屋にずっといる

冬や夏はエアコンが大活躍する季節。ずっとエアコンの効いた部屋にいることはありませんか?エアコンを介した空気は、とても乾燥しています。

エアコンは室内の空気を一度取り込んで、温めたり冷ましたりするのですが、そのときに空気中の水分が取り除かれてしまいます。エアコンの室外機から出ている水は、部屋の空気の湿度だった水分です。そんな乾燥した空気中にいると、肌が乾燥してしまうことは明白です。

まずは無理のない程度にエアコンを使うことを控えて、使った場合も部屋の換気をこまめにするように心がけましょう。

【乾燥肌を促進するNG行動②】睡眠不足は肌を乾燥させてしまう

睡眠不足と乾燥はイメージ的に結びつきにくいかもしれません。しかし睡眠不足は確実に肌を乾燥させてしまいます。肌のうるおいを保つ重要な役割を果たす細胞間脂質はターンオーバーの過程で生成されます。ターンオーバーは睡眠中に分泌される成長ホルモンによって促進されるので、十分な睡眠が取れていないとターンオーバーが滞ってしまいます。

そうすると細胞間脂質も十分な量を生成されなくなり、肌が乾燥してしまうのです。乾燥しない肌を手に入れるには、まずは睡眠時間をたっぷり取ることが重要です。

乾燥肌を促進するNG行動③】肌に刺激を与えると、そこからうるおいが逃げていく

肌はとてもデリケート。ちょっとしたことでも刺激となって角質層が傷ついてしまいます。シェービングやタオルの摩擦はもちろん、洗顔時のお湯の温度や強い成分の入ったスキンケア用品なども刺激となって肌を乾燥させてしまう原因になるので注意が必要です。 

乾燥肌対策のスキンケア用品を選ぶ際に着目すべきポイント

乾燥肌に悩んでいるときは、どのような化粧品を使えばよいのでしょうか。

【乾燥肌対策スキンケア用品のポイント①】保湿効果の高い成分が配合されていることに注目する

保湿効果の高いと言われている成分が配合されていると、乾燥から肌を守ってくれます。化粧品を選ぶときは、意識して見てみましょう。

必須成分①:セラミド

細胞間脂質のひとつで、水分を蓄える効果があります。化粧品が浸透することのできる角質層に存在している成分なので、積極的に取り入れましょう。より高い浸透を求める場合はナノ化されているものを選ぶとよいでしょう。

 

▼肌の乾燥を劇的に改善するセラミドの詳しい記事はこちら▼

男の美肌に必須の有効成分セラミド。その効果と正しいスキンケア方法を解説

必須成分②:ヒアルロン酸

真皮に存在する成分で、うるおいや弾力を保つ効果があります。分子量が大きいので残念ながら肌へ浸透する効果は望めませんが、その1グラムあたり6リットルもの水分を蓄えられる特徴を活かして、肌の上で潤いを保つにはとても有効な成分です。

 

▼ヒアルロン酸の詳しい記事はこちら▼

男の肌の潤いを保つヒアルロン酸。その効果と正しいスキンケア方法を解説

必須成分③:コラーゲン

真皮の存在しているコラーゲンは、肌のうるおいやハリを保っている成分です。コラーゲンも化粧品に配合されているものは真皮まで浸透することはできませんが、肌表面に高分子の膜をはり、水分を保ちながら保湿をする効果が期待できます。

 

▼コラーゲンの詳しい記事はこちら▼

男の肌の乾燥やシワを防ぐ有効成分コラーゲン。その効果と正しいスキンケア方法を解説

【乾燥肌対策スキンケア用品のポイント②】乳液やクリームは必ず使うこと

化粧水で補給した角質層の水分を逃さないようにするために、乳液やクリームを使うことを欠かさないようにしてください。ベタつく使用感が嫌という方は、男性用に開発されたさっぱりとした仕上がりの乳液を選びましょう。深刻な乾燥に悩んでいるときは、保湿力の高いクリームを使うとよいでしょう。 

乾燥肌にお勧めのスキンケア用品

【BULK HOMME】THE LOTION 100g 3,240円(税込)

「乳液は重くてベタつく」という固定概念を覆す、男性のために開発された男性用の乳液。スクワランオイルを始めとする美容成分で、肌にとって最適なバランスで水分と油分を供給することができます。

それでいてサラッとしていてベタつかない使用感は、乾きがちな男性のマストアイテム。天然保湿因子である「黄金まゆ」のエキスが肌のバリア機能をサポートして、肌を乾燥から守ります。

こんな人にお勧め

■ベーシックなスキンケアアイテムを探している人

■ベタつく使用感が苦手な人

使用方法

化粧水を使った後に使う保湿乳液としてお使いください。

保湿以外に期待できる効果

黄金まゆエキスが肌のバリア機能をサポートするため、毎日使うことで肌の状態を整えることができます。

公式HPはこちらから

【ZIGEN】オールインワンフェイスジェル 100g 3,990円(税込)

ベタつかず、軽い使い心地のオールインワンジェル。セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分を配合しているので、肌に十分な潤いを与えることができます。

これ1本で、化粧水、美容液、乳液、クリームの役割を果たします。手軽に使えるところが多くの男性に支持されています。

こんな人にお勧め

■一本でスキンケアを完結させたい人

■化粧品のニオイが苦手な人

使用方法

洗顔後の肌にそのままのばしてお使いください。オールインワンジェルなので、これ1本でスキンケアが完結できます。

保湿以外に期待できる効果

コラーゲンが肌のハリを保ちます。若々しく健康的な肌をキープすることができます。

公式HPはこちらから

【メディプラス】メディプラスゲル 180g 3,996円(税込)※通常価格

乾燥に悩む女性からも支持されているオールインワンゲル。アクアオイルやアボカド油などを配合して、肌からの水分蒸散を防ぎます。セラミドやヒアルロン酸の保湿成分と、美肌の湯と言われている出雲玉造温泉水が健康的な肌へ導きます。

防腐剤や鉱物油、石油系界面活性剤を使用していないので、肌が敏感な方にもお勧めです。

こんな人にお勧め

■一本でスキンケアを完結させたい人

■角質硬化が気になる人

使用方法

洗顔後の肌にそのままのばしてお使いください。オールインワンゲルなので、これ1本でスキンケアが完結できます。

保湿以外に期待できる効果

保湿に特化したオールインワンゲルです。その他の効果を期待するというよりは、深刻な乾燥にしっかりアプローチできるように様々な保湿成分を配合しています。

公式HPはこちらから

まとめ

乾燥肌は他の肌トラブルを誘発する最初の症状です。しかし肌の乾燥を防ぐこと自体は普段の生活にちょっと気を配るだけで改善することができます。そしてそれがニキビやしわといった重度の肌トラブルを引き起こさない最善の予防策になります。

簡単に今日からできることをまとめてみました。

・洗顔する水の温度やタオルでの顔の拭き方に気を配る

・セラミドやヒアルロン酸といった、肌に良いとされる成分を配合したスキンケア用品を取り入れる

・肌の水分蒸散を防ぐため乳液で蓋をする

今回網羅的に乾燥肌に関する内容を知ることができたと思います。正しい知識をもとに正しい対処法でスキンケアに取り組むことで、いつまでも若々しい印象を与える肌を手に入れることができます。

今日からできる内容も多かったはずです。ぜひ早めのスキンケアに取り組んで行きましょう。

▼早く改善法を知りたいという方向けの、おススメの関連記事▼

あらゆる肌トラブルの原因なる乾燥、具体的な乾燥肌対策

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。