【最短ニキビ改善】男の大人ニキビの原因と改善方法を徹底解説

 

「毎朝毎晩しっかりと洗顔化粧品で顔を洗っているのにニキビが治らない」

あごや頬に赤く目立つニキビがたくさんできてしまう。治ったと思ったら、またできてしまい常にニキビがある。思春期をすぎているのに、ニキビが治らない。このように大人になってからもニキビは多くの男を悩ませています。事実、皮膚科へ通院する男の多くが、ニキビに関する相談だそうです。

今回は肌トラブルでもっとも深刻化しやすいニキビについて取り上げます。

男性肌特有の大人ニキビができてしまう大きな原因

男は女性より特にニキビができやすいです。その理由はどこにあるのでしょうか。まずはその原因を探りましょう。

1.過剰な皮脂によって毛穴が詰まり、アクネ菌が炎症を引き起こす

男の肌はホルモンバランスの影響により、皮脂が多く分泌される特性があります。皮脂は毛穴を通って肌の表面に分泌されますが、過剰に分泌されることによって毛穴がふさがってしまいます。これが白ニキビと言われる状態です。

外に出られなくなった皮脂は毛穴の奥に溜まり、肌に常在しているブドウ球菌やアクネ菌が、溜まった皮脂を栄養源として繁殖し炎症を起こします。特にアクネ菌は脂肪分を好み、空気を嫌う嫌気性の細菌なので、毛穴が詰まれば詰まるほど毛穴の奥で増殖していきます。

皮脂は細菌によって遊離脂肪酸という肌細胞に強い刺激を与える炎症物質に変化します。この遊離脂肪酸によって炎症を起こした結果、白ニキビは赤ニキビになってしまいます。そしてこれが化膿してしまうと黄ニキビへと症状が進行するのです。

2.男性ホルモンであるアンドロゲンが角質層を厚くさせる

男性ホルモンであるアンドロゲンが肌に及ぼす影響は、皮脂分泌を過剰にさせるだけではありません。アンドロゲンは角質層を厚くする効果もあります。

角質が厚くなると毛穴も詰まりやすくなるので、ニキビができやすい環境になってしまいます。同じようにターンオーバーが乱れていると、古い角質が毛穴に詰まりやすくなるのでニキビができやすくなると言えるでしょう。

3.実は肌が乾燥しているインナードライは大人ニキビの大きな原因

ニキビができるメカニズムには皮脂や角質が大きく関わっていますが、大人ニキビの原因はそれだけではありません。2013年に富士フイルムが行った調査によると、大人ニキビの発生している場所は部分的に水分量が不足している「部分乾燥肌状態」になっていることがわかりました。角質ケアをして皮脂を抑えるだけでは、大人ニキビは改善されないのです。水分保持量が少ないと言われている男の肌は、実はとても乾燥しやすい環境。大人ニキビ対策にはうるおい補給も重要になってきます。

次ページ:男の大人ニキビの解決方法

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。