男は本物の濃密泡で体を洗う(THE BODY WASH)

顔のスキンケアをしない男性でも、日々バスタイムで欠かさずボディのケアは行っていると思います。

ボディソープやせっけんを泡立てネットにつけてちょっと泡を立ててゴシゴシ擦る。そんな風に日々なんとなくケアしていませんか?

・洗った後、体に炎症が起き赤くなっている。

・洗ったのに体がムズムズする。

・洗ったのに体が乾燥で痒くなってしまう。

こちら1つでも当てはまる場合、ボディーソープの影響もあるかもしれませんが、肌に余計な摩擦を与え、皮脂が落ちてしまっているなど、洗い方が原因かもしれません。

ボディソープは、肌に対しての刺激が強すぎたり洗浄成分が強すぎたりすると、必要な皮脂分が剥がれ落ち、皮膚の水分が抜け炎症が起きてしまう原因になるのだそう。

体を洗えればなんでもいい。安い石鹸でもいいや。と思いがちなボディケアですが、肌に炎症が起きてしまう可能性があると思うと正しいケアを知りたくなりますね。。

大切な体を洗うものだからこそ、ボディソープもこだわって選び、使いたいところ。

BULK HOMME では、男性の体を考え尽くした処方で、肌に吸着するように汚れを洗い流すだけでなく、濃密で弾力のある泡が全身を優しく包み込む“THE BODY WASH”(ボディウォッシュ)を開発しました。

・・・ 開発のこだわりを CHECK! ・・・

1.濃密で弾力ある泡クッション
「シロキクラゲ多糖体」が泡質の細かい濃密でつぶれにくい泡を維持し、しっとりなめらかな質感を実現します。
2.男性にとっての効率的な洗浄方法
泡をクリーミーにする「タルク」が、ソフトなスクラブ剤として体毛の多い男性の肌の汚れを効率よく洗い流します。
3. 体を乾燥から守る保湿力
さっぱりとした洗い上がりながらも、肌になじみやすく乾燥から守る「オリーブ果実油」や優れた抱水性を持つ「シロキクラゲ多糖体」が体の肌も保湿ケアします。

・・・ 開発者の声を CHECK!・・・

“THE BODY WASH”は、「世界を変える泡」をコンセプトに、繊細な泡を醸成するボディウォッシュを目指して研究開発しました。

ゴシゴシこする洗い方は過剰な刺激となり、背中ニキビ、乾燥、シミなど、身体にも様々なトラブルが起こる可能性となります。
顔でも身体でも、摩擦は肌にとって刺激です。
濃厚で弾力のある泡は、洗体時の肌への刺激を避け、肌トラブルを防ぐ役割を担っています。

“THE BODY WASH”は顔と体のメカニズムの違いを考えた処方。

身体は顔と比べ皮脂線が少なく、皮脂を洗いすぎる必要がないので、石けん成分は控えめにしつつも、女性に比べ体毛の多い男性の肌でも効率よく汚れを落とせるように、柔らかいパウダーによる物理的な洗浄もできるように設計しています。

また、体は皮脂が少ない分、適度な保湿は必要です。
“THE BODY WASH”(ボディウォッシュ)の泡には優れた保水作用がある為、肌を労わりながら洗い上げる事が出来ます。

忘れてはいけないのが、汗や皮脂、汚れなどによる体のニオイです。
そんな男性特有の悩みにも対応できるよう、ニオイの原因までをしっかり洗浄する設計をしています。

・・・ 全製品配合 肌のベースを整える、7つの共通成分  ・・・

肌本来の美しさに働きかけるため、肌を目覚めさせ水分バランスを整える成分に着目して、BULK HOMMEでは全ての製品に7種類の素材を共通美容成分として配合しています。

①リンゴ果実培養細胞エキス:保湿・整肌
②温泉水:保湿
③グリセリルグルコシド:保湿
④加水分解シルク:保湿
⑤チャ葉エキス:整肌
⑥ユズ果実エキス:整肌
⑦セイヨウシロヤナギ樹皮エキス:整肌

そして、“THE BODY WASH”(ボディウォッシュ)にはこだわり成分として
「クレイミネラルズ:洗浄」されています。

クレイミネラルズは、肌に水分を残しながら皮脂に含まれる余分な脂を吸着することに特化した成分です。

今や数えきれないほどの種類があるボディソープ。

どのボディソープが自分の肌に合っているかは体験してみないとわかりません。

濃厚な泡で摩擦を防ぎながら、不要な汗・皮脂・古い角質など男性特有のニオイの元や汚れを包み込み、浮かせて洗浄。
同時にスキンケアとの共通成分で肌の潤いも守るボディソープ、“THE BODY WASH”(ボディウォッシュ)。

本物の泡で、体を洗ってみてください。

▼製品詳細・購入ページ▼

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。