【基礎から学ぶ】男のスキンケア方法

 

突然ですが、スキンケアは何のためにしていますか?

なんとなく顔を洗う。なんとなく化粧水を使う。男性に至っては洗顔だけ、という方も多いのではないでしょうか?

今回は、メンズスキンケアブランドBULK HOMMEが提唱するスキンケアの基本となる 3STEP 「洗う」「潤す」「守る」から、それぞれが肌にとってどんな必要な役割を持つかご紹介します。

スキンケアの基本

  • 洗う(洗顔)
  • 潤す(化粧水)
  • 守る(乳液)

スキンケアの基本はこの3ステップです。

健康な肌の条件は、清潔さを保ち、水分と油分のバランスが整っていること。
けれど、毎日内からも外からもストレスに晒されている肌には、状態を整えるためのサポートが必要です。

▼肌ストレスについて詳しく▼
ストレスで肌が荒れる原因は?ストレスの種類と対策を解説

その方法は、洗顔で汚れや皮脂を「洗い」 肌を清潔にしたあと、化粧水の水分でしっかり「潤い」を補給し、乳液で肌の水分と油分のバランスを整え、外的刺激や水分の蒸発から肌を「守る」 ことです。

この、肌本来の役割に沿った3ステップは、スキンケアの基本であり、男性にとってのベーシックケアだとBULK HOMMEは考えています。

ここで、この 3ステップについて細かく分析してきます。

スキンケア方法

1.洗う(洗顔)

まずは古い角質や汚れを落とし、素肌をクリアな状態にします。洗顔の役割は、空気中のホコリや汗、皮脂、 古い角質などの汚れを落とすことです。

日中は、空気の汚れや汗・皮脂などが、睡眠時は皮脂や布団のホコリなどの汚れが肌につきます。さらに男性は、男性ホルモンの影響で、女性の約3倍の皮脂を分泌すると言われています。

そのため毎日朝と夜の2回、洗顔で汚れを落とすことが大切になってきます。

洗顔方法

  1. ぬるま湯で顔をしっかりすすぐ
  2. お湯で濡らしたネットに10円玉くらいの洗顔料を取る
  3. 空気を含ませながら水分と洗顔料を混ぜ合わせるように泡立てる
  4. 皮脂分泌が多いから泡をのせる
  5. 泡を転がすようにやさしく洗う
  6. 髪の生え際、耳の裏、あごの下、首元などの泡の残りやすい部分に気を付けながら、すすぎ残しのないようしっかり洗い流す
  7. 顔を押さえるように優しくタオルで拭き取る

2.潤す(化粧水)

たっぷり潤すことで 肌の水分バランスを整えます。化粧水の役割は、肌に保湿成分や美容成分を与え、水分補給をしてあげることです。

女性より肌の水分量が少なく、角質層が厚い男性は水分の浸透もしにくいため、 しっかりと潤いを補給してあげることがとても重要になってきます。

化粧水の使い方

※洗顔後は乾燥しやすいので、出来るだけ早く化粧水を使うのがおすすめ。

  1. 10円玉くらいを手のひらにとる(※2~3回に分けて、少しずつ入れ込むのが角質層まで浸透させるコツです)
  2. 手のひらで温めて、手全体に広げる
  3. 手のひら全体を使い、優しく押し込むように顔全体に広げながら押し込む
  4. 小鼻周りや目元などの細かい部分を指先を使いしっかり馴染ませる
  5. 特に乾燥しやすい目元、口元、あごなどは入念に保湿する
  6. 肌の表面に水分を感じなくなるまで入れ込んだら、角質層まで浸透した目安

3.守る(乳液)

乳液の役割は、肌を柔らかくし、水分と油分のバランスをコントロールすることです。

男性の肌は水分蒸発率が高く、皮脂が出やすい傾向にあります。肌の水分を守りながら過剰な皮脂分泌を防ぐためにも、 水分と油分のバランスの取れた肌に整えることが大切です。

また、乳液は美容成分を肌に届ける役割も担っています。せっかく化粧水で潤いを与えても、乳液で蓋をしてあげないと、スキンケアは完了しないのです。

乳液の使い方

  1. 10円玉くらいを手のひらにとる
  2. 手のひらで温めながら、手全体に広げる
  3. 手のひら全体を使いながら、優しく馴染ませる
  4. 顔全体に広げながら、入れ込んでいく
  5. 特に乾燥しやすい目元、口元、あごなどは入念に保湿する
  6. 数回に分けてしっかり馴染ませることで、肌の油分バランスを整えべたつきにくい肌に仕上がる
  7. 顔の表面にベタつきがなくなるまでしっかり馴染ませる

 

洗顔しかしていない人。乳液は使わない人。実際 3ステップを守っている人は、ごくわずかではないでしょうか。

洗うだけだと守ることはできませんし、洗わないで化粧水で潤そうとしても、油分に弾かれ肌に馴染みにくくなってしまいます。

効果を実感するためにも、未来の自分の肌のためにも、3ステップは守っていきましょう。

肌のメンテナンスの理想的なタイミングとは?

3ステップについて分かっても、いったいどのタイミングで実行をすればいいのか。BULK HOMMEでは、朝と夜で肌の状態が異なることに注目し、目的に合ったスキンケアを提唱しています。

1.朝

主に日中の刺激から肌を守るための「活動の準備」期間。

朝起きたとき、顔がテカっていることはありませんか?

実は朝起きた時の男性の皮脂量は、 寝る前の6倍以上と言われています。

皮脂には寝具や空気中のホコリが付着しているため、朝はしっかり汚れを落とすことが重要です。

汚れを落とした後は保湿をして、日中の刺激から肌を守るためのスタンバイをしましょう。

2.夜

主に日中のダメージをメンテナンスして「睡眠の準備」をする期間。

夜のスキンケアは、日中ダメージを受け続けた肌へのメンテナンスです。

ターンオーバーには睡眠中に分泌される成長ホルモンが欠かせないので、睡眠時の肌環境を整え、代謝をサポートすることが大切です。

肌の負担となる汚れをしっかり落とし潤いを与えて、しっかり肌をメンテナンスしましょう。

上記のように、朝晩のスキンケアにはそれぞれ違った目的があります。

日中の肌には、皮脂膜を作って空気中の汚れや乾燥などから肌を保護したり、汗を出して体温調節をしたりと、日中の活動のために外的ストレスから 「守る」という役割。

睡眠中の肌は、肌自身が持っている力で日中受けたダメージを修復し、老廃物を流しながら新しい細胞を作る「回復」の働きをする役割。

朝・夜それぞれ必要なタイミングでのスキンケアは、肌が正常に機能する環境を整えるための理想的なメンテナンスなのです。

なんとなくしてきたスキンケアも、「3ステップ」 と 「タイミング」 をおさえれば、より効果的になるはずです。

みなさんも新しい肌のメンテナンスをしてみませんか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。