健康的な肌に必要な「バリア機能」に迫る

バリア機能」という言葉を聞いたことはありますか?

実は健康的な肌を作るために重要な役割を持つバリア機能。

いつまでも健康的な肌を保つためにも、まずはバリア機能について理解していきましょう。

バリア機能とは?

肌表面にあるわずかラップ1枚分 (0.02mm程)の角質層が、空気の汚れや乾燥などの外的ストレスを防いでくれたり、肌の内側の水分が必要以上に蒸散しないよう守ってくれたりする役割のことです。

バリアが壊れてしまうと肌を守ることが出来なくなることもあるため、肌の健康を保つ上でも、バリア機能は欠かせないものになっています。

しかし、バリア機能は肌ストレスに弱く、簡単に壊れてしまうのです。

<肌ストレスの主な原因>

・髭剃りの空剃り

・おしぼりやタオルで顔を拭く際の摩擦

・紫外線や日焼け

これらのような乾燥させたり、傷つけたり、肌に負担がかかることは全て肌ストレスと言えます。

日常で体やメンタルがストレスを感じるように、肌もストレスを感じてしまうのです。

これらのストレスを過剰に受けた肌は、潤いのバランスが崩れ、バリア機能が壊れてしまいます。

潤いのバランスが崩れてしまうと、アクネ菌(=ニキビ菌)が増殖してしまったり、毛穴の周りが傷つき炎症が起きやすくなったりと、肌荒れの原因に繋がってしまいます。

何歳になっても、ニキビができたり、肌トラブルが起こるのは避けたいですよね。

そのためにも、水分と油分のバランスをとり、バリア機能を守る必要があるのです。

スキンケアでバリア機能を守ろう!

スキンケアをすることで、潤いのバランスが崩れるのを防ぎましょう。

男性のスキンケアというと、洗顔しているからOK!という風に思われる方もいるかもしれませんが、それだけでは不十分です。

洗顔は肌の汚れを落とすもの。

でもバリア機能を守るためには、水分と油分のバランスが重要です。

化粧水で水分を肌に与え、乳液で水分が蒸発しないような膜を張る。

ここまでして初めて、潤いのバランスは保たれ、バリア機能を守ることができます。

健康的な肌を手に入れるためにも、毎日のスキンケアはとても大切になってきますね。

また、人間の肌は、傷がついてもかさぶたになってはがれ落ち、キレイに生まれ変わります。

これはターンオーバーと言って、新しく生まれた細胞が徐々に肌の表面へと押し上げられ、アカ(古い角質)となって自然とはがれ落ちるからなのですが、バリア機能が低下してしまうと、このターンオーバーが乱れる大きな原因にもなってしまうのです。

このことからも、いかにバリア機能が大切かが分かりますよね。

そして肌にとって、食生活・睡眠時間などの生活習慣もとても大事です。

偏った食事をしない。

睡眠のゴールデンタイムと言われる22時~26時を目安に、成長ホルモンを分泌させるために良質な睡眠をとる。

胃の働きを考えて寝る2~3時間前は食事をしない。

生活」と「」は二人三脚です。

生活習慣と日々のスキンケアを見直し、健康的な肌を手にいれましょう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。