【THE FACE WASH・THE BUBBLE NET】使い方~男のスキンケア洗顔~

 

毎日の洗顔って、皆さんどうされていますか?
漠然と聞かれても、何が何だかわからないですよね。

普段の何気ない洗顔方法も、人によって様々で、肌にプラスの洗顔もあれば、肌にダメージを与えてしまうような間違った洗顔もあります。

そんな事をしっかり考えたことなく生活している人がほとんどですし、完璧にできている人がどれだけいるかはわかりませんが、できるかぎりのケアを心掛け、健康肌のためにできることをしてみませんか?

洗顔を細かく考えていくと、泡の立て方から流すところまで、注意する事やより効果がでる方法が多くあります。

今回は、BULK HOMMEが提唱する洗顔方法を伝授いたします。

正しい洗顔の流れ

  1. 顔をぬるま湯で予洗いする
  2. 専用ネットで泡を作る
  3. 泡で顔を洗う
  4. ぬるま湯で洗い流す
  5. 拭き取る

となります。

しっかり確認してみると今までやっていなかったことや、やってはダメなことなど、
新しい気付きがあると思います。

それぞれの手順について、細かく知ることで、正しい洗顔を理解しましょう。

【STEP 1】ぬるま湯で予洗いする(すすぐ)

ついつい熱いお湯ですすいでいませんか?ここでの予洗いは、人肌より少し低めのぬるま湯が最適です。熱いお湯で予洗いすると、過剰に皮脂を落としてしまったり肌の温度が上がってしまいます。そして肌の温度を下げようとする際に水分が失われていくため、乾燥肌の原因につながってしまいます。

【STEP 2】専用ネットで泡を作る

洗顔料を手に取り、何となく指でコシコシしたらそのまま顔に。
あなたもそうではありませんか?

そもそも泡を作らないまま、洗顔料をそのまま顔につけている人もいるようです。

BULK HOMMEの洗顔には、泡立てネットの使用が重要になります。
洗顔料を10 円玉大程度を泡立てネットに取り、少しずつぬるま湯を加え、空気を含ませながら泡立ててください。

BULK HOMMEの専用泡立てネットは、ボディウォッシュの泡立てにも使える作りです。

効率よく泡に空気を含ませられる四重構造の硬めのネットを使用し、少ない量で、へたらない、細かいモコモコの泡を大量に作ることができます。

初めて使った人は皆さん驚きます!
手間も感じずに、楽しく泡立てができるネットなので、こちらで泡をしっかり立てることが大切になってきます。

【STEP 3】泡で顔を洗う

濡らした顔に泡を乗せ、泡を転がすように優しく洗います。
テカリが気になる場合は、鼻・額を中心に丁寧に洗いましょう。

汚れを剥がれ落とすイメージで、「ゴシゴシ」力任せにこすっていませんか?実は汚れって、こすって落とすものではないんです。

ではどうやって汚れを落とすのか?

ちょっと硬く表現すると「なるべく摩擦を避けて、肌への刺激を少なく洗う」ということです。

少し具体的に表現すると、「ゴシゴシ洗わず、優しく洗うために肌に優しい泡を作り、手ではなく、泡で優しく汚れを落とし、しっかり優しく洗い流す」です!

つまり「優しさ」が健康的で若々しい肌を作る洗顔のキーワードになります。

男性が行いがちな「ゴシゴシ!スッキリ!」のパワフル洗顔は肌に優しいものではなく、逆に肌に負担をかけて肌トラブルの原因にもなってしまう場合があります。

まさに肌にもジェントルマンの対応が必要なんです。
レディを扱うように、肌を扱う、まさにジェントルマンの対応が必要なのではないかとBULK HOMMEは考えます。

ゴシゴシ、パワフル洗顔で汚れを落とすわけではなく、どうやって、しっかり汚れを落すの?
と疑問に思う方も多くいると思います。

簡単に言うと、ゴシゴシせずに細かい泡で皮脂、空気の汚れ、雑菌など「付着した目に見えない汚れ」を吸着して落とすということです。

洗顔時間は、だいたい1〜2分ほどで。
長時間かけて洗顔をしても意味がなく、泡もヘタレてくるので、洗顔本来のポテンシャルが発揮できなくなってしまいます。

【STEP 4】ぬるま湯で洗い流す

優しく丁寧に泡で洗った後は、熱いお湯ではなく、人の体温以下(34~36度ぐらい)のぬるま湯で入念に洗い流します。

熱いお湯だと肌に刺激が強く、必要な皮脂と水分を奪ってしまいます。

洗い流す際、肌にぬるぬる感が残る洗顔料もありますが、BULK HOMMEの洗顔は、泡切れが良くスッキリ流れるので、泡がなくなったらOK。

ただし、石鹸カスなどの流し残しはアクネ菌のエサになり、ニキビの原因になってしまったりとトラブルの原因になるので、洗い残しのないように、特に髪のはえぎわやヒゲの中など泡が残りやすい所に注意して、洗い流してください。

美容業界では、丁寧に洗い流すよう「20回流す」が推奨されていますが、20回流すのは結構きつい。実際にやってみると大変です。

流し残しさえなければ、流し過ぎてもとくに意味がないので、泡がなくなった切りの良いところで、流し終わりましょう。

【STEP 4】拭き取る

洗い流した後はタオルでこすらずに優しく拭き取りましょう。

拭き取るタオルも重要です!
1週間ぐらいタオルを使いまわしていませんか?
清潔なタオルで拭くことも大切です。
お肌のために、こまめに取り替える事をオススメします。

いかがでしたか?
書けばキリがないくらい、洗顔ひとつとっても、奥深い世界が広がっていますよね。

今回自信を持ってご紹介したBULK HOMMEこだわりの
THE FACE WASH(洗顔料)&THE BUBBLE NET(泡立てネット)を楽しみながら使用し、
優しい洗顔で、若々しい男性肌をキープしてみてはいかがでしょうか?

記事内で使用した製品詳細記事はこちら

▼THE FACE WASH(洗顔料)に関する詳しい記事はこちら▼

【THE FACE WASH】「余分だけを、落とす」男の洗顔へのこだわり

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。